認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県浦添市(うらそえし)のふるさと納税・地域の情報

沖縄県浦添市の地域情報

沖縄県浦添市は、市の北部を中心として南西と南東に広がる扇状の形をしており、沖縄本島の中でも南部に位置する自治体です。市は西部が東シナ海に面する海沿いにあり、南部は沖縄県の県庁所在地である那覇市、北部は宜野湾市、東部は西原町に接する位置にあります。
浦添市は国道58号線と330号線が南北に縦断しており、国道58号線沿いはショッピングセンターやファーストフード店などの商業が発展しています。東部はさとうきびなど市の農業の約5割が集中し、東シナ海に面する西部はアメリカ海兵隊の兵站基地である牧港補給地区が大半を占めています。西部にある伊奈武瀬地区は飛地であり、浦添ふ頭や沖縄県中央卸売市場として使用されています。

沖縄県浦添市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・産業振興に関する事業
・生涯学習に関する事業
・未来を担う人づくりに関する事業
・文化の創造に関する事業
・福祉のまちづくりに関する事業
・快適で美しいまちづくりに関する事業
・環境と共生するまちづくりに関する事業
・沖縄都市モノレール応援事業
・東京ヤクルトスワローズ応援事業
・性の多様性を認め合うまちづくりに関する事業
・市におまかせ

出典:浦添市ふるさとてだこの都市(まち)応援基金(ご案内) | 浦添市
(http://www.city.urasoe.lg.jp/docs/2014110101470/)

沖縄県浦添市についてのイメージ調査

沖縄県浦添市についてのイメージ調査を実施し、50名の男女から以下のような回答を得ることができました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県浦添市

【回答数】
自然:19
伝統:4
観光:12
経済:2
人情:0
閑静:3
便利:10



このように一番多い回答は自然という結果になっています。
・幅広い年齢層の方が生活をしている土地ですので、とても落ち着いた雰囲気です。あと全体的に緑がたいへん豊かなので、めいっぱい自然を堪能することが出来ます。あとは昔から営業をしている定食屋さんがいくつかあり、オススメです。(20代/女性)
・地元の人から言わせると那覇のベッドタウンというか、少し離れた住宅地イメージですね、完全に車文化なんだけど、もうすぐゆいレールが延伸して浦添まで来るので楽しみにしている人も多いそうです、そういえば儀保からすぐですね、特に観光地とかでHないです。(30代/男性)

以上のように、別段印象的な自然に由来するスポット等があるわけではないが、都会から離れた、沖縄らしい田舎の風情に満ちた街という意味で自然を選んだ人が多いようです。全体的に、ゆっくりとした時間が流れているという印象もあるようでした。

次に得票が多かったのは、観光というイメージでした。
・沖縄県浦添市は、琉球王朝発祥の地です。国指定史跡の浦添城跡、浦添貝塚、浦添御殿の墓など、歴史が感じられます。また一方で、沖縄県の中で、最もアメリカを感じさせる街ともいわれ、アメリカ映画の中に迷い込んだような気になる商店街もあります。(60代/男性)
・沖縄県浦添市はブルーシールアイスかなと思います。アメリアの感じが色濃く残っていてすごく懐かしい感じの看板を覚えています。とてもアイスクロームが夫婦で好きなので、また食べに行きたいです。沖縄は一度行ったきりですが、レンタカーでうろうろして楽しかったです。真夏は避けて涼しい時にまたいきたいです。(40代/女性)

このように、琉球王朝発祥の地ということから数ある史跡の存在が観光をイメージさせているようです。それらのほかにも、ブルーシールアイスなど、アメリカ文化や米軍基地にまつわる食べ物やスポットなどの印象も、とくに一度訪れたことがある人たちの間で強いようでした。

それ以外の印象を挙げた人たちからは次のようなコメントが寄せられています。
・沖縄県浦添市は、那覇市に隣接しているので、那覇空港からも抜群にアクセスがいいエリアです。自動車だと那覇市から国道58号線北上していくと、20分ぐらいで浦添市に到着します。観光目的よりも中継地点という感じです。(30代/男性)
・沖縄県で4番目に大きい都市であること。外国のファストフード店や、外人住宅を改装した異国情緒溢れる店が立ち並ぶ港川エリアで若者や女の子好みにお洒落な町です。地理的にもどこに行くにも便利な場所に位置しています。(30代/男性)
・沖縄県浦添市といえばやはり、琉球王国の時代から栄えていた歴史がある場所であって、非常に長きにわたって歴史的な伝統を有している地域であると思うからです。また、浦添市といえばそのほかには、浦添城があった場所でもあると思うので、このエリアといえば浦添城だと思います。(20代/女性)

浦添市は那覇市と隣接しており、那覇空港が近いことから、交通の便の良さを挙げるコメントも多く見られています。琉球王朝の発祥の地であるため伝統を挙げた人もそれなりに多い印象でした。また、沖縄独特の、米軍基地の異国情緒という印象を持っている人も多いようです。

浦添市のイメージ調査の結果、おおむね沖縄らしいゆったりした時間の流れる、歴史と伝統ある田舎町という印象で、異国情緒もあり、交通の便もわりと良いところという印象で受け止められていることがわかりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ