ランキングとレビューで探せる認知度No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. おすすめ特集&キャンペーン  > 
  3. いざという時にあなたを守る 防災特集

ふるさと納税 いざという時にあなたを守る 防災特集

いざという時にあなたを守る 防災特集

防災グッズや避難道具を揃えておきたいと思うけれど、なにをどれくらい揃えればよいかわからない。そんな不安はありませんか?
防災特集では、家族や住まいを守るためのポイントを丁寧にご紹介。
これからの未来を見据え、心に余裕を持って安全なくらしを実現するために、防災グッズ・避難道具をしっかり備えておきましょう。

突然の災害で慌ててしまわないように基本の防災セット・避難セット

突然やってくる災害は、予期できない想像以上の被害をもたらします。普段から災害に備えた備蓄をし、大切なものは身近なところにまとめておくことが大事です。少なくとも3日分、可能であれば、家族の人数分を2週間分程度揃えておきましょう。
何を揃えたらよいか分からない場合は、基本のセットを用意し、枕元や玄関などに置いておくと安心です。

物が散乱していたり、ドアが開かない時に身を守るためのグッズ

自宅から避難する際などに、足をガラスや尖ったものから保護するスリッパやスニーカー、頭部を守るヘルメットが強い味方になります。もし家に閉じ込められてしまったりしたときのためにはホイッスルなどあると安心です。

電気がつかない、充電できない停電にそなえる

停電時に備え、最低限の電力確保のためにソーラーパネルやポータブル電源を用意しておきましょう。太陽光発電のソーラーパネルは手軽で効果的、予め充電したポータブル電源はスマホや懐中電灯に便利。コンパクトで持ち運びやすく、これらのアイテムで停電不安を軽減し、快適な時間を確保しましょう。家庭やアウトドアでの備えに最適です。

トイレが使えない、お風呂に入れない断水にそなえる

断水時には、トイレやお風呂の水も止まってしまいます。
水だけではなく、水を使わなくてよい簡易トイレなどを常備しておくと安心。お風呂に入れないことも考えられるので、ドライシャンプーやウェットティッシュも備えておきましょう。

飲料・食料がない食料・水の備蓄

保存水やバラエティ豊かな非常食を用意し、家族の人数に合わせて十分な備蓄をしておきましょう。
備蓄した食料は日頃から見直し、賞味期限の近いものは消費して買い足していくのがおすすめです。定期的な点検や購入で、安全で最新の備蓄を保つことができます。

お店が開いていない、物資がない時に日用品の備蓄

災害時には、お店が開いていない可能性も考えられます。その際に備え、トイレットペーパー、ウェットティッシュ、ティッシュペーパー、生理用品、紙おむつ、タオルなどの日用品を備蓄しておくことで、安心な生活が維持できます。災害対策の一環として、これらの品々を備え、家族全員が安全かつ健康的な状態で過ごせるよう心がけましょう。

避難が必要になった時に避難生活にそなえる

避難する必要がある場合、いつもと違う環境で生活することになる可能性があります。心や身体を休めるために、毛布や寝袋、アイマスクなども用意しておくとよいでしょう。さらに、ポリタンクも用意しておけば、水の確保もスムーズです。

さとふるでは災害発生時に被災自治体へふるさと納税を活用して支援をすることができます。

ふるさと納税 災害支援寄付
ページ上部へ