認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. ふるさと納税ワンストップ特例制度について

ふるさと納税ワンストップ特例制度について

ワンストップ特例制度とは?

ワンストップ特例制度とは、確定申告を行わなくても、ふるさと納税の寄付金控除を受けられる仕組みです。

ふるさと納税先の自治体が、1年間で5自治体までであれば、この制度を活用できます。

※6回以上ふるさと納税を行っても、5自治体以内であればワンストップ特例制度をご活用いただけます。

ふるさと納税をする先が5自治体までは確定申告が不要

●ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請条件(※次の2つの条件を満たすことが必要です)

  • 1. 寄付を行った年の所得について確定申告をする必要が無い人
  • 2. 1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの人
  • ※2017年1月10日現在の制度に基づいており、今後の制度改正等により変更になることがあります。
  • ※募金団体(日本赤十字社や中央共同募金会など)を通じた義援金については、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」は利用することができません。(ふるさと納税としての控除を受けるためには、確定申告が必要です)

申請方法

下記の書類を、ふるさと納税を行った先の自治体に送付することで、ワンストップ特例制度の申請となります。

  • ・ワンストップ特例申請用の申請用紙
  • ・マイナンバーおよび本人を確認できる書類の写し

なおこの申請用紙は、寄付の都度送付する必要があります。

申請方法 Step1:申請用紙への記入

下記の説明に従って、ワンストップ特例制度の申請用紙(寄附金税額控除に係る申告特例申告書)に必要事項を記入します。

申請用紙をお持ちでない方は、下記のボタンから申請用紙をダウンロードできます。

DownLoad
申告特例申請書の記入方法
  • 1.提出日(記入した日)・ふるさと納税した(寄付した)自体の首長(村長・市長・町長・県知事など)
  • 2.氏名・フリガナ
  • 3.マイナンバーを記載します
  • 4.住民税納付先である住民票のある住所
  • 5.日中連絡のつく番号
  • 6.性別・生年月日
  • 7.寄付をした日付。クレジットカード決済、ソフトバンクまとめて支払い、auかんたん決済の場合は、お申込み日、コンビニ、ペイジーでのお支払は 、お支払日となります。
  • 8.確定申告をしないことの確認にチェックを付けます。
  • 9.寄付者が5自治体以内である確認にチェックを付けます。

申請方法 Step2:マイナンバーおよび本人を確認できる書類

申請のためには、マイナンバーおよび本人を確認できる書類の写しを同封する必要があります。

下記3パターンのうち、いずれかの方法で書類をご用意ください。

Aパターン
  • 1. マイナンバーカードの写し(※両面)
A 番号確認用

マイナンバーカードの写し
(表面)

身元確認用

マイナンバーカードの写し
(裏面)

マイナンバーカードの写し(表面) マイナンバーカードの写し(裏面)
Bパターン
  • 1. 番号通知カード(写し)もしくは住民票[番号あり](写し)
  • 2. 運転免許証(写し)もしくはパスポート(写し)
B 番号確認用

番号通知カード(写し) もしくは 住民票[番号あり](写し)

身元確認用

運転免許証(写し) もしくは パスポート(写し)

番号通知カード(写し)もしくは住民票[番号あり](写し) 運転免許証(写し)もしくはパスポート(写し)
Cパターン
  • 1. 番号通知カード(写し)もしくは住民票[番号あり](写し)
  • 2. 健康保険証および年金手帳など、提出先自治体が認める公的書類2点以上の写し
C 番号確認用

番号通知カード(写し) もしくは 住民票[番号あり](写し)

身元確認用

次のうちいずれか2点の写し ・健康保険証
・年金手帳
・提出先自治体が認める公的書類

番号通知カード(写し)もしくは住民票[番号あり](写し) 次のうちいずれか2点の写し 健康保険証・年金手帳・提出先自治体が認める公的書類

書類を間違えますと寄付金控除を受けられません。十分にご確認をお願い致します。

申請方法 Step3:申請書類を自治体へ送付する

Step1、2 で用意した申請書類を、ふるさと納税を行った先の自治体に送付します。

申請期限は、ふるさと納税を行った翌年の1月10日(必着)です。この期限までに、不備の無い状態で自治体へ到着するようにしてください。

自治体への送付先住所は、下記から検索できます。

宛先の読み込みに失敗しました。お手数ですが、ブラウザの再読み込みをお願いします。

都道府県を選択

自治体名を選択

郵送先住所を検索
都道府県名 自治体名 住所 宛先
       

●申告特例申請事項の変更届について

ふるさと納税ワンストップ特例の申請書を提出済みの方で、寄付をした翌年1月1日までの間に申請の内容(電話番号を除く)に変更があった場 合は、下記の変更届出書に必要な事項を記載して、寄付をした翌年1月10日までに、当該申請書を提出した自治体に提出してください。

※下記の変更届出書は2016年1月1日以降の寄付用です。

DownLoad

※2016年の様式となっております。以前のものを印刷された方はこちらをダウンロードして差し替えの上お使いください。

※さとふる会員様は「マイページ」履歴より、
ふるさと納税した地域をご確認いただけます。

Q いつ、どの地域にふるさと納税をしたか、忘れてしまった・・・。
A 寄付履歴をマイページで管理
さとふるに会員登録すると、いつ・どの地域に寄付をしたのか、マイページにてすぐに確認できます。

いつ・どの地域に寄付をしたのかマイページで確認できます

Q さとふる以外で行った寄付は管理できないの?
A さとふる以外の寄付も一元管理
さとふる以外の方法で行った寄付についてもマイページにて追加登録、一元管理できます。

さとふる以外で行った寄付も一元管理できます

ワンストップ特例制度の手続きは以上です。
寄付金控除を適正に受けるため、早めのお手続きをお願い致します。

ふるさと納税とは >

ページ上部へ