認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税とは?初めての人でも安心。ふるさと納税の仕組みやメリットと申込み方法

「ふるさと納税」とは、あなたが応援したいと思う自治体に寄付ができる仕組みです。寄付をすることで、地域貢献につながるだけではなく、地域の特産品・名産品がお礼の品として貰えるため、今では多くの方に利用されています。

さらに、寄付をした金額は税金から控除・還付されるため、自己負担が軽減されます。

ふるさと納税の仕組みやメリット、申込み方法などを中心にご紹介していきます。

自治体を応援するふるさと納税が注目される理由

ふるさと納税が注目される5つの理由

寄付することで応援するとお礼品が貰える
ふるさと納税とは地方自治体への寄付金制度のこと。
お米やお肉などの特産物がお礼品として用意されている地域もあります!
自己負担は実質2,000円(※)確定申告で税金還付・控除
寄付した金額はその年の所得税より還付、翌年度の個人住民税より控除されます!
さらに、サラリーマンの方は必見!めんどうな確定申告が不要な制度があります。
「ふるさと納税ワンストップ制度」はこちら
好きな地域を選べる
ご自身が生まれた地域以外でも、自由に寄付先を選べます!
寄付の用途も選べる
寄付したお金を自治体にどんな風に使ってもらうか、指定できる画期的な制度なのです!
複数地域に寄付できる
何か所に寄付するかは自由です。複数の地域に寄付して、
いろいろなお礼品を貰うことができます!

※1 控除上限額の範囲内で寄付すると、2,000円を超える部分の金額が控除または還付されます。

●自治体から「お礼品」として特産品が貰えるふるさと納税

ふるさと納税の魅力のひとつでもあるのが、寄付を行った自治体から貰えるお礼品です。

お礼品の中には、その土地を代表するお肉やお魚をはじめ、特産品・名産品と呼ばれる品が数多くそろっています。

中には、その土地に行かなければ手に入れることが難しいお礼品も用意されており、ふるさと納税で寄付をしたからこそ出会える新しい発見もあります。

寄付という形で地域活性化に貢献できるだけでなく、自治体での取り組みやその土地の名産品・特産品を知るキッカケにもなるのです。

●ふるさと納税をすることで住民税や所得税の還付・控除対象に

ふるさと納税では、行った寄付金額に応じて税金の優遇措置が設けられており、自己負担額が2,000円を超えている場合には、住民税や所得税の還付・控除の対象となります。

控除上限額の範囲内で、所定の手続きを行うことで自己負担額の2,000円で寄付をした自治体からお礼品を受け取ることが可能です。

※控除上限額については、現在すでに住宅ローンの控除を受けている、または年金収入のみの方など、状況により異なります。

ふるさと納税の仕組みと税額控除の流れ

●ふるさと納税の税額控除の仕組みから確定申告の方法を簡単解説

ふるさと納税の
仕組み

ふるさと納税の仕組み

ふるさと納税の仕組みはカンタンです。上の図を使って説明します。

はじめに、(図①)寄付を地方自治体に行います。すると、(図②)ふるさと納税先団体からお礼品が届き、しばらくすると、寄付を証明する「受領書(寄付金受領証明書)」が送付されてきます。

寄付後、(図③)「確定申告」の手続きをすると、寄付者の収入等により寄付の上限額(控除上限額)が定まるといった条件がありますが、(図④)所得税の還付や個人住民税の控除が受けられ、実質的な自己負担額を2,000円にすることができます。所得税の場合は当年分から、個人住民税の場合、翌年6月以降分から減額されます。

ふるさと納税は、基本的に年内に何回でも行うことができます。条件等を確認して、楽しくふるさと納税を活用してください。

ふるさと納税ワンストップ特例とは?条件を満たして住民税控除の適用

●ワンストップ特例とは?図解を用いて申込みの手順を簡単に解説

「ワンストップ特例」とは、寄付をした年の所得について確定申告の必要がなく、ふるさと納税の寄付先の自治体が5つまでの人が利用できる、カンタンにふるさと納税後の税額控除の手続きができる制度のことです。

ふるさと納税
ワンストップ特例が
適用される場合

ふるさと納税ワンストップ特例制度の仕組み

この仕組みを、上の図で説明します。利用者はふるさと納税をするたびに、(図①)「ワンストップ特例申請書(寄付金税額控除に係る申告特例申請書)」と「マイナンバー提供に必要な本人確認書類(番号確認と身元・実在確認の書類)」を寄付先の自治体(ふるさと納税先団体)に郵送します。

すると、(図②)自治体はふるさと納税をした人(寄付者)の控除に必要な情報を寄付者の住む住所地(市区町村)に連絡し、(図③)寄付者はふるさと納税をした翌年度分の個人住民税の減額(控除)が受けられます。

複雑なようですが、寄付者側から見ると、手続きは書類の提出(図①)だけで完了するので簡単です。ワンストップといわれるのもこのためです。

●ワンストップ特例の申請締め切りに間に合わなかった場合の対処法

また、ワンストップ特例の申請締め切り(1月10日必着)に間に合わなかった場合などは、確定申告を行うと所得税からの還付と翌年の個人住民税の控除が受けられます。一般的な給与所得者(サラリーマンなど)の方は、条件を満たしやすいため、便利に活用できる制度となっています。

確定申告制度 ワンストップ特例制度
手続きは何回必要? 年一回 寄付のつど
概要・条件
  • 1年間(1月1日~12月31日)の所得を確定させ、税金を申告する
  • 申告の時期は毎年2月16日~3月15日
以下の2つの条件をすべて満たす方
①ふるさと納税をする先が5自治体以内である方
②ふるさと納税をしていないと仮定した場合、
   確定申告をする必要のない方
こんな方にオススメ
  • 面倒な手続きは年一回で済ませたい方
  • たくさんの自治体に寄付をする方
  • 複数回寄付をする方
  • 寄付回数の少ない方

お客様の控除例をご紹介

東京都在住
田中様(48歳会社役員)の場合

東京都在住 田中様(48歳会社役員)
  • 家族構成:妻(専業主婦)、子ども23歳、16歳
  • 年収:1,200万円
  • ふるさと納税の控除上限額:約19万5,000円

※寄付金額によって実際の控除額は変動します

  • 実際の寄付金総額:17万円
  • 寄付先:3か所
    (北海道八雲町、北海道安平町、兵庫県上郡町)
  • 実質自己負担金額:2,000円
  • 受け取ったお礼品:
    • 北海道近海産毛ガニ
    • たんとうまい(ななつぼし)15kg×3セット
    • 【幻の希少メロン(限定ご予約)】糖度16度以上
      6玉入り×2セット
    • 兵庫県産黒毛和牛 焼肉用 ロース800g×2セット
受け取ったお礼品
寄付金の使い道

豊かで美しい自然を次代に伝える環境事業、まちづくり事業、歴史遺産の保全と地域資源の活用に関する事業

埼玉県在住
吉田様(32歳会社員)の場合

埼玉県在住 吉田様(32歳会社員)
  • 家族構成:妻(会社員)、子ども3歳
  • 年収:650万円
  • ふるさと納税の控除上限額:約9万6,000円

※寄付金額によって実際の控除額は変動します

  • 実際の寄付金総額:8万円
  • 寄付先:2か所
    (群馬県榛東村、長崎県松浦市)
  • 実質自己負担金額:2,000円
  • 受け取ったお礼品:
    • 美味しくて上州牛焼肉・すき焼きセット
      JAより榛東村応援1.1kg×3セット
    • 八州高原自慢のコシヒカリ100%の
      金芽米10kg×3セット
    • 養殖本まぐろ400g×2セット
受け取ったお礼品
寄付金の使い道

村民健康増進及び福祉の向上に関する事業、まつうら「ひと」きらり事業

ふるさと納税を活用することにより、
実質負担額2,000円で
たくさんのお礼品をもらうことができました。

控除上限額を知り、
ふるさと納税を上手に活用すれば
自治体も生産者もご自身も幸せに!

さとふるとは ふるさと納税のお申込み・お支払いがインターネットで簡単に

さとふるとは?ふるさと納税を推進し、
地域活性化を促進するための総合サイトです。
応援したい自治体や特産品情報をすぐに探せます。
さらに、ふるさと納税の申し込みを簡単な手続きで行えます。

ふるさと納税の流れ さとふるを利用してふるさと納税をもっと簡単に

さとふるでのふるさと納税は下記の4手順で完了します。

  • 手順①

    お礼品を選ぶ

    受け取りたい特産品を選んでカートに入れます。

  • 手順②

    寄付を申込む

    お届け先やお支払方法などの情報を入力します。

  • 手順③

    お礼品を受け取る

    お礼品が速やかに配送されます。後日、自治体から送付される寄付の証明書もなくなさいよう保管してください。

    ※さとふる会員の方は配送状況をマイページで随時ご確認頂けます。

  • 手順④

    確定申告をする

    受け取った寄付の証明書を確定申告時に提出すれば税金が控除されます。

    ※ワンストップ特例制度適用時に確定申告が不要となります。
    ワンストップ特例制度とは?

地域活性に貢献しながら
特産品が貰えて、税金も控除!

お得なふるさと納税は、
さとふるから簡単申し込み!

ページ上部へ