認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

新潟県佐渡市のふるさと納税・地域の情報

佐渡市/さどし

新潟県佐渡市の地域情報

新潟県佐渡市は、県の西部に位置する佐渡島を全域とする市で、新潟本土からは、カーフェリーで2時間30分、ジェットフォイルで65分の距離です。島の周囲は280.9km、面積は854.84平方kmで、日本海側最大の島となっています。佐渡市の北側には市内で最も高い標高1172mの金北山を含む大佐渡山地、南側には小佐渡山地、そして2つの山地の中間には穀倉地帯である国中平野が広がっています。また、大佐渡山地の北側の海岸では、断崖絶壁や無数の岩礁が連なっているのが特徴です。佐渡市は総面積の40%以上が山林で、市内の多くが国定公園や県立自然公園に指定されているなど、豊かな自然環境が残され、様々な植物や海生生物が存在している地域です。市街地は、国中平野の東端にある加茂湖と日本海の間の砂州地帯に形成されています。

新潟県佐渡市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・佐渡金銀山の世界遺産登録応援コース
・島の未来を拓く人づくり応援コース
・トキと暮らす環境の島づくり応援コース
・魅力的な温泉の島づくり応援コース

出典:佐渡ふるさと島づくり寄付金(ふるさと納税)[佐渡市ホームページ]
(https://www.city.sado.niigata.jp/topics/f_tax0807/index/index.shtml#con01)

新潟県佐渡市についてのイメージ調査

新潟県佐渡市についてどんな印象を持っているのかを男女50名に聞いたところ、以下のような回答が得られました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:佐渡市新潟県佐渡市

【回答数】
自然:22
伝統:6
観光:17
経済:1
人情:1
閑静:1
便利:2



まず、もっとも得票を得たのは自然というイメージでした。コメントは以下の通りです。
・海と、それから、佐渡おけさのイメージが印象に強いです。それから、いちばん、最初に思い浮かべたことは、トキです。保護センターの印象も強く残っています。最近はニュースになりませんが。ワードは、自然を選んでみました。(40代/女性)
・特別に大きな湖や川があったり雄大な自然を見ることができるスポットがあるというわけではありませんが、そこそこ自然には恵まれている方だと感じるエリアです。このエリアでは公園も多くまったりと過ごすことができます。(20代/男性)

自然を選んだ人たちの印象はわりと多様で、豊かな海やトキの生息地のほか、二ツ亀海水浴場、佐渡金山などいろいろなものをイメージしている印象でした。そのなかでわりと多かったのはトキですが、もともと生息していたトキはすでに絶滅していることから複雑な思いも感じられました。

その次に多かったイメージは、観光でした。コメントは次の通りです。
・新潟県佐渡市というとトキだと思います。佐渡市は島ということもあって、他と違う特徴のある観光地だというイメージがあります。佐渡奉行所などの史跡や佐渡金山跡など、歴史を学べる場所も数多くありますし、日本海ならではの海岸の景色も楽しむことができるので「観光」というワードを選びました。(40代/女性)
・佐渡市は、新潟県西部に位置する佐渡島全域を占める市で、豊かな自然が残る観光スポットとしても有名です。特におすすめの観光スポットは、佐渡金山で、金山の麓には資料館があり、観光客には川に流れてくる砂金をすくいの体験が人気があります。(40代/男性)

観光を連想する人々の意見は概ね2つに別れた印象で、1つはやはりトキから連想するグループ、もう1つは佐渡金山から連想するグループです。この2つに次いで日本海のイメージがちらほら見受けられました。

それ以外のワードを選んだ人たちのコメントも見てみましょう。
・新潟県佐渡市といえばやはり、自然が豊かな場所である佐渡島に存在している場所であると思うからです。また、佐渡市といえばその他には、佐渡金山が発見されてから日本の中枢の一つとしても栄えた場所であるので、このエリアといえば佐渡金山だと思います。(20代/女性)
・佐渡と聞けば、思い浮かぶのは佐渡おけさです。佐渡のおみやげで、かさを被った和服姿のお人形をよく見掛けますが、顔の見えないあの佇まいにはひかれるものがあります。阿波踊りと似ているので、区別がつかなくなりそうですが、踊りだけでなく佐渡おけさという民謡なんだと納得しました。(50代/女性)
・新潟県佐渡市へは訪問したことがないけれど、テレビなどの情報から判断すると住んでいる人たちがやさしく暖かそうなイメージを持っています。海に囲まれているため、気候は厳しいかもしれませんが、海鮮料理がおいしそうです。佐渡金山があったことから歴史的な文化が豊富かもしれません。(50代/男性)

第3位の伝統を選んだ人たちは概ね佐渡金山の印象でした。実際に佐渡に行ったことがない人でもやはり佐渡金山は知っているような印象です。また、佐渡おけさの印象も少なからずあるようでした。

佐渡市のイメージ調査の結果、トキ、佐渡金山、日本海などの自然のイメージが強く、それらの印象からさらに観光、伝統という印象を連想させる結果となりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ