認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道別海町(べつかいちょう)のふるさと納税・地域の情報

北海道別海町の地域情報

北海道別海町は、北海道の東部にあり根室半島と知床半島の中間に位置しています。また東はオホーツク海に面し、野付半島から国後島までは約16Kmの距離にあり北方領土の隣接地域となっている自治体です。
別海町の内陸部は大平原が広がり、特に酪農は広大な面積に恵まれ乳牛11万頭を飼育し生乳生産量日本一を誇っています。沿岸部ではサケ・ホッカイシマエビなどの水産物にも恵まれ、酪農と漁業が基幹産業となっています。観光では野付風連道立自然公園を中心に観光が展開され、冬には空気の温度差によって起こる太陽が四角に見えるという変形太陽が観測され、厳寒期の流氷とオジロワシなどの見どころも合わせ人気です。
別海町へは、札幌から車で道東自動車道等を利用し約5時間40分、飛行機では新千歳空港から中標津空港へ50分・中標津空港から根室交通バスやレンタカーで約30分の距離にあります。

北海道別海町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・協働のまちづくりに関する事業
・高齢者・障がい者の支援に関する事業
・新エネルギー・省エネルギーの整備に関する事業
・自然環境・地域景観の保全及び野生鳥獣の保護に関する事業
・清らかな川づくりに関する事業
・酪農・水産・商工観光等の振興発展に関する事業
・スポーツの振興発展に関する事業
・生涯学習の推進、芸術文化の振興発展に関する事業

出典:別海町ふるさと応援制度(ふるさと納税)寄付金の使いみち
(http://betsukai.jp/blog/0001/index.php?ID=1194)

北海道別海町についてのイメージ調査

別海町についてどんな印象を持っているか、50人にアンケートを取ってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道別海町

【回答数】
自然:31
伝統:2
観光:9
経済:5
人情:0
閑静:2
便利:1


アンケートの結果、自然の印象が一番強いことが分かりました。
・海に面していますので、風光明媚な景観を眺めることができるエリアです。西別川や風蓮湖など、豊富な水資源に恵まれていることで知られています。また、野付半島は、雄大な光景が広がっていますので、人気が高いスポットです。(50代/女性)
・豊かな自然をいかして酪農が盛んに行われているので『自然』を選びました。別海町で作られたバターやチーズは、ミルクの味が濃くて本当に美味しいです。このエリアといえば、野鳥の観察スポットがいくつかあります。自然に恵まれた別海町だからこそ楽しめるレジャーだと思います。(30代/女性)

海に面しており、酪農が盛んな事から自然を思い浮かべる人が多かったようです。

次に多かったのが観光の印象でした。
・別海町は、北海道根室振興局管内の野付郡内にある町で、海に近い地域で、周辺には湖や、灯台や、資料館などの観光スポットがいっぱいあります。特におすすめの観光スポットは、トドワラで、ここでしか見る事ができない幻想的な風景が広がってます。(40代/男性)
・ラムサール条約に登録されている野付半島・野付湾をオススメします。知床半島と根室半島の丁度真ん中にある野付半島は、全長が28kmの砂嘴です。半島の半ばから先端にかけてトドワラがあり、トドマツの立ち枯れた独特の景観となっています。砂嘴によって囲まれる野付湾には、干潟とアマモ場が広がっています。なお半島の付け根部分は標津町に属します。(60代/男性)

半島、そしてトドワラが観光スポットとして強いようです。しかし、海に近いことや湖や湾という自然を活かした観光資源があることが2位になってしまった遠因だと考えられます。

他には、経済や伝統の印象を持つ人もいました。
・別海町は北海道根室振興局管内の野付郡にある町で、別海の由来はアイヌ語で川の折れ曲がっているところという意味の「ベッ・カイェ」からきています。産業は平野部では酪農、沿岸部では漁業が盛んでサケ、コマイ、ホッキ、アサリ、ホタテ、ホッカイエビなどが漁獲されます。(30代/男性)
・別海町は、1956年から世界銀行の融資を受け、根釧パイロットファーム方式を導入。機械による開拓が始まり、1973年には新酪農村の建設に着手します。その後、酪農で経済が潤っていることから、経済というワードが合います。また、このエリアと言えば、ホッカイシマエビです。(50代/男性)
・北海道別海町は、町面積の約半分が牧草地で酪農が盛んです。質のよい牛乳やチーズ、アイスクリームを作っています。北方領土の国後島が見え、鮭やエビ、ホタテなどが特産品でオホーツク海に面しており漁業に関しても盛んです。(30代/男性)

アンケート結果では、少数でしたが酪農や漁業といった産業から経済や伝統を思い浮かべる人がいました。


アンケート調査の結果、別海町は酪農や漁業が盛んで、自然も楽しめる観光スポットがあることが分かりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ