認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道幌延町のふるさと納税・地域の情報

幌延町/ほろのべちょう

北海道幌延町の地域情報

北海道幌延町は宗谷総合振興局にあり、天塩郡で北海道の北部、日本海に面した自治体です。中川町・天塩町・猿払村・浜頓別町・中頓別町・豊富町と6つの町に隣接し、北緯45度線が通る町です。交通アクセスは、車で札幌からは約5時間、旭川からは約3時間30分、稚内からは約1時間かかります。町の東部は山岳と丘陵地の森林帯になっています。西部の日本海側は海岸砂丘が連なっており、内陸側はサロベツ原野や農地、牧草地となった平地が広がっています。主要道路は国道40号線で、この道を北に進むと北海道最北端の稚内市に到着することができます。JR宗谷本線幌延駅を降りると町が形成されており、その周辺にはスキー場や森林公園などもあります。

北海道幌延町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・福祉及び保健に関する事業
・教育及び子育て支援に関する事業
・産業の振興に関する事業
・観光の振興に関する事業
・文化及びスポーツの振興に関する事業
・あなたが守る秘境駅プロジェクト「マイステーション運動」
・その他まちづくりに資する事業

出典:ふるさと納税|幌延町の名産品|まちの観光|幌延町ホームページ
(http://www.town.horonobe.hokkaido.jp/www4/section/sangyo/le009f0000009o67.html)

北海道幌延町についてのイメージ調査

幌延町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリアを表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道幌延町

【回答数】
自然:34
伝統:2
観光:8
経済:2
人情:0
閑静:2
便利:2



アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・幌延町は利尻礼文サロベツ国立公園が有名です。そのため自然のワードを選択しました。利尻礼文サロベツ国立公園は、日本国内最北の国立公園です。公園の約7割が原生的な自然状態で風が強いため、風衝植生になっています。(女性・30代)
・北海道の北部にあり、昔からの自然がそのまま残っている所も多いです。そこで自然というワードが最も適していると考えました。このエリアでおすすめのスポットは、オトンルイ風力発電所になります。風車が一列に並んでいる風景を眺める事ができます。(男性・40代)

コメントからも分かるように、国立公園、原生・昔ながらの自然という理由で選んでいる人が多いようです。幌延町は、最北の利尻礼文サロベツ国立公園など原生林や原野が広がる地域として自然のイメージが強く持たれています。

次に多いのが観光という印象も持っていることが分かりました。
・北海道幌延町は、基幹産業は牛乳生産を主体とする酪農業です。周辺には金田心象書道美術館、国内最北の利尻礼文サロベツ国立公園、トナカイ観光牧場、また鉄路維持のための鉄道利用促進と健康づくりを目指すイベントを企画してます。(男性・30代)
・トナカイ観光牧場がすぐ思い浮かびます。また、開拓時代などの資料が展示されている郷土資料館もあります。その他、豊かな自然に触れられる国立公園もあります。幌延町でその他のポイントは、今日、テレビ番組などで取り上げられることが多くなった秘境駅があります。キャラクターコンテストなども行われていて盛り上がっています。(男性・40代)

コメントからも分かるように、トナカイ観光牧場、国立公園があるという理由で選んでいる人が多いようです。幌延町は、利尻礼文サロベツ国立公園やトナカイ観光牧場などの観光スポットの他、秘境駅などでも知られています。

また、他にも経済や便利などのような意見も見られました。
・幌延町は寒冷な気候を生かして農業や酪農が盛んなのが特徴的だから。またトナカイ関連の産業も有名で日本では珍しいトナカイの肉などを食べることができ、観光スポットとしても人気があるのが幌延町の魅力だと思う。(男性・10代)
・基幹産業は酪農であり、約1万1千頭の乳牛・トナカイ等が町内で飼育されています。戦後は、馬鈴薯の栽培を中心とした畑作農業より牧草地、酪農業へと転換が図られた。(男性・40代)
・幌延町は、北海道北部の宗谷振興局の中西部に位置し、西側は日本海に面しています。また、南部は、留萌振興局や上川総合振興局と隣接しています。冷涼な地域を活かし、トナカイの飼育や、高山植物の栽培が盛んです。産業は、酪農が中心となっています。交通網は、鉄道やバス、国道や主要な一般道などが整備されています。(男性・40代)

コメントからも分かるように、酪農などの産業、トナカイの飼育という理由で選んでいる人が多いようです。幌延町は、酪農が盛んな地域で、トナカイや高山植物の栽培も行われているとの印象が持たれています。

幌延町のイメージ調査の結果、国内最北の利尻礼文サロベツ国立公園がある自然豊かな町で、酪農やトナカイ観光牧場などで知られていることがわかりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月13日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ