ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. おすすめ特集  > 
  3. 2023年にお届け 希望の時期に受け取れる 発送月を選べるお礼品特集

2023年にお届け 希望の時期に受け取れる 発送月を選べるお礼品特集

2023年にお届け 希望の時期に受け取れる 発送月を選べるお礼品特集

今年のふるさと納税の対象となるのは、2022年12月31日の寄付分までとなります。

控除上限額まで寄付を申し込みたいけれど、一度にたくさんお礼品が届くのは困る…。
そんな方にもおすすめの発送月を選べるお礼品を集めました。
今年中に申し込んで、翌年のお楽しみに。イベントや都合に合わせて計画的に受け取りましょう!

さとふるなら、ご希望に合わせてお礼品を受け取ることができます!

過去の寄付者からの声

  • 昨年の年末に寄付しましたが、発送月が7月であったため、年末の駆け込み納税でもお礼品の到着を分散させることができたので、たいへん助かりました。

  • 一気に返礼品が届くと冷蔵庫に入り切らず困るので、家族の誕生日や、イベント事に合わせて発送月が選べるのはとても助かりありがたく、そこも寄付のポイントとなりました。

2023年に届くお礼品を選ぼう

2023年 発送月を選べるお礼品

それぞれの月のご希望の時期を選択すると、その期間に発送されるお礼品が表示されます。

  • ※上旬:1日~10日までに発送、中旬:11日~20日までに発送、下旬:21日~末日までに発送

2023年 発送開始月を選べる定期便のお礼品

  • 1回の寄付で複数回に分けてお礼品をお届けします。
    「一度にまとめて寄付をしたいけど、お礼品は適量に分けて届けて欲しい。」お気に入りのお礼品は定期便が便利です。

もっと選びやすく!お礼品の絞り込み検索方法

  • 1.「条件で絞り込む」ボタンをクリック

  • 2.検索キーワードを検索窓に入力し、「結果を見る」ボタンを押すと、お礼品を絞り込むことができます。

注意事項

  • ・発送は、ご指定いただいた期間(上旬・中旬・下旬)のいずれか、定期便の場合は最初の発送をご指定の月に行います。発送日のご指定はいたしかねます。
  • ・提供事業者の在庫状況、天候、交通事情その他の事情等により、お礼品のご準備および発送に支障が生じた場合には、ご指定いただきました時期に発送できない場合がございます。
  • ・寄付お申し込み後に、ご指定いただきました時期を変更することはできません。
  • ・お礼品は、提供事業者における在庫状況、寄付先自治体の事情その他の事情により取扱いを中止し、または内容を変更する場合がございます。
  • ・2022年12月31日までに寄付(ご決済)を完了いただき、2022年分の確定申告をされた場合には、2022年分の所得税の還付および2023年分の個人住民税の控除対象となります。
    ワンストップ特例制度に基づく「申告特例申請書」を2023年1月10日までに提出された場合には2023年分の個人住民税の控除対象となります。
    寄付金のお支払い方法に「コンビニ決済」または「Pay-easy(ペイジー)決済」を選択された方は、2022年中にお申し込みを完了されても、2023年にお支払いをされた場合は、2023年の還付・控除の対象とはならず、2024年の還付・控除の対象となります。

お礼品受け取り時期の例

<共働き3人家族の場合>

・家族の誕生日や結婚記念日はちょっと贅沢に美味しいものを食べたい
・夏にはキャンプでBBQをするのが定番
・小さい子供がいるので、お米は定期的に届くようにしたい

1月

2月

3月

お母さんの誕生日

5月

お米のストック

6月

結婚記念日

7月

キャンプでBBQ

8月

お米のストック

9月

10月

子供の誕生日

11月

12月

今年の控除額を確認しよう

控除上限額を把握しておけば、自己負担2,000円のみで効率的にふるさと納税を行えます。
今年、あといくら寄付できるか、シミュレーションで確認しよう。

税額控除についておさらいしよう

2023年の控除対象となるのは、2022年12月31日の寄付(ご決済)完了分までとなります。

※寄付金のお支払い方法に「コンビニ決済」または「Pay-easy(ペイジー)決済」を選択された方も、2022年中にお支払いをお願いいたします。2022年中にお申し込みを完了されても、2023年にお支払いをされた場合は、2023年の還付・控除の対象とはならず、2024年の還付・控除の対象となります。

ふるさと納税の流れ

2022年寄付金額合計:5万円
控除上限金額が5万円以上であれば、自己負担は2千円のみの範囲になります。

※2023年1月1日以降の寄付分は2024年の控除対象

寄付金控除の申請には2つの方法があります

ページ上部へ