ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

北海道東川町(ひがしかわちょう)

  • 北海道東川町のご紹介
  • お知らせ
  • ふるさと納税のお礼品
  • ふるさと納税の使い道

ふるさと納税の使い道

区分 内容
1. 東川町長に投資事業を一任する。 投資事業を指定されない場合は、「東川町長に投資事業を一任する。」をお選びください。
2. 写真文化首都「写真の町」整備事業 1985年に「写真の町」を宣言し、写真文化を通じ活力ある町づくりに取り組み、写真文化と世界中の人々を繫ぐ「写真文化首都」の創造を目指しています。
写真文化の首都として地方から世界へ写真文化を発信するために、「写真甲子園」をはじめとした写真の町に関する事業や写真文化アーカイブスのための事業に充てられます。
3. 日本初デザインミュージアム建設事業 東川町は、旭川家具をはじめとした家具の産地で、多くの家具・クラフト職人が集い、芸術性の高い製品を作り続けています。
それらの洗練された製品や、織田憲嗣氏が収集した世界的に歴史・芸術的価値が高いデザイン家具のコレクション“織田コレクション”を中核に「家具デザイン文化」を世界へ発信するための日本初のデザインミュージアムの建設を目指す事業です。
4. 日本福祉人材育成事業 東川町には、新しい生命に木の椅子を贈る「君の椅子プロジェクト」をはじめとした、一人ひとりの人生のはじまりをカタチに残し、幸せを育むサービスを実施しています。
赤ちゃん達が安心できる社会で成長していけるように、命を育む保育士と暮らしを支える介護福祉士の奨学金等、人材育成支援の拡充を図ります。
誰もが活躍できる「一億総活躍社会」の実現に向け、日本の未来を育む福祉人材育成のための事業です。
5. ひがしかわワイン事業 東川町では本格的にワイン造りに取り組んでいます。美味しいワインを造るため、良質な葡萄作りを実践。東川町の自然酵母を使用し「ひがしかわワイン」を生産します。ぶどうの品種は現在セイベル中心ですが、ピノノワール、シャルドネなどの試験栽培も始めています。
そうした中で、ぶどう苗木及びぶどう畑の整備等ひがしかわワインの推進のための事業を実施します。
6. 医療型観光施設整備事業 旧東川第4小学校を改修し、現在のホスピタルでもホスピスでもない、暖かいおもてなしで人々を包むホスピタリティな複合施設を建設します。難病で自宅療養中の方も東川町という大自然の中で、生きる力と生命力を回復できるような環境整備等を実施します。

 北海道東川町は、ふるさと納税を通じていただいた寄付金を、上記の『ふるさと納税の使い道』に活用させていただきます。
 北海道東川町では、ふるさとの元気をフルにする「使い道(政策/事業)」を定め、地域振興を推進します。ふるさとを活性化することで、みなさまの笑顔の輪を広げられるよう、いただいた想いを大切につないでまいります。
 北海道東川町の住民たちが思い描き、創出しようとしている「ふるさとの未来像」に共感をいただいたり、まちづくりへの姿勢や施策に賛同してくださる方は、ぜひ、寄付先を生まれ故郷以外からも自由に選べる、ふるさと納税の利用をご検討ください。

"ふるさと納税"に関するお問い合わせ

ページ上部へ