認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. おすすめ特集  > 
  3. お菓子特集  > 
  4. バウムクーヘン特集

ふるさと納税 バウムクーヘン特集

バウムクーヘン特集

優しい甘さで多くの人に愛されるバウムクーヘン。ふるさと納税のお礼品としても、各地で作られたおいしいバウムクーヘンがそろっています。バウムクーヘンの材料として地域自慢の食材を使用している場合も多く、個性的なおいしさに仕上がっています。この機会にお礼品としてバウムクーヘンを選んでみてはいかがでしょうか。

関東地方

関東地方にはお土産や贈り物として人気のバウムクーヘンが多数あります。さまざまなタイプのバウムクーヘンがあるので、お好みに合わせて選べるのがうれしいですね。お礼品としても、たくさんの種類のバウムクーヘンが用意されています。
たとえば、千葉県のお礼品としては、お米を使用したバウムクーヘンが人気です。古代米として有名な黒米を中心に使用しています。黒米は古い時代から受け継がれてきた品種で、白米以上に栄養やミネラルを豊富に含んでいるのが特徴です。また、バウムクーヘンには黒米のほかにコシヒカリも使用されています。黒米もコシヒカリも千葉県でとれた新鮮なお米です。小麦で作られた一般的なバウムクーヘンに比べると、よりモチモチした食感を楽しめます。いつもとは少し違ったバウムクーヘンの食感を味わってみてはいかがでしょうか。
さらに、茨城県のお礼品として、地元の素材にこだわったバウムクーヘンがあります。プレーンやアールグレイ、抹茶、チョコレートなどの味が詰め合わせになっています。職人が丁寧に焼き上げており、しっとりしつつもふわふわの食感に仕上がっています。サイズは小さめなので食べやすいです。また、一つひとつが個包装になっているため、一気に食べ切らなくてもよいのがうれしいポイントですね。その日の気分に合わせて好きな味を楽しめます。関東地方のお礼品としてバウムクーヘンを選び、普段はなかなか味わえないバウムクーヘンのおいしさを味わいましょう。

中部地方

中部地方のお礼品のバウムクーヘンには、地域の素材の味を堪能できるものが多くそろっています。たとえば、山梨県のお礼品として、農場でとれた新鮮な卵を使用したバウムクーヘンがあります。甘さが控えめで、素材のおいしさがしっかり感じられるはずです。鶏にストレスがかからないよう、自然に近い環境で育てられています。鶏の飼料もこだわりをもって作っているので、卵はとてもおいしいです。バウムクーヘンに使用されている卵も一緒にたくさん届くため、お菓子作りや料理など幅広い使い方で楽しめるでしょう。
また、長野県のバウムクーヘンには、そば粉を使用したものがあります。長野県はそばの栽培条件に適した環境が整っており、質の高いそばがとれます。そばの生産量は、2018年4月10日公表値で全国2位です(長野県「長野県のそばについて」より)。ほのかにそばの香りがするので、味だけでなく風味をしっかり感じながら食べたいバウムクーヘンです。お礼品としては、プレーンと抹茶の2種類がセットになっています。
さらに、愛知県の地酒を使用したバウムクーヘンも注目したい一品です。地元の老舗酒造と菓子店が協力して作っているので、地酒の風味とバウムクーヘンのおいしさがしっかりと生きています。間に挟まれた杏ジャムがおいしさをさらに引き立てています。一般的な円形のバウムクーヘンとは違い、四角くカットされているのが特徴的です。なお、アルコール分は飛ばしてあるので、お子様でも食べられます。中部地方のバウムクーヘンをお礼品として選択すれば、地域の素材の味が感じられるおいしさを味わえるはずです。

近畿地方

日本の伝統が息づいているというイメージのある近畿地方。そんな近畿地方には、日本の伝統的なエッセンスを加えたバウムクーヘンのお礼品が豊富です。たとえば、滋賀県には地元の老舗茶舗が作った抹茶味のバウムクーヘンがあります。米粉の使用により、お餅に似た弾力を生み出しています。それが抹茶の味わいとマッチしているのが大きな特徴です。抹茶味のスイーツには本物の抹茶ではなく、煎茶の粉が使用されている場合もあります。しかし、こちらのお礼品は、宇治抹茶のみを使用しています。これは、老舗茶舗が作るバウムクーヘンならではといえるでしょう。抹茶を使用したカステラもセットになっているので、本物の抹茶の味わいをスイーツで心行くまで堪能してみてください。
また、和歌山県のお礼品としては、食用の紀州備長炭を生地にブレンドしたバウムクーヘンがあります。和歌山県では備長炭の生産がさかんで、全国の生産量の約5割を占めています。備長炭を焼く技術を和歌山県に伝えたのは弘法大師だといわれており、それから1000年以上に渡ってその技術が継承されてきました。紀州備長炭は、1974年に「和歌山県無形民俗文化財」にも指定されています(和歌山県「県民の友WEB」平成22年3月号わかやま一番より) 。バウムクーヘンの生地は備長炭のように真っ黒で、備長炭の吸収性によりしっとりとしています。備長炭そのものは無味無臭なので、どなたでもおいしく食べられるでしょう。見た目にインパクトがあるので、ぜひ一度食べてみたい一品です。近畿地方のバウムクーヘンなら、和の心を感じられるスイーツを堪能できるでしょう。

中国地方

中国地方は暖かい自然環境が特徴で、おいしい食材が多数生産されている地域です。そんな中国地方のお礼品としては、鳥取県の自然豊かな環境によって育まれた牛乳を使ったスイーツのセットがあります。
鳥取県では、牛乳が厳しい生産基準によって作られています。そのため、鳥取県の牛乳は全国的にみてもトップクラスの良質乳です。そういった牛乳を使用しているので、鳥取県のスイーツはおいしさだけなく安全も確保されています(※鳥取県商工労働部兼農林水産部市場開発局「食のみやこ鳥取県」PRパンフレット後半より)。乳牛はのびのびとした環境で育てられており、牛乳がより豊かな味わいに仕上がっています。お礼品としてはバウムクーヘンのほか、ロールケーキやアイスクリーム、カフェオレなどさまざまなものが4回に分けて送られてきます。バウムクーヘンには自家製のバターやホイップクリームがふんだんに使用されているのが大きな魅力です。ふんわり感としっとり感が共存したおいしいバウムクーヘンを味わうことができます。これは、素材にこだわっているからこそ実現できる味わいだといえるでしょう。
中国地方のお礼品のバウムクーヘンを食べ、豊かな自然に育まれたおいしさを味わってみてはいかがでしょうか。

四国地方

四国地方にもおいしいバウムクーヘンのお礼品があります。たとえば、徳島県でとれた米粉を使用したバウムクーヘンはいかがでしょうか。徳島県の米粉は評判が高いため、製菓や製パンによく利用されているという特徴があります。そんな米粉を使用したバウムクーヘンは、上品な甘さや豊かな風味が魅力的です。地元では贈り物としても親しまれています。また、お礼品としては四国地方の一部で生産されている和三盆糖を使用したブリュレもセットになっているので、地域のおいしさをしっかり味わうことができるでしょう。
さらに、高知県のお礼品として、バウムクーヘンをはじめとするさまざまなお菓子がセットになっているものもあります。バウムクーヘンには黒糖が使用されており、優しい甘さが感じられます。バウムクーヘンは四角くカットされた状態で個包装になっているので、食べやすいのもポイントです。また、バウムクーヘン以外の一部のお菓子は缶詰に入っており、いつでも新鮮な状態で楽しめます。どのスイーツもケーキ職人の手により地元の特産品となっている食材が使用されているため、ほかでは味わえないおいしさを堪能できるでしょう。四国地方のバウムクーヘンをお礼品として選び、四国地方ならではの素材の味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。

九州地方

九州地方のお礼品としては、バウムクーヘンとさまざまな特産品のセットが人気です。たとえば、福岡県のお礼品としては、バウムクーヘンとともにバニラヨーグルトの詰め合わせがあります。バニラヨーグルトには、プレーンな味わいのほかに、いちご味も一緒になっています。いずれも、食べ切りサイズのものが詰め合わせになっているので、食べる分だけ出せて便利です。
他にも、鹿児島県のバウムクーヘンのお礼品に、地元のおいしいお茶がセットになったものがあります。バウムクーヘンには地域でとれた新鮮な卵とともに蜂蜜が使用されており、優しい甘さを堪能できるでしょう。また、お茶は鹿児島県の特産品として有名なものなので、豊かな香りをしっかりと楽しむことができます。おいしいバウムクーヘンとお茶の組み合わせなら、休憩時間がいつもより楽しみになることでしょう。いずれもしっかりとしたおいしさを味わえるものなので、来客があった際にお出ししても喜ばれるでしょう。また、鹿児島県の他のお礼品では、バウムクーヘンとお茶にプチシューラスクもセットになったものがあります。九州地方のお礼品としてバウムクーヘンを選べば、九州地方のおいしさを深く堪能することができます。

子供から大人まで多くの人に好まれるバウムクーヘンは、お礼品としてもたくさん用意されています。地元の特産品を材料として使用しているバウムクーヘンも多いので、それぞれの地域のおいしさを味わうことが可能です。また、オリジナルのバウムクーヘンと特産品が詰め合わせになったセットも多数用意されており、お好みに合わせてお選びいただけます。地域によって味わいや材料に違いがあるので、興味のあるものを選んでみると、今までに味わったことのないおいしさに出合えるでしょう。豊富な種類が用意されているので、これだと思う一品を見つけてみてはいかがでしょうか。
根強い人気を誇るバウムクーヘンには非常に長い歴史があります。バウムクーヘンが誕生したのはドイツです。バウムクーヘンの発祥については諸説ありますが、ドイツ北東部の小さな町で焼かれたお菓子が現在のバウムクーヘンの始まりとなっているようです。バウムクーヘンのもととなった食べ物は、紀元前にすでに誕生していたともいわれています。ただし、最初はお菓子ではなく、主食のパンとして作られていました。
ドイツでは、国立ドイツ菓子協会によってバウムクーヘンの定義が細かく定められています。まず、バウムクーヘンの原料の比率は、「小麦粉:バター:砂糖:卵=1:1:1:2」です。また、バター以外の油脂は使用してはいけないことになっています。さらに、ベーキングパウダーを入れるのも禁止です。そして、バウムクーヘンを焼き上げるときは専用のオーブンを使用する必要があります。なお、高度な技術をもった職人でなければ、バウムクーヘンを焼き上げられないとされています。ドイツではこういった基準を満たしていないとバウムクーヘンを名乗ることはできません。そのため、ドイツでは日本ほど気軽にバウムクーヘンを食べることができないようです。実はドイツでは、バウムクーヘンはそれほどメジャーなお菓子ではないのです。日本のバウムクーヘンはドイツの厳格な基準に合わせているわけではありません。しかし、それでも日本の職人が丹精を込めて作っているので、多くの人に愛されるおいしさに仕上げられています。こういった点から考えると、日本では本場であるドイツ以上にバウムクーヘンが愛されているといえるかもしれませんね。
日本でバウムクーヘンが焼かれるようになったのは、第一次世界大戦後のことです。中国の青島(チンタオ)で洋菓子店を経営していたカール・ユーハイム氏は、第一次世界大戦の際に日本へ強制連行されて広島県へやってきました。その後、広島県で開かれた物産展でユーハイム氏がバウムクーヘンを出品したことで、多くの人の注目を集めます。なお、物産展が開かれたのは広島県物産陳列館で、現在の原爆ドームにあたる建物でした。この物産展をきっかけとして、ユーハイム氏は洋菓子店を開店するに至ります。当時、バウムクーヘンはピラミッドケーキとよばれており、焼き上げられたままの大きさで店頭に並べられていました。注文が入ると、切り分けて販売していたようです。
バウムクーヘンは、他のケーキとは全く異なる製法で作られているスイーツです。そのため、バウムクーヘン専用のオーブンが必要になります。専用のオーブンには、生地を巻き付けるための芯があります。オーブンの下のほうにバーナーがついており、生地を巻き付けた芯をくるくるとまわすことで表面から火を通していきます。バウムクーヘンの真ん中が空洞になっているのは、こういった製法によって作られているからです。オーブンにはハンドルを使って手動で回転させるタイプのほかに、自動で芯が回転する装置がついているタイプもあります。一般的なオーブンは密閉して食品を焼いていくのに対し、バウムクーヘン専用のオーブンはふたを閉めずにオープンな状態で焼いていくというのも特徴です。バウムクーヘンは薄い層を重ねながら少しずつ焼いていきます。そして表面全体に焦げ目がついたら、新しい層を作りどんどん重ねていくことで直径を大きくしていきます。木の「年輪」にも似たバウムクーヘンの層は、このように焦げ目を重ねることで作られているのです。焼き上げたバウムクーヘンを芯から外し、切り分けることで美しい「年輪」があらわれます。日本ではバウムクーヘンに対してドイツほど厳しい基準はありませんが、均一できれいな層を作るためにはそれなりに高い技術力と経験が必要です。そのため、バウムクーヘンは、いずれも職人の強い思いがこもった特別なスイーツだといえます。なお、バウムクーヘンの「バウム」はドイツ語で「木」を、「クーヘン」は「ケーキ」を意味しています。バウムクーヘンの特徴である「年輪」が由来していますね。
また、日本では、バウムクーヘンの「年輪」が見えるように輪切りにして食べるのが一般的です。その状態でお皿にのせ、フォークで食べやすい一口サイズにして口に運ぶ方が多いのではないでしょうか。しかし、本場のドイツでバウムクーヘンを食べるときは、なるべく薄くそぐようにして切るのが基本です。ドイツでの食べ方でも「年輪」が見える状態で食べるという点は同じですが、日本とはかなり大きな違いがあります。ドイツのような切り方をすると、バウムクーヘンの風味にも違いが出ます。「年輪」部分が口の中に触れやすくなるので、より香ばしい豊かな風味を感じることができます。お礼品としておいしいバウムクーヘンを手に入れたら、本場の切り方を試してみてはいかがでしょうか。バウムクーヘンのおいしさが際立ちますよ。
ふるさと納税のお礼品としてバウムクーヘンを選べば、地域の素材によって作られた、他にはない味わいを堪能できるでしょう。米粉や抹茶などの材料が加えられたバウムクーヘンは、おいしい食べ物がとれる地域だからこそ実現できる味わいとなっています。こういった工夫が施せるのも、日本のバウムクーヘンだからこそだといえるでしょう。バウムクーヘンは甘すぎないので老若男女問わずみんなで楽しめます。腹持ちがよいため、ご自宅でのおやつとしても重宝するでしょう。とくにお子様のおやつとしてなら、牛乳や豆乳などと合わせるのがおすすめです。バウムクーヘンと牛乳は味の相性も抜群です。それだけでなく、栄養も補給できます。お礼品のバウムクーヘンには素材にこだわって作られたものが豊富にそろっているので、安心して食べることができるでしょう。
バウムクーヘンはそのまま食べてももちろんおいしいですが、お好みに合わせて生クリームやチョコレートソースなどをかけてもおいしく食べられます。バニラアイスやフルーツを添えてもよいでしょう。また、抹茶味なら茹でた小豆を添えても合います。バウムクーヘンは比較的シンプルな味わいなので、いろいろなアレンジを楽しめます。
なお、開封したバウムクーヘンを一度で食べ切れず残してしまった場合は、冷蔵庫で保存してなるべく早めに食べ切ったほうがよいです。食べ切れない場合や乾燥して固くなってしまった場合は、アレンジを加えるとおいしく食べられます。たとえば、残ったバウムクーヘン、グラニュー糖、バターを用意すれば、バウムクーヘンのラスクが作れます。バウムクーヘンはあらかじめ小さめにカットしておきましょう。まずは、電子レンジでバウムクーヘンを1~2分程度加熱して水分を飛ばします。さらに、バターを電子レンジで加熱して溶かし、刷毛やスプーンなどでバウムクーヘンの表面に塗ります。バターを塗り終わったら、全体にグラニュー糖をまぶして準備は完了です。オーブンにバウムクーヘンを並べ、130℃で約15分間焼きます。バウムクーヘンの表面に新しい焼き色が薄くついたら出来上がりです。難しい工程は無いので、お菓子作りをした経験が無い方でも簡単においしいラスクを作ることができるでしょう。こういったアレンジを加えれば、バウムクーヘンを最後までおいしく食べられますね。さらに、牛乳や卵などを使用すれば、フレンチトースト風にアレンジすることも可能です。このようにいろいろなアレンジができるのは、バウムクーヘンがシンプルなおいしさに仕上げられているからこそだといえるでしょう。
また、バウムクーヘンは、贈り物としても人気があります。たとえば、結婚式の引き出物をはじめ、さまざまなお祝い事では定番のお菓子となっています。それは、バウムクーヘンの「年輪」が長寿や繁栄をイメージさせるといわれているからです。そのため、お祝いの場面でバウムクーヘンを贈れば、喜ばれることでしょう。さらに、バウムクーヘンは、大切なお客様をもてなす際のお茶うけとしても最適です。バウムクーヘンはしっかりと焼き上げられているので、食べている最中に崩れにくいという特徴があり、食べやすくなっています。
バウムクーヘンはいろいろな食べ方ができるだけでなく、さまざまな場面で重宝するお菓子です。バウムクーヘンの最大の魅力は、誰でもおいしく食べられる点だといえるでしょう。なお、パッケージの開封前であれば、バウムクーヘンは1カ月程度保存が可能です。お礼品として選べば、食べたいタイミングでおいしく食べることができます。食べやすいサイズに切り分けた状態で個包装になっているものは、より食べやすいですね。地域の自慢のバウムクーヘンをお礼品として選んでみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ