認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 プリン特集

プリン特集

全国的に人気のスイーツ、プリン。今や高級洋菓子店からコンビニまで、スイーツ専門店には必ずと言っていいほどプリンが置いてあります。北から南まで、またプリンの辿ってきた軌跡を見ても、作り方やタイプの違うさまざまなプリンが登場しています。ふるさと納税を利用して、各地のこだわりが詰まったプリンを味わってみませんか?

北海道

北海道からは、地元産の特産品を使ったプリンが多く用意されています。
幻のじゃがいも「勇知いも」を使った「冷凍焼きプリン」は、スイートポテトのような甘いプリンに仕上がりました。スイートポテトの原材料は通常さつまいもですが、勇知いもはじゃがいも。勇知いもは北海道稚内市の勇知地区で栽培されているじゃがいものことで、品種名ではありません。美味しさと希少価値から高級ブランドのじゃがいもとして全国に広まりましたが、一時は冷害や酪農への移行等により生産が途切れました。しかし、現在では復活させようという動きが強まっています。品種によっては桃やメロンのように甘くなると言われ、スイーツの材料としても注目されています。冷凍焼きプリンは「北のハイグレード食品+2016」や農林水産省主催の「フード・アクション・ニッポン アワード2016」などさまざまな賞に選ばれている逸品です。
また恵庭市(えにわし)では「えびすかぼちゃ」やその加工品が有名です。えびすかぼちゃは全国各地で栽培可能なかぼちゃですが、今やえびすかぼちゃといえば恵庭、というくらい知名度が高くなっています。えびすかぼちゃは、甘くて濃厚な味わいが特徴です。「恵みの庭」という地域ブランドの恵庭産えびすかぼちゃを100%使用したかぼちゃプリンや、同じく恵庭産さつまいも「紅はるか」を100%使用したさつまいもプリンがあります。
北海道といえば忘れてはいけないのが酪農製品です。北海道産の牛乳や生クリーム、チーズを使用したさまざまなプリンをお届けできます。
網走市には網走産の搾りたて低温殺菌牛乳と北海道産生クリームを贅沢に使ったプリン、標津町(しべつちょう)には地元の牛乳を使い、卵の白身を多くすることで色を白くしたプリンがあります。また、せたな町には平飼い有精卵を使ったプリンや北海道の素材にこだわり、砂糖を一切使用せずに作られたプリンがあります。この砂糖不使用のプリンは、植物由来の甘味料、北海道産の牛乳と生クリーム、平飼い卵で作られており、クリーミーで上品な甘さです。プリンの上下には味が異なるキャラメルが入っています。

関東地方

群馬県榛東村からは、純国産鶏もみじの卵を、採卵から24時間以内に黄身のみを使用して作ったこだわりプリンを用意しています。純国産鶏とは、日本国内で育種改良された日本に6%しかいない貴重な鶏のことです。新鮮な卵を使用しているプリンは多くあれど、24時間以内に産んだ鶏卵だけを使うというこだわりは養鶏場ならではです。生クリームを使用し、濃厚でとろけるような味わいと食感に仕上がりました。
千葉県勝浦市からは卵の黄身だけを使っているのに白いプリンをお届けします。黄身だけを使っているにもかかわらず白いのは、国産のお米を食べて育った鶏の卵を使っているからです。この卵の黄身の色はレモンイエローで、臭みがなく甘みが豊かです。この黄身だけを使用することでなめらかでミルキーなプリンとなりました。臭みのない卵の特性を活かしたコーヒープリンもあります。他にもレアチーズとプリンが一緒に味わえるプリンや、有機栽培のかぼちゃを使ったかぼちゃプリンなどもご用意しています。
栃木県市貝町では道の駅で人気のプリンがあります。生クリーム不使用ながら非常になめらかで濃厚な黒蜜がけプリンです。とろとろしたなめらかなプリンは生クリームを使用しているものが多いですが、こちらは生クリームを使用せず、蒸し時間や調理法の工夫のみで濃厚でとろとろな食感を表現することに成功しました。なめらかな食感のプリン、黒蜜をかけて食べるプリン、栃木のいちご「とちおとめ」を使ったいちごソースをかけるプリンがあります。

中部地方

石川県宝達志水町からは地元の鶏卵会社が作るプリンをお届けします。能登鶏の卵と県内産の牛乳など地元の素材のみを使って作られ、口どけがよく、濃厚な味わいとなっています。通常は鶏卵会社の直売所のみで販売されており、観光などで訪れない限り、なかなか味わえる機会がありません。
愛知県清須市からは、県の特産品である西尾抹茶を贅沢に使用した抹茶プリンをお届けします。なめらかな舌触りと口どけ、甘すぎずさっぱりした抹茶の風味が豊かなプリンです。西尾抹茶とは、愛知県西尾市を中心に生産される抹茶のことを指します。また豊山町には、マンゴーやバナナ、グレープフルーツなどの果汁やピューレをふんだんに使用した贅沢なフルーツプリンもあります。
福井県小浜市では、全国のプリンが一堂に会するプリンの祭典「P-1グランプリ(プリンナンバーワングランプリ)」が開催されています。2014年から始まった祭典で、出店者が自慢のプリンを出品し、来場者は会場でプリンを購入して気に入ったプリンの店に投票するシステムで、全国のプリン好きが集まるお祭りとなっています。そんなプリン好きにはたまらないイベントが開催される小浜市からは、2017年のP-1グランプリで優勝したプリンを用意しています。製菓用のこだわり卵「エグロワイヤル」を使用し、その黄身のみで作りました。深く濃厚な美味しさのカスタードプリンです。エグロワイヤルとはヨーロッパでの修行帰りのシェフやパティシエの要望に応えて作られた、洋菓子やフランス料理向きの卵。鶏に与える飼料を日本で一般的に使用されているとうもろこしからヨーロッパで多く使われている小麦にして、他の原材料もヨーロッパ風に配合することで、素材の味を引き立ててくれる卵となっています。
静岡県からは、静岡県東部に位置する函南町(かんなみちょう)のブランド認定を受けたプリンを用意しています。130年の酪農の歴史を持つ「丹那(たんな)牛乳」をふんだんに使い、昔ながらの蒸し焼きプリンを作りました。生クリームと牛乳を煮詰めたとろりとしたミルクジャムを上にかけていただく、少しかためのプリンです。また同じく丹那牛乳を使い、伊豆半島産食材のオリジナルソースをトッピングするプリンもあります。こちらは季節によってソースのフレーバーが異なり、塩キャラメルソースやワインソース、オレンジソース、かぼちゃソースやさつまいもソースなどを用意しています。伊豆半島の大地や海の恵みを活かして作るオリジナルソースは伊豆を凝縮したかのような逸品です。
山梨県甲府市からは富士山麗の牧場で採れた山梨県産100%牛乳を使用した牛乳プリンをお届けします。濃厚でとろとろな食感と、牛乳感たっぷりの味わいが楽しめます。

近畿地方

大阪府には、全国的に有名なプリン専門店があります。ふるさと納税のお礼品には、その元祖プリンのなめらかタイプとハードタイプ、プリンとティラミスが融合したスイーツを用意しています。この元祖プリンは通常のプリンと比較して4倍の卵黄を使用した非常に濃厚なタイプのプリンです。またティラミスと融合したプリンは2017年の「北おおさかうまいもんコンテスト」でグランプリを受賞した逸品で、一般的なプリンよりも約2.5倍大きい、食べ応えのあるスイーツです。また大阪からは400年続く伝統菓子の販売元のプリンを用意しました。プリンは、宇治抹茶と丹波産黒豆きな粉の2種類あり、和と洋が融合したお餅のような食感のプリンです。
兵庫県朝来市からは搾りたての自家牧場のジャージー牛の牛乳を100%使用したアーモンドブリュレを用意しました。「五つ星ひょうご」に認定された、搾りたてジャージー牛乳と生クリームたっぷりの、香ばしいアーモンドととろけるプリンがマッチしたこだわりの冷凍プリンです。五つ星ひょうごとは、ひょうご五国(摂津・播磨・但馬・丹波・淡路)の豊かな自然や文化を活用した商品のうち、地域らしさと創意工夫が施された逸品を統一ブランドとして選定、全国に発信するものです。
また兵庫県南西部にある上郡町(かみごおりちょう)では、特産のモロヘイヤを飼料として産まれた卵を使用したプリンや、同じく上郡町特産品の自然薯入りプリン、食べる輸血と呼ばれる赤い野菜「ビーツ」を使用したプリンなど、地場産品を利用した他では見ないプリンが多くあります。
滋賀県からは、滋賀県中央部に位置する竜王町(りゅうおうちょう)産の果物の果汁を使用した、卵不使用のフルーツプリンをお届けします。メロンプリン、いちごプリン、柿プリン、白桃プリンがあり、どれも竜王町産の果物100%です。
和歌山県の海南市(かいなんし)には、希少な「山地周年放牧」で牛を育てている牧場があります。ストレスフリーで育った牛から採れる良質な生乳で作ったプリンをご用意しました。上質なミルクとチーズで、NYチーズケーキ風の濃厚でリッチなプリンです。しっとりとした食感で食べ応えがあります。

中国地方

岡山県津山市からは、その日の朝に採れた産みたて卵と搾りたてミルクを使った上下2層になったプリンを用意しています。上の層は牧草からこだわって育てた牛のノンホモミルクの風味をそのまま活かすため低温殺菌して作った牛乳を楽しむプリン、下の層は臭みのない卵の卵黄だけを使った濃厚カスタードのプリンとなっています。良質な素材の味を楽しんでいただけるよう、卵と牛乳、和三盆だけというシンプルながらも贅沢なレシピで作りました。
島根県雲南市では、雲南市産の卵と牛乳を使った、特大のプリンを用意しました。親鶏の餌にまでこだわった「木次ファーム」の卵と低温殺菌牛乳の「パスチャライズ牛乳」を使用しています。かわいいバケツに入ったプリンの容量は1.6リットル。プリン好きには夢のような大きさのプリンです。また地元の「木次乳業」の牛乳で作ったミルキーなパンナコッタと地元の卵の卵黄を使用したプリンが2層になったプリンもあります。雲南産の新鮮な牛乳と卵を使用した生クリームたっぷりのプリンは、低温でじっくり焼き上げとろける食感が特徴です。
鳥取県米子市からは、老舗のお茶屋さんが作ったプリンをお届けします。鳥取県産の最高級大豆から作った豆乳を使用し、なめらかでとろけるような舌触りになりました。ほうじ茶と抹茶の2種類を用意し、お茶クリームと生クリーム、練り餡の3層構造となっています。混ぜると、プリンなのにまるで和菓子のような風味になります。

九州地方

長崎県松浦市には、老舗の養鶏場があります。そこから、独自ブレンドの飼料にこだわって育てた鶏の新鮮な卵を使った、生クリーム不使用の濃厚なカスタードプリンを用意しました。卵の風味香るかためのプリンとなっています。また、長崎県時津町では、東彼杵(ひがしそのぎ)で生産される抹茶を使った芳香なプリンや、長崎県産のみかんや巨峰、いちごを使ったみかんプリン、巨峰プリン、いちごプリンなど、地元産の素材を使ったプリンもあります。他にもミルクティープリンやごまプリンなどさまざまです。
福岡県からは、北東部に位置する築上町(ちくじょうまち)にある農場でこだわった飼料で育てた鶏の有精卵と、濃厚でコクのあるジャージー牛乳、無添加の生クリームを使用したプリンがあります。香料や保存料、甘味料、食品添加物を一切使用していない、手作りの濃厚プリンです。
宮崎県といえばブランドマンゴーをはじめ、マンゴーが非常に有名な地域です。そんな宮崎県宮崎市からは宮崎を代表する日向夏とマンゴーをそれぞれ使ったプリンを用意しています。日向夏は宮崎市清武町(きよたけちょう)の日向夏を、マンゴーは西諸県郡野尻町(にしもろかたぐんのじりちょう)のマンゴーを使っています。どちらのプリンもツルツルとした食感で、クリーミーなのにさっぱりとした味わいです。冷凍庫で凍らせると濃厚なシャーベットとして美味しくお召し上がりいただけます。
大分県由布市からはおおいた烏骨鶏(うこっけい)の卵黄を贅沢に使用したプリンを用意しています。烏骨鶏は鶏の品種名で、普通の鶏と違って皮膚や内臓、骨が黒色で、産卵数も週1個程度と少ないのが特徴です。甘さ控えめで、濃厚さと爽やかさをあわせ持った手作りプリンです。また大分県別府市では、ゆふいん牛乳と日出町(ひじまち)の養鶏場直送の新鮮な卵で作り、生クリームで仕上げたプリンもあります。

ふるさと納税のお礼品といえば米やブランド牛のイメージが強いですが、実はプリンをはじめとしたスイーツも数多く取り扱っています。
プリンを食品辞典や辞書で調べると、「卵と牛乳と砂糖」を主原料としているものであるとか、卵を加熱することで固まるお菓子としているものが大半ですが、今やプリンの定義は非常に曖昧となっています。卵や牛乳を使ったプリンがスタンダードなプリンであることに変わりはないものの、現在では卵を全く使っていないものでも「プリン」という名称が使われていることも少なくありません。
ふるさと納税のお礼品にも、卵不使用のプリンを用意している自治体があります。実際には品物に名前をつける際に、制限はないため、卵を使っていない「〇〇プリン」でも問題なく、原材料さえ表示されていればどんなものでも、極端に言えばヨーグルトでもプリンと名乗れます。基本的にはわかりやすい名前がつけられていますが、プリンすなわち卵、というわけではないので、卵が苦手な人でも食べられるプリンがあるということは覚えておいて損はないでしょう。
プリンの語源は、現在でも時々耳にする「プディング」です。プリンの歴史を紐解くと、その起源は16世紀後半のイギリスまで遡ります。それも家庭料理ではなく、船乗りが考えた料理だったといいます。当初はお菓子ではありませんでした。航海中は余った食材でも有効に活用しなければならず、ある時肉や野菜の切れ端といった余り物の食材を卵液と一緒に蒸し焼きにしたところ、現在の日本でいう茶碗蒸しのような料理ができあがりました。これがプリンの原型だと言われています。茶碗蒸しのようだったプリンは、その後パンくずやナッツを入れたものに変わり、さらに卵液に具を入れずに蒸して固めるようになります。
そして18世紀から19世紀のフランスにおいて、現在のプリンのもととなるカスタードプリンが誕生しました。フランスではクレーム・ランヴェルセと呼ばれています。ランヴェルセというのは「ひっくり返した」という意味で、型や鍋から皿に取り出す際にひっくり返したことから名付けられました。現在日本ではカップ入りでそのまま食べる形のプリンが主流ですが、ひっくり返すタイプのプリンも健在です。特にフレンチやイタリアンのレストランなどで目にすることが多いのではないでしょうか。
日本においてプリンが伝わったのは、江戸時代の後期から明治時代の初期だと言われています。明治5(1872)年の文献にプリンは「ポッディング」という名前で紹介されていました。プディングという名前がさまざまな音に聞こえ、発音しやすい音に変化した結果、やがてプリンという呼び方に落ち着くことになります。
一般家庭にプリンが普及したのは、さらに後の20世紀後半です。1964年に家庭でプリンを作れる「プリン粉」が発売されました。当時の一般家庭にはオーブンがなかったため、こうしたインスタントプリンは卵を熱で固める方式ではなく、ゼラチンや寒天などを使い粉末を溶かして冷やして固めるタイプでした。凝固剤を使ったプリンはプルプルした見た目と食感が特徴です。
日本でもプディングという名前は使いますが、スイーツのプリンとは区別して、ライスプディングやクリスマスプディングなど特定の料理やスイーツのみを指すときに使うことが大半です。
今ではさまざまなタイプのプリンが登場しています。スタンダードなカスタードプリンからいちごプリンやマンゴープリンといった果物をメインにしたものや、牛乳プリンや抹茶プリンなどバラエティ豊かです。また味だけではなく、かためのプリンややわらかいプリンなど、プリンの「かたさ」による違いもあります。また本来は卵液を蒸し、火を通すことで卵が固まるのを利用しているのがプリンですが、ゼラチンで固めるものも存在します。
かたいプリンとやわらかいプリン。近年では、生クリームなどを使ったとろとろのやわらかいプリンが多く登場していますが、どちらが好きかという全国調査では、全体の7割がかたいプリンの方が好き、という結果だったといいます。
プリンが卵をベースにした甘いお菓子、というのは日本だけのもので、プリン発祥の地イギリスでは、蒸したスポンジケーキにカスタードソースをかけたものや、米を牛乳と砂糖で炊いたライスプディングなどを指します。
プリンにはさまざまな種類がありますが、「焼きプリン」も人気プリンの1つです。プリンの多くはオーブンで「蒸し焼き」にして作りますが、卵不使用のプリンなど、ゼラチンや寒天で冷やし固めるものもあり、区別のために蒸し焼きプリンを焼きプリンと呼ぶようになりました。
プリンと同じように使われる「クレームブリュレ(クリームブリュレとも)」もあります。プリンは英語のプディングの派生で、クレームブリュレはフランス語であり、基本的に意味は同じです。しかし日本でクレームブリュレというと、上に砂糖をふりかけ表面をガスバーナーなどで焦がしたお菓子を指すことが多いです。
実際に原材料に入っているかは別として、プリンとは卵と牛乳と砂糖をメインとしたスイーツですが、あえて「卵プリン」と表記しているものもよく見かけます。これは単に卵を使っているというよりは、卵をたっぷり使ったかためのプリンであることを指していることが多いです。
プリンはもはや高級デパートやスイーツ専門店からコンビニまで広く置いてある代表的な人気スイーツです。北から南まで全国的に人気なスイーツとなったプリンは、各地でさまざまな種類のものが作られています。今回紹介した中でも、知らない有名プリンや思いつきもしない材料を使ったプリンがあったのではないでしょうか。ふるさと納税を利用して、全国各地の生産者がこだわりと自信を持って作ったプリンを、ぜひ味わってみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ