認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 雑貨特集

雑貨特集

各地のすてきな雑貨の中には、まだまだ知らないものがたくさんあるかもしれません。各地で作られている雑貨を知ることは、その雑貨の復興や知名度アップに貢献します。知らなかった歴史ある工芸品や、工夫を凝らした雑貨がたくさん見つかるはずです。一生モノになるような品と出会うきっかけになるかもしれません。気になるお礼品を見つけたら、ぜひ申し込んでみてくださいね。

北海道

広大で自然豊かな北海道では、今もなお貴重な手つかずの原生林が残っています。厳しい北の大地で育った多様な天然木は良質なため、雑貨の材料にもってこいです。特に木工家具で有名な旭川と東神楽町の職人の手にかかれば、北海道の天然木が上質な家具になって我々の暮らしに溶け込みます。

さらに、楢の木を伝統の窯でじっくりと焼き上げると、硬質な黒炭ができ上がります。黒炭は火付きが良く、扱いやすいのが特徴ですが、徹底した精錬作業によってさらに火持ちも長くなります。無煙無臭のため、屋内利用にも適しています。

海の幸の豊富な北海道では、ホタテ貝の養殖も盛んです。しかし、ホタテの貝殻はこれまでゴミとして大量に処分されてきました。それをどうにかできないかと工夫を凝らした結果、貝殻が洗濯用洗剤・歯みがき粉・入浴剤の日用品として生まれ変わりました。天然成分でできているため、体にも優しいと人気です。

稚内の珪藻岩で作製したバスマットはテレビで紹介されるほど人気です。人気の理由は抜群の吸水、調湿、消臭効果を有しているから。通常の珪藻土よりもさらに長い時間の中で、高圧と熱によって岩石化したものが珪藻岩といい、稚内の珪藻岩はミクロンサイズの隙間が無数に空いているため、普通の珪藻土よりも、さらに3倍も優れた驚きの吸水力を持ちます。まさに、北海道の大自然が長い時間をかけて生み出した自然素材です。

東北地方

山に囲まれた東北地方は、日本三大美林のうちの秋田杉と青森ヒバがあり、良質な木材を多く産出する地域です。

秋田杉は寒さの厳しい環境で育つため、年輪の幅も狭く、木自体がまっすぐ上に伸びます。木目がきめ細やかで美しく、味わいのある板材を生成することができる一級品の木材です。強度があって丈夫でたくさんの雑貨の材料に選ばれています。

日本三大美林の一つの青森ヒバは数百年の年月をかけ、厳しい青森の寒さと雪に耐えながら成長します。さらに、青森ヒバから抽出される精油には強力な抗菌作用があり、カビや雑菌を寄せ付けません。まな板やお風呂用品など、青森ヒバの効果を最大限に発揮できる製品に加工されて、お手入れも簡単で長持ちします。

また、阿武隈川のほとりで作られる上川崎和紙は、1,000年以上前に紫式部も使ったと言われており、丸森手漉き和紙も400年以上の歴史があります。青森ヒバを漆で加工する津軽塗も300年の歴史があり、昭和初期から作り続けてきた切れ味にこだわった特製の包丁や、昔、東北の寒さの中で暖を取るために古い着物を割いて横糸として新しい着物を編み込んだ南部裂織の文化など、天然林以外にも東北地方には伝統ある魅力的な雑貨がたくさんあります。

関東地方

関東でも天然木素材の雑貨が作られています。栃木県産の「とちぎ材」は経年変化が少なく、強度が強い「乾燥材」としては高級素材にあたります。また、東京都でも「多摩産材」を生産しています。高品質な天然木から作られた雑貨は長く使えそうです。

また、様々な色の天然木をはめ込んで一枚の美しい木画とする木象嵌も、高度な技術と経験が求められる貴重な技法で作られています。

埼玉の桐細工は、江戸時代から300年続いており、現在は米びつや、パンボックス、書類ケース、バスマットなど、様々な雑貨の制作に応用されています。桐は軽くて見た目も美しく、虫やカビを防ぎ、火事にも水の浸透にも強い優れた素材です。桐の雑貨は生活に暖かい雰囲気をもたらします。

織物で有名なのは、ストライプ模様の双子織です。日本が開国した際の舶来品を真似て誕生した手織り生地です。高度な技術を要する繊細で高密度な織物で、一時は流行の最先端でしたが、大正以降の技術革新で衰退してしまいます。それを可能な限り再現したのが現代の双子織で、様々な雑貨が作られています。

一度失われた産業を復活させた例は他にもあり、かつて年間50万本出荷していた中津箒は、安価な輸入品や掃除機の登場で衰退してしまいました。しかし、手作業で編まれた箒の美しさや職人芸に惹かれた人たちによって復活し、再び人気となっています。

中部地方

富士山の麓という立地条件から、POPな富士山のイラストが描かれた御朱印帳や、富士山を臨む美しい風景を緻密に表現した刺繍作品、富士山の湧き水で染めた糸で織ったタオルなど富士山にまつわる雑貨もあります。

中部地方も日本アルプスの山に囲まれており、自然豊かな場所です。浜松市天竜区は、面積の90%が森林で、日本三大人口杉の一つである天竜杉が育っています。暖かい天竜区では、積雪の影響を受けないため真っすぐ育ちます。含まれている油分も多くて見た目も美しく、耐久性、耐水性も優れ、加工もしやすいです。他にも木曽川と飛騨川の間の土地では、日本を代表する東濃ひのきも育っています。

また、かつて養蚕をしていた東栄町では、色をつけた繭で一輪ずつ手作りの花束を作成しています。繭とは思えないリアルで温かみのある花束です。また、静岡は模型メーカーが多く、ファンにはうれしいプラモデルのお礼品も多数ご用意。さらに、全国でも有数の金属加工産地・新潟県弥彦村では、熟練の職人達による、タンブラー、鍋、ボウル、ザルなど、一点の曇りもないステンレス製品を提供しています。他にも、鎌倉時代から日本刀産地の一つとして隆盛を極め、現在も刀鍛冶の伝統が息づく岐阜県関市では、使いやすいはさみ、包丁、爪切り、ニッパーなどを制作しています。

中部地方は、素材に頼るだけでなく、職人の腕が光る工芸品が多く、昔からの技術のしっかりとした継承が感じられます。

近畿地方

近畿地方では、甲子園や京阪電鉄のグッズ、大阪を走る車両のプラレール、鈴鹿サーキットのバイクの製造技術を生かして製作したタンブラーなど、ファンにはうれしい雑貨を扱っています。

また、近畿地方では繊維産業も発展しています。20世紀頃から大阪は「東洋のマンチェスター」と呼ばれ、世界を牽引する独自の技術を開発していました。しかし、近年は海外の安価な製品の輸入が中心となり、国内の産業規模は縮小を続けています。それでも平成28年時点での国内の繊維産業の事業所数は、全国1位が京都、3位が大阪、10位が兵庫で、現在も近畿地方は国内繊維産業のトップクラスの集積地です。その技術を生かして作られた多くのお礼品をご用意しています。(※経済産業省平成28年経済センサスより)

例えば、タオルを織りあげた後に漂白と水洗いを行う独自の「後晒製法」で、吸水性に優れ、癖になるようなふわふわな肌触りを実現した「泉州タオル」は全国の42%のシェアを誇っています。(※泉佐野市役所ウェブサイトより)近畿地方の繊維技術は、他にもガーゼや衣類、ペルシャ絨毯のような高級感が感じられる織物にいかされています。

かつて「天下の台所」として商業の中心であった大阪の周辺地域で発展した様々な技術は、現在も生かされています。例えば、日本古来の金物の町として栄えた兵庫県の伝統の刃物の切れ味は、大工道具、園芸道具、キッチン用品、ハサミや爪切りなどの生活用品として現在も生産され続け、世界でも有名な産地へと発展しています。

四国地方

四国は土地面積の8割が山林で、中でも高知県の森林率は全国1位と資源豊富。(※四国森林管理局当署の取組より)銘木である四万十檜や土佐材が育っています。特に土佐材は、豊臣秀吉から「日本一」と褒められたほどで、天へまっすぐ伸びるさまも見事ですが、伐採後も木目が美しく、たっぷりと油脂分を含んでいることから、年を経るごとに光沢が増してゆきます。

高知県は、日照量、雨量共に全国有数ですが、山岳地帯で冬場は非常に冷え込むため、気温差が激しい土地です。その分年輪が引き締まって耐久性のある丈夫な木に成長します。京都の清水寺、西本願寺、宇治橋、日本三景の一つである厳島神社の修復にも使われたり、皇室で愛用されているおもちゃにも使用されています。そんな豪華な木を材料にしたすてきな生活雑貨や赤ちゃんのおもちゃをお礼品としてご用意しました。

高知県は林業が栄えた影響で、日本三大の刃物の産地にもなっています。日本刀を作る技術を応用し、職人が手作りで鍛え上げた土佐打ち包丁は、切れ味、耐久性、磨きやすさなどどれをとっても極上の一品です。

さらに世界一高級な墓石素材の庵治石も産地は四国です。水晶と同じ硬度で加工は困難ですが、他の石材にはできない緻密な細工や彫刻が可能です。優美な庵治石を加工して作った、インテリアにもなる生活雑貨を集めました。

さらに、香川県のうどん愛が伝わるグッズやカマタマーレ讃岐の応援グッズなど、四国好きの人にうれしい雑貨もそろっています。

九州地方

九州には、有名な焼き物の産地が多く存在しています。日本の代表的な焼き物から、伝統の民芸陶器までたくさんの焼き物をご用意しました。

また、九州は日照時間も多く、降水量も十分で気候も温暖なため、銘木もたくさん栽培されています。宮崎県では飫肥杉(おびすぎ)が有名です。もともとは木造船の材料として使われていたため、軽くて水にも強く耐久性もある優秀な木です。そんな飫肥杉で作ったインテリアをたくさん集めました。

さらに、鹿児島県では、もともと亜熱帯に生息していたつげが固有の変種を遂げた「薩摩つげ」が栽培されています。品種改良を重ねた薩摩つげは表面が滑らかで加工もしやすく丈夫なことから、櫛の材料に用いられ、「薩摩つげ櫛」が誕生しました。薩摩つげは色つやも良く、正しく手入れをすることで、櫛を使うほどに美しく変化していきます。昔は一生ものの嫁入り道具とされていた時期もあるそうです。長く使うのが楽しみになりますね。

長崎県では黒打ち包丁を、700年前から続く昔ながらの匠の製法で製造しています。農具や刃物も製造する、いわゆる野鍛冶が鍛えたと言われる包丁です。焼いた際に黒くなった部分をあえて残す製法で、一本一本手打で仕上げています。そのため、見た目は武骨ですが趣のある包丁です。

九州地方は、大刀洗飛行場や、FC琉球、自衛隊グッズなど、地元の観光に関連する雑貨が特に多く、地元を盛り上げようとする思いが伝わってきます。

雑貨は大きく分類すると、「洋雑貨」と「和雑貨」の二つがあります。洋雑貨はアメリカやヨーロッパなどの雰囲気を持ったもので、デザイン性が高く、色使いもポップで明るいものが豊富です。近年では日本でも北欧雑貨が人気となっていますよね。それに対し、日本で作られる「和雑貨」には、日本各地の文化や歴史を色濃く反映したものがたくさんあります。現代になって新しく作られたものであっても、ルーツを探っていくと、日本各地の文化や独自の伝統を引き継いだものが多いことを感じます。

「伝統工芸品」や、「伝統的」というフレーズを聞くと、格式高いイメージを抱いてしまい、これまで敬遠してきた方もいらっしゃるかもしれません。しかし、和雑貨は決して高級なだけのものや、古さを感じるようなものではありません。たとえ「伝統工芸品」と呼ばれるものであっても、日常生活で使うことを目的に作られた雑貨が多く、非常に身近な存在です。時代の変化や私たちの生活の変化に合わせ、より使いやすいように試行錯誤を常に繰り返してきたものがほとんどです。

日本で作られてきた雑貨の特徴は、見た目から感じる日本独自の「和風っぽさ」だけではありません。四季の特徴がはっきりとしている日本の風土に合わせ、長年使い続けることが出来るような丈夫さと、使いやすさを考えて作られています。例えば自然の素材で作られたインテリアは、夏には凛とした涼しさを感じさせますし、冬には自然の持つ温かい雰囲気を感じさせます。高価な雑貨であっても、戸棚などにしまい込んで愛でて楽しむだけではもったいないでしょう。ぜひ日常生活の中で大切に使っていただきたいです。使い込まれ、ライフスタイルに溶け込んでこそ、その雑貨本来の魅力を感じることが出来るのです。

現在は、ライフスタイルの変化に伴い、家の中の作りも、フローリングが敷かれたり、リビングやベッドルームがあったりと洋風に変わってきています。現在住まわれている家も、和室よりも洋室の方が多いという方が多いのではないのでしょうか?しかし、そんな洋風化した生活の中にも、和風の雰囲気を感じるものを取り入れる方が増えています。昔から従来の生活の中に外国から伝わったものや技術を柔軟に取り入れてきた日本の国民性が表れているように感じます。京都や奈良などの観光地や、古くからあるお寺や神社、能や歌舞伎などの伝統芸能を訪れることで日本の情緒を感じることはできます。そういった観光地が人気で、現代に至ってもそういった昔からの文化が残されているのは、やはり日本人の心の根底に、日本の独自の文化を愛する心や魅力を慈しみ続けたいという思いが強いからではないでしょうか。しかし、そういった観光地をわざわざ訪れずとも、和雑貨を取り入れることにより、現在多いコンクリートやガラスで囲まれた家中でも、昔から脈々と受け継がれている日本独自の情緒や温かみを感じることが出来ます。現代の日本のライフスタイルに合わせてモダンな要素を取り入れた和雑貨は、使いやすく、温かい雰囲気で部屋に溶け込みやすいため、手軽に家の中に和の雰囲気を取り入れることができ、日々の生活の中で癒しを感じるのにぴったりではないでしょうか?

また、和雑貨はご自分で使用されるのももちろん良いですが、贈り物としてもぴったりです。日本で古くから培われてきた技術をベースに、現代にも通用するようにモダンの要素を取り入れて作られた和雑貨は、使い勝手といつまでも飽きのこないデザイン性に富んでいて、考え抜かれた素材感や温かみのある雰囲気も人の心を自然と惹きつけます。そのため、年代や性別を問わず喜んでいただける贈り物であることは間違いありません。上品さも兼ね備えているため、年上の方へのプレゼントに迷われることが多いという方にもおすすめです。また、日本の良さや日本独特の風情をたっぷりと感じられるため、外国人の方にも好評です。日本好きな外国人の方にはもちろん、個性的なファッションを求めているおしゃれな外国人の方にも独自のデザイン性に富んだ和柄のアイテムは人気です。着物ももちろん人気があり、喜ばれるのですが、着る機会が少なく、着方もわからないという方も多いはずです。和雑貨であれば、普段から気軽にファッションに取り入れることができます。そのため、外国人の方へのプレゼントにも最適です。年代、性別、国籍も問わない和雑貨は、プレゼントとしても非常に優秀なのです。

また、国土の68%が森林と言われている自然豊かな環境の日本では、昔から、木材を主体にした雑貨の生産が多く行われています。各地の特徴のある天然素材を利用し、職人の技術で作られる雑貨はとてもすてきなものが多く、ご用意したお礼品もすぐにでも家に飾りたいもの、使ってみたいものばかりです。さらに、2009年には農林水産省の林野庁が「10年後の木材自給率50%」という指標を掲げ、その後の閣議決定により、「21世紀の国家戦略プロジェクト」の一つにも位置づけられています。木材使用を促す法律が成立されたことや、外国材が、生産地の乱伐による資源の枯渇で伐採の制限や高い課税がかけられて輸入価格が上がり、相対的に国産材の需要が増えたこともあり、平成28年度における木材自給率は、6年連続で上昇し、34.8%まで向上しています。(※農林水産省平成28年木材需給表より)私たち消費者も、木製の雑貨やインテリアを選ぶときには、国産材を使ったものを意識することで、木材自給率の向上に貢献できます。

日本各地には、まだまだ隠れた魅力ある雑貨や工芸品などがたくさんあります。例えば、同じ様な木でできたインテリアであっても、見た目の少しの違いや、職人の方の素晴らしい技術、そしてこだわりに一目ぼれしてしまうこともありますよね?今まで知らなかった隠れた名品と私たちをつないでくれる『ふるさと納税』。これが、一生の品に出会えるきっかけになるかもしれません。ご用意したお礼品の中には、一度は無くなりかけた文化を、地域の人たちの手で復活させたというものもいくつもあります。そういう方たちのおかげで出会える品もきっとあるはずです。

『ふるさと納税』は、各自治体はもちろん、日本各地で培われてきた技術や製品、そしてそれを作っている人たちを応援するきっかけにもなります。セレクトショップなどで雑貨を買った際に、自分の思いを直接生産者の方に伝えることは、なかなか難しいことかもしれません。しかし、ふるさと納税なら地域の方々への共感の気持ちや、応援したいというあなたのすてきな気持ちを、寄付という形でダイレクトに届けることができます。あなたがそういった行動をとることが、雑貨を作っている方々の今後の生産意欲にもつながるかもしれません。また、お礼品をプレゼントした方はもちろん、受け取ったお礼品を素敵に飾ったり使ったりしているあなたの姿を見た知人の方や、口コミで書いた感想を見た方にとっても、今まで知らなかった雑貨との新たな出会いにつながるきっかけになるかもしれません。気に入った品や、応援したい自治体や人や技術を見つけたら、ぜひ『ふるさと納税』に寄付してみてくださいね。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ