認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 カニ特集

カニ特集

カニを地域別・種類ごとにその特徴をご紹介します。ふるさと納税でカニのお礼品は人気があり、多くの人がふるさと納税を利用して日本各地の美味しいカニを楽しんでいます。是非、このページをご覧になっているあなたもこの機会に美味しいカニをご賞味ください。

北海道

北海道産のカニの中でも非常に漁獲量が多い毛ガニは、別名オオクリガニ(大栗蟹)とも呼ばれるようにずんぐりした甲羅の形をしています。甲羅や足に毛が生えているという、見た目でわかりやすい特徴を持っています。タラバガニやズワイガニと比べるとサイズは小ぶりですが、身がぎっしりと詰まっていて特にカニみそが多く、カニみそ好きの人に人気があります。毛ガニには2度の旬があり、身の部分がぎっしり詰まっているのが冬、カニ味噌が美味しくなるのは夏のようです。
一般的に値段が高価なのはズワイガニ、タラバガニ、毛ガニの順だと言われています。北海道のカニはそれぞれの旬の時期に水揚げされ、味を損なうことなく冷凍(CAS冷凍)されているので、解凍時にドリップが出ることもなくおいしくいただけます。

中部地方

福井県の主に越前町の地域で水揚げされる雄のズワイガニは、大きく味が豊かで身がぎっしり詰まっており、「越前ガニ」と呼ばれています。「越前ガニ」というカニの種類があるわけではなく、福井県産の雌のズワイガニは「セイコガニ」と呼んで区別しています。
石川県や富山県で水揚げされたズワイガニはそのまま「ズワイガニ」と表示し、山陰地方で水揚げされたズワイガニは「松葉ガニ」と呼ばれます。
越前ガニはズワイガニの中でも高級なブランドのカニとして認知されています。足に身が詰まっているのが越前ガニの最大の特徴のためずっしりとした重量感のある個体で、よく生育したしるしの黒い斑点が甲羅にある個体を選ぶのがコツです。

中国地方

松葉ガニとは山陰地方で獲れるズワイガニの雄を指す名称です。中国地方で冬の味覚の王様として不動の地位を築いています。
山陰の海は九州の方から流れてくる暖流(対馬海流)と、北海道の方から流れてくる寒流(リマン海流)がちょうどぶつかる潮境にあたり、カニの餌となる貝やゴカイも豊富になります。松葉ガニは、そのような栄養たっぷりの恵まれた環境で、味が豊かで身も厚く、旨味が凝縮された最高級の食用ガニに育ちます。さらに、山陰地方は乱獲防止のための禁漁期間が長く設定されており、一年の半分くらいは禁漁とります。餌の豊富な海でじっくりと育つための条件が整っていることも、松葉ガニの美味しさの理由かもしれません。

ズワイガニ

ズワイガニは「ケセンガニ科」に属するカニです。カニの中でも最も美味しいと評価されることも多い種類です。
市場に流通するズワイガニに「本ズワイガニ」と「紅ズワイガニ」の2種類が存在し、多く出回っているのは紅ズワイガニです。本ズワイガニが水深200〜400メートルくらいの海底に生息するのに対し、紅ズワイガニは水深500〜2,000メートルという深い海底に生息します。浅い海域に生息する本ズワイガニのほうが餌は豊富なため、味も豊かになるとされています。そのため市場価格は本ズワイガニの方が5〜10倍も高くなります。
本ズワイガニと紅ズワイガニを見分けるのは簡単で、カニの裏側部分、つまりお腹の部分を見ればわかります。紅ズワイガニはその名の通りで表も裏(腹部分)も紅色です。それに対して本ズワイガニは腹部分が白っぽい色をしています。なお、資源保護のため紅ズワイガニのメスは捕獲が禁止されています。

タラバガニ

タラバガニは、名前に「カニ」とついていますが、実はカニではなくヤドカリの仲間(エビ目 ヤドカリ下目 タラバガニ科)です。カニの足がハサミを除いて左右4本ずつの計8本なのに対して、タラバガニの足は左右3本ずつの計6本なのです。
タラバガニは足を真っすぐに広げると1メートルに達する個体も珍しくありません。魚のタラと生息域が同じで、タラの漁場で多くとれることがタラバガニ(鱈場蟹)の名前の由来となっています。
一番人気の食べ方はやはり、殻のままさっと塩ゆでするというシンプルな調理法ですが、紋別産のタラバガニはサイズの大きい個体が多いため、焼きガニや天ぷらにしても美味。紋別のカニ漁は3月から12月まで解禁されますが、タラバガニの旬は3~6月の春の時季です。

毛ガニ

毛ガニは寒海性のカニ、つまり水温の低い海にすむカニで、最も多く獲れる場所はオホーツク海です。オホーツク海は北海道の北東に広がる海域で、大部分がロシア領になりますが、北海道の北東部に位置する浜頓別、雄武、網走、紋別では、日本領のオホーツク海で獲れた毛ガニが水揚げされます。オホーツク海産の毛ガニは特に美味しいと評判です。その理由は、オホーツク海の北から流れてくる大量の流氷に付着している植物プランクトンが、春になると北海道北東部のオホーツク海で大増殖するからです。植物プランクトンを餌にして動物プランクトンが増え、さらにカニの餌になる魚介類が動物プランクトンを食べて繁殖します。毛ガニはタラバガニやズワイガニと比べるとサイズは小さいのですが、餌を十分に食べて育ったオホーツク海の毛ガニは大きく、足の身やカニ味噌がぎっしり詰まった極上品です。天ぷらやしゃぶしゃぶにして食べることもできるそうです。

セイコガニ

中部・山陰の海域がカニの成長にとても適しているのは、プランクトンの増殖に適した環境により、プランクトンを食べて増えた魚介類がカニの餌になるからです。
福井県で獲れる雄のズワイガニだけを越前ガニと呼び、雌のズワイカニは「セイコガニ 」と呼ぶと前述しましたが、セイコガニはオスより小さいものの、卵を持つことが最大の特徴と言えます。セイコガニから採れる卵は受精卵を「外子」、受精前の卵巣内の卵を「内子」と呼び、どちらも珍重されています。
このためセイコガニは外子と内子が両方含まれている状態が極上品とされ、産卵期が最も美味しくなります。セイコガニの産卵期である2〜3月が、セイコガニ本来の味を楽しめる旬の時期です。お礼品にセイコガニとあったら、その時期に獲れたものだといってもよいでしょう。

花咲ガニ

花咲ガニとは北海道根室市の花咲港で水揚げされるタラバガニの呼び名ですが、花咲港以外でもその周辺の漁港で水揚げされたタラバガニが花咲ガニの特徴を備えていれば、それは花咲ガニと認定されます。「花咲ガニ」の名前は、地名に由来するという説が有力ですが、殻ごとゆでると真っ赤になることからこの付いたとする説もあります。通常のタラバガニより小振りでトゲトゲした外見をしています。
なぜ根室近海のタラバガニが花咲ガニのような特徴になるのかはハッキリしておらず、その海域独特の環境が花咲ガニの特徴を持ったタラバガニを育てると考えられています。
花咲ガニの旬は7〜9月の夏季で、この時季に根室で水揚げされた花咲ガニはとても深い味わいがあると言われています。また、雌の花咲ガニの場合は卵である外子と内子があり、珍味として一部の愛好家から絶賛されています。

カニが現在のように食べられるようになったのは明治時代になってからのことです。もらってうれしい贈答品の代表格でもあります。日本で獲れる食用のカニは主に毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニの3種です。ふるさと納税で各地のおいしいカニの食べ比べを楽しんでみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ