認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 野菜特集

野菜特集

ふるさと納税でもらえるお礼品は、それぞれの自治体や地域の方が自信をもって提供しているものであり、味も品質もレベルの高いものが揃っているのが特徴です。 野菜の種類や組み合わせは自治体によって異なり、トマトや玉ねぎなど、1種類の野菜をたっぷり送ってくれる自治体もあれば、複数の種類の野菜を組み合わせたセットを送ってくれる自治体もあります。

北海道

北海道では広大な土地を活かし、大規模な生産活動が行われています。
北海道のとうもろこしは、他の地域で作られたものよりも甘みが強い傾向があるようです。お礼品には、実が黄色く、甘みが強い「イエロー種」や、黄色い実と白い実が約3:1の割合で見られ、マイルドな甘味が特徴の「バイカラー種」、柔らかい実と強い甘みが人気の「ホワイト種」の3種類が揃っています。

東北地方

東北地方ではさまざまな野菜が栽培されていますが、お礼品としてひときわ目立つのがニンニクではないでしょうか。日本国内のニンニクの生産地は複数ありますが、群を抜いて生産量が多いのが青森県です。青森県産のニンニクは、冬の寒さが厳しい東北地方の気候を活かした、高品質で風味豊かなニンニクです。

関東地方

関東地方では、水はけのよい関東ローム層の土でおいしく育つさつまいもも多く栽培されています。
茨城県や千葉県で生産されているさつまいもはさまざまな品種があります。「べにはるか」は非常に甘味が強く、見た目もよく虫にも強いというバランスがとれた品種で、さまざまな用途に使うことができます。

中部地方

トマト栽培が盛んな愛知県では、消費者のニーズの多様化に対応するためにさまざまな品種を栽培するなど、常に努力し続けています。お礼品には、複数の種類のトマトが用意されています。
また、複数の種類の野菜がセットになっている詰め合わせセットもおすすめです。さまざまな味覚が楽しめます。

近畿地方

近畿地方の各地で自然薯を生産しています。自然薯とは山芋の一種で、山に自生している天然の自然薯は非常に粘り気が強く、とろろ向きです。天然の自然薯は見つけることが難しく、以前は非常に貴重な食べ物として知られていました。栽培によってできた自然薯も非常に多いというわけではないため、貴重なものであることには変わりありません。ふるさと納税では、丸々1本の自然薯や、すりおろされてとろろになっている自然薯もあります。

中国地方

最近注目を浴びている「松きのこ」は、広島県世羅町で生まれた新しいブランドのきのこです。マツタケの研究過程である主菌とシイタケ菌とを混合して栽培したところ、従来のきのことは異なる特徴をもつきのこが発生し、このきのこについて研究を重ねた結果、マツタケによく似た姿で芳醇な風味があり、生食できるサクサクとした食感の「松きのこ」が誕生しました。

四国地方

香川県のオリジナル品種「さぬきのめざめ」は、2005年に品種登録されたアスパラガスです。通常の品種の約2倍にあたる長さまで成長する茎が特徴です。通常のアスパラガスでは、ここまで成長させると茎が固くなり、とても食べることはできませんが、「さぬきのめざめ」は、成長しても穂先が開きにくいため、通常の2倍の長さになるまで収穫を待っても、シャキシャキとした歯ごたえと甘みが保たれます。

九州地方

佐賀県で作られている玉ねぎには、「貴錦」「さが春一番玉ねぎ」「スイートハートオニオン」などがあります。いずれも食べやすい品種ですが、玉ねぎ独特の辛みや香りが苦手な方は、3月から4月にかけて出荷される玉ねぎがおすすめです。辛みが非常に少なく、甘みが強いものが多く流通しています。出荷時期も考慮するとお好みの玉ねぎを見つけることができるかもしれません。

野菜は人の身体に必要なビタミンやミネラルが豊富で、腸内環境を整える働きをする食物繊維も多く含んでいるため、積極的にとりたい食材です。
ふるさと納税を活用し、お礼品として野菜を受け取ることで、忙しい毎日を送っている方でも家にいながらにして新鮮で安全な国産野菜を手に入れることができます。
他の地域に住んでいるとなかなか手に入らない野菜を、家にいながらにして楽しめるというのも、ふるさと納税の醍醐味です。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ