認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 カステラ特集

カステラ特集

卵の濃厚な旨味と、しっとりとした食感が特徴のカステラは、古くから「特別な日のお菓子」として愛されてきました。カステラはシンプルな材料で作られているため、素材の違いが味や食感を大きく左右します。ふるさと納税のお礼品には、こだわりの材料を使ったカステラがたくさん揃っています。ぜひ、各地の美味しいカステラを味わってみてください。

東北地方

青森県黒石市のお礼品には、青森県産の新鮮な朝採り卵とカステラ専用の特級品小麦粉を使用し、コクのある甘味が特徴のカステラがあります。長年の経験を積んだ職人が、毎日気温や卵の状態に合わせて、生地の混ぜ具合や焼き加減などを調整して作っている「手作りの味」です。
宮城県白石市では、地元蔵王の新鮮な卵をたっぷりと使用したカステラがお礼品に選ばれています。全卵にさらに黄身を足すことで、旨味とコクのある贅沢なカステラに仕上がっています。
秋田県横手市では、横手を代表するローカルフード「豆腐カステラ」がお礼品に選ばれています。豆腐カステラは横手市など、秋田県の県南地域で古くから冠婚葬祭のお膳や、おやつやお茶請けに食べられてきた甘い豆腐料理です。豆腐のなめらかな口当たりと、食べごたえのある重量感は、一般のカステラとは一味違います。

関東地方

東京都昭島市のお礼品には、地元産の「美味くて多摩卵」を使用したカステラがあります。卵の濃厚な味がストレートに味わえるプレーンカステラと、地元で作られた醤油を使った黒カステラの2種が楽しめます。
千葉県袖ケ浦市では、若鶏が産んだ卵で、濃厚な卵白のブランド卵「ぷりんセス・エッグ」 を使用したカステラがお礼品に選ばれています。袖ケ浦の山で採れたはちみつの入ったカステラと、袖ケ浦産深蒸し茶葉が入ったお茶カステラは、どちらも地元の恵みたっぷりです。
群馬県榛東村のお礼品には、貴重な「国産鶏」が産んだ卵を使ったカステラがあります。
埼玉県春日部市では地元産のお茶を使ったカステラがお礼品に選ばれています。抹茶をふんだんに使用したカステラは、お茶の香りや旨味を存分に味わえます。
神奈川県藤沢市のお礼品には、辻堂東海岸の養蜂園で作られた「湘南はちみつ」を使用したカステラがあります。純度100%のはちみつを使用したカステラは、香り豊かでしっとりとした味わいで、藤沢市の観光名産品にも選ばれています。

中部地方

愛知県田原市には、渥美半島産の「電子卵」を使ったカステラがあります。渥美半島で採れた天然菜の花はちみつを使用したカステラ、渥美半島産の完熟いちごを使用したカステラ、渥美半島産のメロンの香り豊かなカステラの3種類です。
愛知県安城市のお礼品には、老舗和菓子店が作る高級カステラがあり、はちみつの香り豊かなプレーンタイプと、地元産の抹茶を使用した濃茶カステラが選ばれています。
石川県白山市には、カステラ生地にバターを加え、栗の甘露煮とくるみがアクセントになったバターカステラがあります。また、大吟醸の酒粕を使って地元酒造店が作ったカステラは、酒粕の香りとしっとりとした食感が特徴です。
山梨県富士川町のお礼品には、バター、黒糖や抹茶、コーヒー、ゆずなどバラエティ豊かなフレーバーのカステラが揃っています。
岐阜県には、飛騨市で古くから栽培されている「えごま」を使用したカステラがあり、生地にえごまを混ぜ入れ、さらに生地の上からたっぷりとえごまをかけて焼きあげてあるので、えごまの香りとプチプチした食感が楽しめます。

近畿地方

滋賀県長浜市のお礼品には、滋賀県産の小麦粉と卵を使用し、栗ペーストを練り込んだ生地に大粒の丹波栗を贅沢に加えて焼きあげたカステラがあります。
和歌山県湯浅町のお礼品には、上質な小麦粉や有精卵、地元有田産のはちみつを使用したこだわりのカステラがあります。
京都府与謝野町産「京の豆っこ米」の米粉、与謝野町産大豆「サチユタカ」のおからと豆乳、京都府伊根町産の卵とこだわりの材料で作ったカステラは、ヘルシーな味わいに仕上がっています。
兵庫県西宮市には、生地に吟醸酒を染み込ませて焼きあげた、しっとりとした食感とお酒の芳醇な香りが楽しめるカステラがあります。
大阪府枚方市のお礼品は、オレンジ色の黄身が特徴の卵「蘭王」や国産小麦、国産はちみつ、国産和三盆糖など、厳選した国産素材を贅沢に使用し、黄身の色を活かしたオレンジ色のカステラです。
三重県鈴鹿市の金箔を使用したカステラは、表面に桜と鼓の優美な金箔模様が施されています。生地にも桜の葉を使用しているため、見た目も味も楽しめる贅沢な逸品です。

中国地方

山口県柳井市では、ふんわりとやわらかいカステラ生地に、山口県産牛乳で作ったまろやかなクリームを閉じ込めたお菓子がお礼品に選ばれています。お菓子作りには、工場地下から湧き出る美味しい水「琴水」を使って蒸しあげています。クリームのアクセントになっている栗は国産、生地には新鮮な山口県産卵と、材料にとことんこだわったカステラ菓子です。
岡山県津山市のお礼品には、地元津山産の小麦粉「ふくほのか」を使用したカステラがあります。優しい甘さの麦芽水飴を使用したカステラは、バターを加えることで、洋菓子のような濃厚な香りが楽しめます。

九州地方

長崎県の長崎カステラでも、特に濃厚な美味しさが際立つのが、「五三焼」と呼ばれる卵の黄身を贅沢に使ったカステラです。五三焼とは全卵に卵の黄身を追加して、卵黄5、卵白3の割合で作ったカステラのことで、現在ではお店ごとに配合は異なりますが、黄身を多めにして焼きあげたカステラを五三焼と呼んでいます。お礼品では、諫早市、時津町、佐世保市などのお礼品に五三焼のカステラが選ばれています。
長崎県諫早市には、はちみつの香り豊かなカステラや、国産黒ごまの香ばしい香りが楽しめるごまカステラ、深い香りが特徴の抹茶カステラもあります。半熟の生カステラは、「外はふんわり中はトロトロ」の食感が特徴です。
佐賀県唐津市にある老舗菓子店の職人が丁寧に焼きあげたカステラは、手に持つとしっかりとした重みがあり、食べるとしっとり、もっちりとした食感です。カステラの底にはザラメもついています。

カステラが日本に伝わった当初は、材料に使われていた卵や砂糖は高級食材であり、大変高価なお菓子でした。また、カステラは高い栄養価から「滋養食」としても注目されていました。江戸時代、長崎には全国から若者が集まり、医学や蘭学を学んでいましたが、彼らは滋味豊かなカステラに興味を持ち、製法を学んで自分の国へ持って帰りました。その結果、全国各地にカステラが広まっていったのです。
お礼品に選ばれているカステラは、各地でこだわりを持って飼育された鶏が産んだ卵を使用しています。卵の違いは、やわらかで口当たりの良い食感や、しっかりとしたコク、輝くような生地の色に表れます。ぜひ、各地のこだわりのカステラを手に入れて、その違いを味わってみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ