認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 お酒特集

お酒特集

日本にはおいしいお酒がたくさんあります。国名を冠する「日本酒」をはじめ、芋・麦・そばなどが主原料の「焼酎」、ぶどうから造られる「ワイン」、麦芽を原料とする「ビール」、他にも果実酒やウイスキー、リキュールなど様々です。 好きな銘柄のお酒を選ぶもよし、飲んだことのない珍しい地酒を選ぶもよし、ふるさと納税を通して日本のお酒を楽しんでみませんか?

北海道

食べ物の美味しさで定評がありますが、自然豊かで水もきれいな北海道にはおいしいお酒がたくさんあります。米の生産量全国第2位で、冷涼な気候とおいしい水といった自然の恵みもあり、日本酒の醸造が盛んです。北海道の日本酒は全体的に淡麗辛口が特徴で、やや淡麗な味わいが新鮮な魚介類によく合います。

お礼品には、純米吟醸「蝦夷山海(えぞさんかい)」、北海道限定の純米大吟醸「国士無双あさひかわ」、特別純米酒「男山(おとこやま)」など、名高い日本酒の銘柄が並び、町内・市内でしか販売されていない希少な地酒も提供されています。

また、生産量全国第1位のじゃがいもを使用した「じゃがいも焼酎」、北海道産のりんごを使用したシードルなど、米や芋に限らず北海道で生産された自然の恵みをふんだんに使ったお酒が多々用意されています。

北海道には大手ビールメーカー「サッポロ」のビール工場があります。本社は東京ですが、会社名の由来となった「冷製札幌ビール」を作る醸造所が明治9年に設立されたのが札幌市であり、現在は北海道限定ビール「サッポロクラシック」が生産されています。他にも「北の星流」「網走ビール」、北海道海洋深層水ビール「熊石伝説」といった地ビールがあります。

東北地方

冷涼な気候で全国有数の米どころの東北地方には有名な酒蔵が集中しています。

青森県の日本酒は、基本的には淡麗甘口が特徴です。酒造好適米(酒造用に作った米。酒米とも)を使用した、香りが良くすっきりとした味わいのものが多く見られます。お礼品には、下北半島以外にはほとんど出回らないお酒も多く、「北勇(きたいさみ)」や「北限海峡(ほくげんかいきょう)」、「寒立馬(かんだちめ)」など隠れた名酒が揃っています。さらに、青森といえばりんご。りんごワインやスパークリングワイン、洋梨のスパークリングと、青森産果物を使用したワインが並びます。

岩手県は南部杜氏(とうじ=酒職人)の里として古くから有名な酒どころ。現在日本最大の杜氏集団の南部杜氏が拠点とする地域で、日本酒の味わいの傾向は濃醇甘口です。明治4年創業の「株式会社あさ開」の日本酒「あさ開」は、純米大吟醸から特別純米酒まで、期間限定や本数限定のお酒も合わせて非常に多くのラインナップを誇ります。山田錦100%使用の「旭扇(きょくせん)」純米大吟醸はインターナショナルワインチャレンジでゴールド賞を受賞しました。

秋田県は米の生産量が全国第3位。米と豊かな水に恵まれた秋田では、山内杜氏の力を借りて酒造りを行っています。「まんさくの花」は全国的に有名ですが、県内限定流通のお酒も多々あります。県内限定の上撰「日の丸」、秋田県産の特別栽培米・美郷錦を40%まで磨いた純米大吟醸「白雲悠々(はくうんゆうゆう)」、秋田県産の米100%で仕込んだ純米酒「吟泉(ぎんせん)」などがあり、「吟泉」は全国燗酒コンテストぬる燗部門で3年連続金賞を受賞した逸品です。

福島県も古くから酒どころとして栄えた土地で、日本酒の全体的な傾向は淡麗辛口。全国新酒鑑評会で平成24年から4年間連続で金賞を受賞した大吟醸「廣戸川(ひろとがわ)」が有名です。福島県産の酒造好適米「夢の香り」を使用し、精米歩合40%まで磨いた逸品。

さくらんぼのイメージが強い山形県ですが、米の生産量は全国第4位、また有数のぶどう産地でもあります。そのため、山形県産のブランド米「つや姫」を100%使用した純米吟醸「あら玉」や尾花沢「雪山ぶどうワイン」など地域オリジナルのワインが生産されています。その他のお礼品にはそば焼酎「原幻(げんげん)」などもあります。

宮城県のお酒のルーツは伊達政宗と言われます。食通であることで知られた政宗公は酒も愛し、大和(現在の奈良県)から酒造職人を招き御酒御用として召し抱えました。それにより仙台藩内の醸造技術は発展・向上し、仙台城下にも酒づくりが広まったのです。そんな宮城県では、加美町のブランド銘柄である特別純米酒「天上夢幻」、純米吟醸「真鶴(まなつる)」、山廃仕込み純米酒「真鶴」などを用意しています。純米吟醸「真鶴」は冷やしてワイングラスで飲むのもおすすめです。その他、地酒「万葉美人」にごり酒、「万葉美人」特別純米酒など、多くのお酒が醸造されています。

関東地方

茨城県には、豊かな五つの水系を持つ自然のもと、関東随一の40を超える酒蔵があり、オリジナルの酒蔵好適米「ひたち錦」を使用した地酒に力を入れており、傾向は淡麗辛口です。ビールでは、国際ビール大賞を受賞した「牛久シャトービール」があります。製造元の牛久シャトーは、明治36年に茨城県牛久市に開設された日本初の本格的ワイン醸造所として有名です。

栃木県では、日本名水百選にも選ばれた尚仁沢湧水(しょうじんざわゆうすい)や出流原弁天池(いずるはらべんてんいけ)湧水といった水源の豊かな水を使用して酒造りが行われ、日本酒の味わいは濃醇甘口の傾向。また日本酒と飲用可能な温泉水を使用した珍しい梅酒などもあります。

群馬県は吹割滝(ふきわりのたき)をはじめ豊かな水源に恵まれ、口当たりの良い軟水は日本酒の醸造はもちろん、おいしいお米の栽培にも適しています。日本酒の傾向は淡麗甘口です。

東京都には蔵元は少ないものの、西部地区では多摩川水系の水を使い、高品質の日本酒を造っています。お礼品として用意されるのは、100%八王子産米で造られた八王子の地酒「高尾の天狗」や「八王子城」など。また、明治19年に造られた多摩最古のビール「TOYODA BEER」が130年の時を経て復刻されました。当時の新聞に掲載されていた醸造法を手がかりに造られ、ラベルも当時のものを忠実に再現しています。

千葉県の酒造りには長い歴史があります。江戸へお酒を送るのに便利な距離であったため、たくさんの酒蔵ができました。日本酒は淡麗辛口の傾向です。千葉では比較的新しい酒造好適米「総の舞(ふさのまい)」を使った酒造りが行われており、勝浦の地酒「腰古井(こしごい)」「吟の舞」「東灘(あずまなだ)」や横芝光町(よこしばひかりまち)の「光鬼舞(ひかりおにまい)」などがあります。

埼玉県では荒川水系と利根川水系の豊かな水を使用して日本酒を造っています。水は基本的に軟水で、口当たりがやわらかく、まろやか。また平成16年に埼玉で開発されたオリジナル酒造好適米「さけ武蔵」が現在多くの県内蔵元で使われています。純米大吟醸「武蔵野」をはじめ、「大天授」や微発泡の純米吟醸「かけはし」など、さらに、地元の藤の花から採取した酵母を用いて作られた焼酎や、地ビール、果実酒もお礼品として用意しています。

中部地方

米の全国生産量第1位の新潟県は酒蔵の数でも全国第1位です。冬の寒さと長さがお酒の長期低温発酵に適しており、さらりとした味わいの日本酒が造られます。また日本を代表する酒造好適米「五百万石」の主な産地でもあります。新潟の水は基本的にミネラル分の少ない超軟水で、日本酒の傾向は一般的に淡麗辛口です。お礼品には、「千代の光」「麒麟山(きりんざん)」などの純米大吟醸から日本酒ベースの梅酒まで数多くそろっています。また新潟県の梅酒「こしのはくせつ」は、全国梅酒品評会2015の日本酒梅酒部門で金賞を受賞した逸品です。

山梨県はももやぶどうなど果物の生産が盛んな地域です。ぶどう生産に適した盆地特有の気候はワイン造りにも向いています。1000年近い歴史を持つと言われる日本固有の白ぶどう「甲州」から生まれた「甲州ワイン」は、国際ワインコンクールで2年連続金賞を受賞しています。山梨はミネラルウォーターの生産量が日本一で、富士山の伏流水と冬の厳しい寒さが酒造りに適し、日本酒はすっきりとした淡麗辛口の傾向があります。

長野県は新潟県に次いで酒蔵の数が多く、また、「米とずっきーに焼酎」のような個性豊かな焼酎もあります。

近畿地方

近畿地方は山地が多く平地が少ない土地で、全体的に濃醇甘口の傾向が強い日本酒が造られています。

兵庫県は酒蔵の数こそ全国で第3位ですが、お酒の生産量は日本一を誇ります。(※平成29年国税庁課税部酒税課「清酒製造業の概況」)酒造好適米の代表とされる「山田錦(やまだにしき)」は兵庫で生まれ、現在でも山田錦の8割以上が兵庫県産と言われます。また日本三大杜氏集団の一つ丹波杜氏の故郷でもあります。蔵元の数が多いことから、県内でも地域ごとに特色が分かれ、甘口も辛口も楽しめます。お酒の多くは、県産の山田錦や幻と言われる「山田穂(やまだぼ)」を使って造られています。

大阪府は、近畿地方で唯一日本酒の味わいが淡麗辛口の傾向にあり、古くから大阪特有の食文化とともに育ってきたため料理の味を引き立てるすっきりした喉ごしと深い味わいが特徴です。「片野桜(かたのさくら)」や「浪花正宗(なにわまさむね)」「秋鹿(あきしか)」などの純米大吟醸をはじめとして地酒がそろっています。

梅の生産量全国第1位を誇る和歌山県では、梅酒をはじめ果実酒の生産が盛んです。みかんやももなど果物が有名な和歌山には、あまり日本酒のイメージはないかもしれません。ふるさと納税のお礼品を見ると、梅酒をはじめみかんや柚子、レモンなどの果実酒やワインが並びますが、実は蔵元も多数存在し、「黒牛(くろうし)」や「羅生門(らしょうもん)」などおいしい日本酒が用意されています。

中国地方

中国地方の日本酒は全体的に甘口が多い傾向にあります。鳥取県は豊富な伏流水による名水どころとして有名です。この水は軟水で、口当たりの良いまろやかな日本酒ができあがり、傾向としては「淡麗辛口」。お礼品は、「諏訪泉(すわいずみ)」や「日置桜(ひおきざくら)」「いなば鶴」「冨玲(ふれー)」などの純米大吟醸から日本酒ベースの梅酒まで各種。また、珍しい酒造好適米「強力」の名を冠した純米吟醸酒や大山の伏流水で仕込んだ地ビール、焼酎なども用意されています。

島根県の出雲大社には日本酒にまつわる伝説があり、日本酒発祥の地とも言われ、お酒の神様を祀る神社もあるほどです。島根の日本酒は一般的に濃醇甘口が特徴。お礼品には「出雲誉(いずもほまれ)」や無濾過生原酒の「KAKEYA」などが用意されています。

岡山県は一級河川の豊かな水と、岡山平野という自然に恵まれた土地です。明治から栽培されているとされる酒造好適米「雄町米(おまちまい)」があり、また名水百選の一つ塩釜の冷泉もあり、古くから酒造りに適した土地です。備前杜氏の技により、濃醇甘口の傾向のおいしい日本酒が多く醸造され、地酒「御前酒(ごぜんしゅ)」や「剣聖武蔵」、桃太郎に登場する鬼のモデルとなった人物の名前からとった「温羅(うら)」などがあります。地ビールもあり、「宇宙ラベルシリーズ」は国際ビール品評会で金メダルを受賞した逸品です。

温和な気候と豊かな土壌の広島県。安芸津町(あきつちょう)は広島杜氏発祥の地と言われ、明治30年に軟水製造法が考案されて独特のまろやかな日本酒が造られるようになり、傾向は淡麗甘口です。お礼品には、名酒「三段峡(さんだんきょう)」の復刻版となる純米大吟醸「笹乃露(ささのつゆ)」や、どぶろく(にごり酒)の「せら恋し」など、またウイスキーや広島産ぶどう100%のワインなども用意されています。

山口県は三方を海に囲まれた自然豊かな土地です。オリジナル酒造好適米「西都の雫(さいとのしずく)」をはじめ県産米にこだわった酒造りを行なっており、海の幸にも山の幸にも合う淡麗な味わいのお酒が特徴です。比較的新しい純米大吟醸の銘酒「獺祭(だっさい)」は特に有名で、お礼品には「獺祭」の最高峰とされる「獺祭 その先へ」をはじめ多くの銘柄があります。

四国地方

愛媛県は知られざる酒どころです。酒造りの起源は戦国時代にまで遡るとされ、有能な杜氏がいたと伝えられています。四国山地の豊かな伏流水と、一見穏やかながらも冬は寒さの厳しい気候が酒造りに適した土地です。酒造好適米「松山三井(まつやまみい)」があり、独自の酵母も開発しています。瀬戸内海でとれる白身魚をはじめとする海の幸に合うよう、日本酒は淡麗甘口の傾向。お礼品には、「城川郷(しろかわごう)」や「尾根を越えて」、全国新酒鑑評会で金賞受賞の隠れた銘酒「山丹正宗(やまたんまさむね)」などが用意されています。

高知県は、四万十川や物部川の美しく豊かな水を使用し、暖かい土地ながら質の高い日本酒を製造しており、傾向は淡麗辛口。高知生まれの酒造好適米に「土佐錦」「吟の夢」「風鳴子(かぜなるこ)」があり、それまで県外に頼っていた酒米を地産地消できるようになりました。お礼品には「土佐しらぎく」「土佐鶴」「久礼(くれ)」など有名どころがそろっています。また最近では海洋深層水で仕込んだ吟醸酒「土佐深海」など新しい取り組みがなされています。

香川県は瀬戸内海と讃岐山脈に面しており、海の幸にも山の幸にも恵まれた地域です。地元の酒造好適米「オオセト」を使った銘柄「金陵(きんりょう)」の純米大吟醸や吟醸から地産の果物を使った果実酒まで多種用意しています。

徳島県では酒造好適米の代表とされる「山田錦」や「美山錦(みやまにしき)」が生産され、特に阿波市は「山田錦」の全国有数の産地で、「阿波山田錦」と称し徳島ならではの特徴があります。讃岐山脈や四国山脈からの豊富な伏流水と地産の酒造好適米を使った地酒がたくさん造られ、全体の傾向は淡麗甘口ですが、辛口も多数見られます。「瓢太閤(ひさごたいこう)」の大吟醸は平成29年の全国新種鑑評会で16回目の金賞を受賞した逸品です。

九州地方

九州のお酒といえば焼酎をイメージする人が多いでしょう。実際、焼酎の出荷量は大分県が全国第1位で、2位以下も鹿児島、宮崎、熊本、沖縄と上位は全て九州地方の県が占め、「黒霧島」「赤霧島」などは全国的に有名な銘柄です。しかし九州はお米の産地でもあり、日本酒造りにも力を入れています。九州や沖縄の日本酒は全体的に甘口の傾向があります。

福岡では本格焼酎「耶馬美人(やばびじん)」が人気です。純米焼酎と純麦焼酎があり、年間製造数は一升瓶にして6万本と非常に少なく、なかなか手に入らないお酒としても有名です。またモンドセレクション国際大会で3年連続金賞を受賞した40度の麦焼酎「梟」は樫樽で長期間熟成させ、独特の香りとまろやかさが特徴です。
日本酒では県最古の蔵元による新ブランド「大賀(おおが)」があり、純米大吟醸はインターナショナルワインチャンレジのSAKE部門で銀賞を受賞した逸品です。

佐賀県を代表する芋焼酎「魔界への誘い」の「綾紫(あやむらさき)」は九州の限定品で、域外にはなかなか出回りません。
また特別純米酒「純天山(じゅんてんざん)」は佐賀県産の原料にこだわって造られた県内でも人気の日本酒です。

一口にお酒と言っても、その種類は日本酒から焼酎、ビール、ワイン、果実酒、リキュールまで様々です。

日本酒は主に清酒を指し、米と米麹で造られるお酒です。精米歩合により大吟醸・吟醸・本醸造などに分けられ、醸造アルコール無添加のものは純米酒と呼ばれます。地域の特色をいかして造られる日本酒は、今や海外でも人気です。

日本酒の原料となるのは米と米麹、水です。米は日本全国で生産され、各都道府県で新品種開発も盛んに行われています。生産量で見ると上位にランクインするのは北海道や東北地方をはじめとする東日本に多く、逆に西日本は下位となっています。

日本酒は本醸造酒・吟醸酒・大吟醸酒・純米酒・純米吟醸酒・純米大吟醸酒・特別純米酒・特別本醸造酒のように分けられますが、違いは精米歩合と醸造アルコール添加量。まず純米というのは、「醸造アルコールが入っていないお酒」のこと。吟醸と大吟醸は精米歩合の差です。米の削り具合を表す言葉で、削った割合が多ければ多いほど、数字が小さくなります。精米歩合が70%以下で「本醸造」、60%以下で「吟醸」、50%以下で「大吟醸」と区分され、基本的には精米歩合が低い方が
すっきりした味わいで、日本酒特有の香り「吟醸香」が現れやすくなります。一方で精米歩合が高いものは芳醇なしっかりした味わいになります。精米歩合が低いほど米を多く削っている、つまり手間とコストがかかっていて価格も高くなります。

日本酒の味や風味は、土地によってその特性が全く異なります。各地の気候や地形によって米や水の質や味が変わるように、それらを使って造られる日本酒にも違いが表れます。また、日本酒を造る職人の杜氏によっても違いが出ます。日本各地にいる杜氏にはそれぞれ土地に代々伝わる酒造りの製法や技があり、どの杜氏が造るかによってできるお酒の特色が変わるので、その土地特有の日本酒の味を決める要素は水と米、そして杜氏と言えます。

焼酎は穀類や芋類、糖類をアルコール発酵させて造った蒸留酒です。お礼品には、代表的な芋や麦、そばだけでなく、米やズッキーニなど個性豊かな原料を使った焼酎も用意されています。

仕事の後に飲みたくなるビールには、全国的に流通している大手メーカーのもの以外にも、ふるさとそれぞれの味が楽しめる地ビールが非常にたくさんあります。

今回ご紹介した中にも、初めて聞く銘柄や気になったお酒が少なからずあったのではないでしょうか。ふるさと納税を利用して、その土地特有の気候や文化から生まれた、生産者のこだわりの詰まったお酒をぜひ堪能してみてください。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ