認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 和菓子特集

和菓子特集

いつもと違うお菓子を食べてみたいと思うなら、ふるさと納税のお礼品で和菓子を選んでみてはいかがでしょうか。お礼品には、地域の特徴を生かした和菓子が用意されています。そうした和菓子には、長い歴史やその土地の文化などを感じることができるという魅力もあります。お礼品の和菓子には何があるか、見ていきましょう。

北海道

北海道のお礼品の中には、地域のこだわりを生かした和菓子が多数あります。北海道ならではの材料を使用しているので、現地で食べられているおいしさをそのまま味わうことができます。
たとえば、北海道産のもち米である「はくちょうもち」を使用したクリーム大福のセットがあります。ヨモギや塩豆など定番の味とともに、メロンやハスカップといった北海道らしさを感じさせるものも取り入れられています。見た目も味に合わせてカラフルにかわいらしく仕上げられているので、楽しく食べられるクリーム大福です。
また、北海道産の小豆を使用した羊かんの食べ比べセットもあります。一般的な黒糖羊かん、栗羊かん、抹茶羊かんのほかに、トマトを使用したトマト羊かんが入っています。トマトを使用した羊かんは全国的に見ても珍しいので、この機会にぜひ味わってみてはいかがでしょうか。
さらに、北海道産のえびすかぼちゃとさつまいもをそれぞれ使用したまんじゅうもあります。これらは、「かりんとうまんじゅう」と呼ばれるもので、外側はカリッとした食感を楽しむことができます。
ほかにも、地域のキャラクターがあしらわれたデザインの、パッケージが特徴的な和菓子もあります。
お礼品として選ぶことができる和菓子は、まんじゅうや塩大福などバリエーションが豊富で楽しみながら食べることができます。北海道のお礼品の和菓子は、地元の食材をたっぷり使用したものがたくさんあります。地元で親しまれるおいしさを選んでみてはいかがでしょうか。

東北地方

東北の和菓子は、その地域で昔から食べられているものや地元の名産品を生かしたものなどがあります。青森のお礼品として、地元でよく食べられている南部せんべいがあります。
南部せんべいは焼き方に特徴があり、「みみ」と呼ばれる縁がついているのが特徴です。小麦粉で作られており、基本は白いせんべいです。胡麻や豆が入っているせんべいもあります。お礼品として用意されている南部せんべいは、林檎せんべいやほたてせんべいなど地域の特産品を生かしたさまざまなフレーバーがセットになっています。
東北のお礼品としては、ほかにもせんべいが多数用意されています。「ひとめぼれ」や「つや姫」といった各地の名産品のお米を使用したせんべいがたくさんあり、どれも魅力的です。
また、福島の和菓子としては、名物の「玉羊羹」もあります。お礼品では、抹茶などさまざまな味がセットになっているので、少しずつ楽しむことができます。玉羊羹を扱ったお礼品の中には、かわいらしいハート型の玉羊羹と梅やもものリキュールがセットになっているものもあります。梅やもものリキュールはもちろん地場産の果物を使用しています。
宮城の和菓子としては、特産の梨を使用した、かりんとうなどのセットもあります。梨を使ったさまざまなお菓子を味わうことができるので、梨がお好きな方にはたまらないお礼品ではないでしょうか。東北の昔ながらのおいしい和菓子をこの機会に味わってみてはいかがですか。

関東地方

羽田空港、成田空港を有する関東は、お土産などにもよく利用される和菓子が多数あります。地域の特色を感じられるものが多いので、食べながらその土地に思いを馳せることができるものばかりです。
たとえば、神奈川のお礼品としては、歴史ある和菓子の詰め合わせがあります。もなかやゆべしなどに加え、ゆずあんをはさんだカステラ焼きなど、職人の手によって工夫されたおいしさが詰まっています。和菓子には地域の自然を意識したデザインが取り入れられており、見た目も楽しむことができる内容です。
また、千葉には、縁起のよいあられのお菓子があります。地元の「八福神」にちなみ、8種類のあられが1袋の中に詰められているので、さまざまなおいしさを楽しむことができます。1つずつ味わうことで、八福神のご利益をしっかり得られるのではないでしょうか。
ほかにも、埼玉のお礼品として、栗まんじゅうや月餅の詰め合わせもあります。こだわりのあんがふんだんに使用され、その中に栗やレーズンなどそれぞれアレンジが効いているので、さまざまなおいしさを楽しむことができます。昔懐かしい味わいながら、洋風のエッセンスも加え、世代を越えて誰もがおいしく食べられる工夫が施されているので、おやつとしてみんなで手を伸ばしたくなる和菓子です。
関東の和菓子はそれぞれの地域の特産品を使用しているものが多いです。普段はなかなか食べることのない特産品を和菓子で味わってみてはいかがでしょうか。

中部地方

中部にも、地域でとれる食材を使用した、素材を生かした和菓子がたくさんあります。長い歴史があるものも多く、地域に古くから親しまれた味わいで多くの人を魅了しているものばかりです。
まず、長野のお礼品として名を連ねている和菓子として、柿の特徴を生かした上品なお菓子があります。砂糖を使わず、素材の甘みを大切にしているというのもうれしいポイントです。干して甘さを引き出した特産品の「市田柿(いちだがき)」に、甘さと香りが自慢の種子島産「安納芋(あんのういも)」のペーストを入れています。自然な甘さがマッチした、ほかにはない濃厚な味わいです。
さらに、石川の和菓子としては、加賀藩御用葛として400年もの歴史がある「宝達葛(ほうだつくず)」を使用した貴重なくずきりがあります。特製の黒蜜がついており、優しい味わいを感じることができるでしょう。歴史を感じられる、特別なお菓子として味わってみてはいかがでしょうか。
また、愛知には数々のタイトルをほしいままにしている抹茶を産出していることから、抹茶を使用した和菓子と抹茶がセットになったお礼品もあります。香り高い抹茶の風味を存分に感じられる、豪華な内容です。抹茶のおいしさを生かした内容となっているため、抹茶好きな方なら特に満足できるお礼品だといえるでしょう。
このほかにも中部には、地域の中で育まれたさまざまな特産品を使用した和菓子が多くあります。素材の味や風味がしっかり生かされているので、地域の特産物を改めて感じるきっかけにもなりますね。

近畿地方

近畿には見た目やコンセプトまで楽しむことができる素敵な和菓子がそろっています。こちらも地域の特産品がふんだんに使用されている上に、食べ応えがあるものが多いのも特徴的です。
和歌山には、和歌山産のみかんを丸ごと使用したぜいたくな大福があります。大福を半分に切ってみると、大福の中には皮をむいた状態のみかんが丸ごと1つ入っています。みかんとおもちの相性を考えて作られているため、酸味と甘みの絶妙なハーモニーを楽しむことができます。
また、京都には、地域に存在する日本最古の椿をモチーフにした焼き菓子があります。ピンク色でかわいらしい花の形をしたお菓子、和を題材にしたダックワーズですが、見た目にも楽しく食べられる一品です。
かわいらしい和菓子としては、兵庫のいちじくを使用したおもちも外せません。地域の特産品である「おのこまち」といういちじくを使用しており、優しい甘さが魅力のお菓子に仕上がっています。冷やすとよりおいしく食べることができるので、夏のおやつとしても最適。
さらに、大阪には老舗の和菓子店が作った絶品のどら焼きもあります。粒あんや大きな栗、金柑、生クリーム、バターなどがそれぞれ使用されており、1つだけでもかなりのボリュームとなっています。こだわりの材料で作られたどら焼きは、病みつきになること間違いなしのおいしさです。
近畿のお礼品もまた、果物などの特産品をぜいたくに使用した和菓子がありました。特別なおやつとして食べてみてはいかがでしょうか。

中国地方

中国地方のお礼品として用意されている和菓子は、歴史や伝統のある確かなおいしさが詰まった品々が揃っています。
たとえば、広島のお礼品には、地元で40年以上人気を保ち続けているたい焼きがあります。その人気の秘密は、伝統を守りつつ、時代の変化に合わせて作り方を進化させてきたところにあるようです。あんこがしっぽまでたっぷり入っており、皮はサクサクに仕上げられていて、まさに理想のたい焼きともいえる逸品です。冷凍で配達されるので、ご自宅でも本場のおいしさをしっかり堪能することができるでしょう。
さらに、山口の和菓子としては、地域の銘菓である「翁あめ」があります。あめという名称ではありますが、実際には寒天や水あめなどで作られているため、ゼリーやおもちのようにとろりとした食感が楽しめるお菓子です。その上品な味わいはお茶うけとしてもうってつけです。
島根のお礼品としては、手作りの団子ときなこもちのセットがあります。契約を結んでいる農家で育てられたもち米は、おもちの作り手である和菓子屋がしっかりと見守る中、田植えから稲刈りまで丹精込めて作られた逸品。それを使用して一つひとつ丁寧に作られた和菓子は、どれも作り手の温かい心を感じることができます。
中国地方の和菓子には、作り手のこだわりがしっかり伝わってくるものがたくさんあります。地元の人が食べているもののおいしさを楽しむことができるというのは、ふるさと納税だからこその魅力ではないでしょうか。

四国地方

お礼品として四国の地域を代表する和菓子をご紹介します。香川のお礼品は、“香川らしさ”を感じることができます。たとえば、うどんを揚げてカリッとした食感が楽しめるように工夫されたお菓子がそれです。ほかにも、瀬戸内海でとれた魚介のうまみを閉じ込めたせんべいなど、地域の魅力をお菓子で感じることができるような内容となっているのが魅力です。
徳島のお礼品にも、地域の味を楽しむことができるお菓子のセットがあります。名産の鳴門金時をふんだんに使った、素朴でどこか懐かしい味わいが楽しめる内容になっています。また、地方によっては結婚式の引き出物として古くから親しまれている、砂糖がけの素焼きせんべいなどもあり、その土地の食べ物だけでなく、その土地の風習までも身近に感じることができます。
高知には、地域でとれたいちごを使用した珍しい羊かんのお礼品もあります。ほのかに甘酸っぱい香りとプチプチとした食感です。いつもとは少し違ったお茶菓子として楽しんでみてはいかがでしょうか。
また、愛媛の和菓子としては、老舗の和菓子店が作る、伝統の詰まった焼きまんじゅうがあります。小判型をしており、卵の黄身を練り込んだあと、それを包む皮にさりげなく含まれているシナモンの相性は抜群です。日持ちがすることに加えて、一口サイズというのも魅力。
四国のお礼品として和菓子を選べば、その土地の風習や歴史を身近に感じながらおいしく味わうことができるのではないでしょうか。

九州地方

九州には「おいしい食べ物がたくさんある」というイメージをもっている方も多いのではないでしょうか。このことは和菓子についてもいえることです。
たとえば、福岡のお土産としても人気のある「めんべい」があります。めんべいは、明太子などを使用して作られたピリ辛のせんべいです。パリパリとした食感もポイントとなっており、知名度が高い一品です。プレーン味をはじめとして、マヨネーズ味や玉ねぎ味など、いろいろな種類がセットになったものもあります。
長崎のお礼品としては、ビワを使用した和菓子の詰め合わせがあります。長崎はビワの収穫量の日本一を誇っており、特産品としても有名です(※農林水産省 平成28年産びわ、おうとう、うめの結果樹面積、
収穫量及び出荷量より)。
お礼品として受け取ることができる詰め合わせでは、ゼリーや焼き菓子、もなかがセットになっています。ビワのおいしさがしっかり引き出されているため、ビワの味を堪能することができるでしょう。
熊本のお礼品に「黒棒」というお菓子があります。黒棒はその昔、よく作られていたものの、現在作っているのは同地でも1店のみとなりました。80年もの間親しまれているその味は、今も変わることのない素朴なおいしさを守り続けています。生地には地元の卵を使用、黒糖でコクを出しているのが特徴です。高温で焼き上げられているため、サクッとした軽い食感を楽しむことができます。
地元にちなんだおいしい和菓子が九州にもたくさんありました。ふるさと納税のお礼品で和菓子をいただくのは、地域の人々に愛された伝統の味わいを堪能するよいきっかけになりますね。

お礼品として選ぶことができる和菓子を見てみると、それぞれの地域性が表現された魅力的なものが多数そろっているということが分かります。長い時間をかけて継承されてきたもの、地域の特色を生かす工夫が施されているものなど、その一つひとつに地域の熱いこだわりを感じることができます。お礼品として用意されているものは、どれも地元の人に愛されている地域の自慢の和菓子ばかりです。
お住まいの地域と離れた場所の和菓子を選べば、普段は味わうことのできない珍しいおいしさに出合えること間違いなしです。
地域で作られている和菓子には、長い歴史があるものもたくさんあります。時代の変化に合わせて味や食感に工夫が凝らされていることも多く、年代を問わずおいしく食べることができそうです。
地域で昔から親しまれてきたお菓子からは、その土地独特の文化が垣間見えることもあります。お菓子が作られた背景やコンセプトなどにも注目すると、それまで知らなかった地域の歴史やエピソードに触れることができるかもしれません。
各地の和菓子には、それぞれの地域でとれる特産品がふんだんに使用されているという特徴もあります。特産品はほかの地域では収穫できないため貴重な食品とされていることもあり、お菓子に使用することがなかなかできない場合もあるようです。そのため、特産品を使用した和菓子が食べられるのは、その地域だからこそのことだといえるでしょう。そして、そういった地域のおいしさが詰まっている和菓子に出合うことができるのは、ふるさと納税のお礼品だからだといえます。
その地方の特産品をぜいたくに使用したこだわりの和菓子を、ぜひ選んでみてはいかがでしょうか。これまでに食べたことのないような、新しいおいしさに出合うことができるはずです。地域の特産品を選び抜き、お菓子に仕上げる作り手は、多くの時間をかけて完成させています。中には、契約農家から仕入れた材料を使用しているというお店もあり、こだわりの強さを見て取ることができます。
丁寧に作られた和菓子は、味のよさとともに見た目も美しいものです。家族で食べるだけでなく、お客様用のお菓子としてお出しするにももってこいの品がそろっています。特に、上品な味わいのお菓子であれば、素敵なお茶うけになりますね。
最近では、日常の中で和菓子を食べる機会はあまりないという人も多いかもしれません。
量産することが難しい和菓子であればあるほど、値段も高くなってしまう場合があります。こういった事情によって食べる機会が減っている和菓子ですが、魅力的なものが多くあります。珍しくておいしいお菓子は、それをともにいただく人達との会話も自然と弾みそうです。ふるさと納税を利用して、普段はなかなか食べることのできないおいしい和菓子を選んでみてはいかがでしょうか。地元の人々に広く愛されている和菓子は、一口食べたらその理由が分かるかもしれません。
どうしてその土地に、その素材で、そのお菓子が作られたのか。どこで何がどのように作られているのか。ふるさと納税でお礼品に和菓子を選ぶということは、その土地の歴史を知り、土地に住む人を知ることにつながるのかもしれませんね。
ふるさと納税を通じて今まで出合ったことのない地域の魅力がつまったおいしい和菓子を体験してみてはいかがでしょうか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ