認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 スイカ特集

スイカ特集

ふるさと納税のお礼品には、夏の風物詩のすいかがあります。暑いときによく冷えたすいかを食べると、体の中から涼しくなります。夏にすいかを食べるのは、水分補給のためだけでなく、含まれる栄養や成分から見ても理にかなっています。すいかは種類が多く、日本各地の風土で育まれたおいしいすいかがそろっています。

北海道

北海道のすいか栽培は、石狩川水系に沿った上川盆地や石狩平野などを中心に行っています。三笠市は夕張山地の北西山麓にあり、石狩平野の東端に位置しています。この地域は、冬は石狩湾からの偏西風の影響を受ける豪雪地帯ですが、夏は比較的温暖で夏晴れの日が多く、農業に適した日本海側気候で、お米作りとともに、野菜や果樹の栽培も盛んです。
三笠市内にある農園の新しいブランドすいか「夏の女神」は黒皮すいかで、種がほとんどないので食べやすく、甘味が強いのが特徴です。三笠市のみで販売されている希少なすいかをお礼品として数量限定でお届けします。

近畿地方

和歌山県は西日本で有数の小玉すいかの産地で、印南町や御坊市などで生産が盛んです。
御坊市からは小玉すいかの「ひとりじめ」と「ひとりじめ7(セブン)」がお礼品として用意されています。一人でも食べきれる大きさなので、この名前がつきました。どちらも皮が薄くて甘味が強く、みずみずしい小玉すいかです。果肉がしっかりとしていて、大玉に近いシャリシャリとした食感も味わえます。ひとりじめ7は、ひとりじめと比べると皮の色が濃く、果肉の色も濃い鮮紅色になります。
また、和歌山県湯浅町からもおいしい小玉すいかが用意されています。

四国地方

高知県室戸市からは、「ほおばれ」という地元産のすいかが用意されています。種が少ないという特徴があり、果肉がしっかりしていてシャリ感に富んだすいかで、糖度は13~14度と非常に高く、強い甘味があります。
高知県奈半利町からは、県内の農園でとれた、シャリシャリとした食感がありみずみすしくて甘味の強いすいかが届きます。
すいかといえば夏というイメージがありますが、高知県芸西には11~12月に届くメロンとハウスすいかのセットがあります。1株につき1玉だけを残し大切に育て、完熟してから収穫するすいかは、糖度11度以上の甘さが自慢で、メロンと一緒に楽しめるぜいたくなセットです。

東北地方

山形県尾花沢市は、全国的に知られるすいかのブランド「尾花沢すいか」の産地で、甘味が強くシャリシャリとした食感のおいしいすいかが生産されています。大玉、小玉、大玉種なし、果肉がオレンジ色の大玉サマーオレンジすいかなど、いろいろな種類のすいかが揃っています。
山形盆地の北側に位置する村山市も、糖度が高くおいしいすいかの産地です。大玉すいかのサイズが豊富で、L玉から特大7Lサイズ(12kg以上)まであります。
秋田県横手市には、秋田県オリジナル品種の「あきた夏丸」と「あきた夏丸チッチェ」があります。あきた夏丸は糖度が高く、肉質が硬めでシャリ感が強く、切ったときに空洞や肉割れがないすいかです。あきた夏丸チッチェは、秋田夏丸の特徴を受け継いだ小玉すいかで、果汁たっぷりで皮近くまで果肉があります。

関東地方

千葉県からは芝山町の小玉すいかがお礼品として用意されています。芝山町は千葉県北東部の下総(しもうさ)台地のほぼ中央に位置しています。土壌は、数万年前に富士山や箱根などの山々が噴火したときに運ばれてきた火山灰が積もってできた関東ローム層と呼ばれる赤土です。土は何層にも重なっていて、芝山町がある関東ローム層の上部は、保水性や透水性がよい黒っぽい土におおわれています。また内陸特有の昼夜の寒暖差が大きい気候がすいかの栽培に適しています。
「ひとりじめ」、「ひとりじめBon Bon」、「スイートキッズ」など、どのすいかも大玉に負けないシャリ感と甘味の強さが特徴です。お礼品では、さまざまな種類の中から生産者が最適な組み合わせを考えて発送しています。

中部地方

静岡県函南町のお礼品として函南すいかが用意されています。このすいかは、函南町の平井地区や大竹地区などの中山間地域で生産されていて、「〇平(まるひら)」のブランド名で親しまれています。
この地域の火山灰を母体とする土壌と温暖な気候、そして昼夜の大きい寒暖差が糖度の高いすいかを生み出しています。一般的に夏すいかの糖度は11度以上で十分に甘いとされますが、函南すいかは13度以上に達するものもあります。糖度検査を行い、夏すいかで11度未満、秋すいかでは10.5度未満のものは出荷しないという徹底ぶりです。また、熟練した検査員が手でたたく検査で1玉ずつ品質を見極めています。甘さはもちろんのこと、切ったときの香りやシャリシャリとした食感が際立つすいかです。すいかの鮮度は先端のツルでわかるので、函南すいかはツルがついたまま届きます。

九州地方

熊本県のすいかはビニールハウスで栽培されているので、出荷のピークが4~5月と他の産地よりも早い時期から生産でき、しかも天候に左右されることもありません。また、熊本県のすいかは1株から1玉だけ収穫するため、その1玉に甘味が凝縮されています。
熊本県玉東町のお礼品には、玉東町の若手農家団「ぎょくだん」が丹精こめて作った黒小玉すいか、小玉すいか、大玉すいかが各種用意されています。
長崎県時津町からは、大玉で糖度12度以上の「祭りばやし」という甘いすいかを栽培しています。
鹿児島県指宿市には、「徳光(とっこう)すいか」という特産品のすいかがあります。徳光すいかは生産量が少ないので幻のすいかとも呼ばれており、シャリシャリとした食感と上品な甘さが楽しめます。

暑い夏に食べる冷えたすいかは、喉を潤し体中に涼を運んでくれます。夕涼みですいかを食べたり、すいか割りをしたり、すいかにまつわる夏の思い出がある人も多いのではないでしょうか。おいしく水分補給ができるだけでなく、熱中症予防や夏バテにも効果が期待できるすいか。ふるさと納税を利用すれば自治体や各地の生産者が自信を持って生産している、味と品質にこだわったすいかが届きます。すいかを作っている生産者やその土地に思いを馳せ、各地のすいかを食べ比べてみるのもいいでしょう。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ