認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 ぶどう特集

ぶどう特集

ぶどうの栽培は全国各地で盛んに行われており、ぶどうの王様と呼ばれる「巨峰」や、濃厚な甘みが魅力の「シャインマスカット」、一度に何粒もほおばりたい「デラウェア」など、さまざまな品種が生産されています。生産者の方たちが手間を惜しまずたっぷり愛情をかけ、まるで我が子のように育てあげたぶどうをぜひお試しください。

東北地方

東北地方はぶどうも多く収穫されています。
日本で昔から愛されてきた「デラウェア」は、小粒の実を2~3粒一度に頬張ると、あまい果汁が口の中いっぱいに広がります。「種無しぶどう」として子供のころからよく食べていた懐かしいぶどうではないでしょうか。
黄緑色で大粒の「シャインマスカット」は種がなく、皮ごと食べられて 濃厚な甘みが特徴です。
黒系ぶどう の代表格「ピオーネ」も栽培されています。ピオーネは巨峰に大変よく似ていますが、巨峰よりも粒が大きく食べごたえがあり、甘みも十分 で安定した人気があります。ピオーネには種ありと種なしがありますが、皮は剥いて食べます。

中部地方

中部地方はぶどうの収穫量が多く、山梨県と長野県が上位についています。
山梨県からは、定番のピオーネ、シャインマスカット、巨峰、「甲斐路」や甲州ぶどう」などが届きます。
長野県には、長野県で開発された品種の「ナガノパープル 」があります。皮ごと食べられる黒系のぶどうで、歯切れのよい大粒の果実が魅力です。
新潟県のぶどうもおいしく、糖度が高くて当地では果汁が豊富な赤系ぶどう「安芸クイーン」や、マスカットに似た黄緑色の「ロザリオ・ビアンコ」などが用意されています。ロザリオ・ビアンコは大粒であふれる果汁と上品な甘さが特徴です。
また、締まった果実の食感と強い甘みから贈答用として好まれる品種「高尾」は、収穫量が少なく貴重なぶどうです。

近畿地方

近畿地方では、和歌山県や兵庫県、奈良県、京都府などでぶどうの栽培が盛んです。
ふるさと納税では、人気の高い巨峰、シャインマスカット、ピオーネはもちろんのこと、濃厚な甘みと酸味 の「マスカットベリーA」、甘みが強くてパリッと歯切れのよい 「赤嶺」など、さまざまな種類のぶどうをご用意しています。
また、ナガノパ ープルも提供されています。このぶどうは、これまで長野県内だけで生産されていたのですが、2018年4月から長野県外での生産が許可されたぶどうです。

中国地方

中国地方でぶどうの栽培が盛んな地域は岡山県です。
岡山県のぶどうは高品質なものが多く、シャインマスカットやピオーネなど、大粒で房も大きくぷっくりと膨らんだ上質なものが揃っています。
岡山県の他、鳥取県や広島県、山口県でもぶどう栽培は行われています。

九州地方

九州地方で収穫されるぶどうの種類は豊富で、多くのぶどう園で産地直売やぶどう狩りなどが行われており、もぎたてのおいしいぶどう目当てにたくさんの人が訪れています。
お礼品として、巨峰、シャインマスカット、巨峰とマスカットのいいとこどりのピオーネ、小粒で甘いデラウェア、淡い緑色で大粒種なしの瀬戸ジャイアンツなど、高品質なぶどうが用意されています。
さらに、黄緑色で大粒の「ハニービーナス」は、ハニーという名前の通り、その強い甘味が特徴の珍しい品種です。ハニービーナスには種があるものもありますが、種なしがお好みの方には、 「ハニ ーシードレス」をおすすめ。こちらも同じ黄緑色の糖度の高いぶどうで、芳醇な香りのしっかりした実を持つぶどうです。

シャインマスカット

全国的に人気の高いぶどうのひとつが、こちらのシャインマスカットです。
2006年に登録された新しい品種で、大粒のきれいな黄緑色が印象的なぶどうです。
20 度という高い糖度と芳醇な香りの大粒の実が特徴。皮が薄い上に種がほとんどなく皮ごと食べることができる品種もあり 、たっぷりの果汁も余すことなく楽しむことができます。収穫後の日持ちもよいという、優れた特性も持っています。
大粒でとっても甘く食べやすいシャインマスカット。マスカット・オブ・アレキサンドリアに引けを取らないおいしさでありながら、栽培が比較的容易な品種もあるため 、全国的に栽培面積が増加 しています。
ハウスものは6月から始まり8月頃まで 、路地ものは8月から10月 まで収穫されます。

巨峰

巨峰は1942年に「石原早生」と「センテニアル」という2種類のぶどうの交配により誕生しました。その粒の大きさから「ぶどうの王様」と呼ばれています。
巨峰は濃い紫色の皮と、透明感のある薄緑色の果肉、濃厚な甘みとしたたるほどの豊富な果汁が特徴で、この味は日本人好みの味といわれています。
もともと巨峰は種を持ちます が、近年は改良が進み「種なし巨峰」も市場に出回るようになりました。種あり巨峰はその味が濃厚でコクがあるといわれますが、食べやすさの面からは種なしが人気 で、巨峰の定番となりつつあります。
巨峰の旬は、やはり8月下旬から9月下旬でしょう。ハウスものも栽培されており、5月下旬から出荷される巨峰も あります。

関東地方

関東地方では、茨城県かすみがうら市から「ぶどうの王様」と呼ばれる大粒の「巨峰」が届きます。こちらの巨峰は、巨峰本来のおいしさで、コクのある甘さと上品な酸味が味わえる種あり巨峰です。
千葉県香取市では、最近人気が高まっているシャインマスカットが用意されています。大粒の黄緑色の果実で種がないので、皮つきのまま丸ごと食べられます。

四国地方

四国地方にも、たくさんの品種が用意されています。
ピオーネ、シャインマスカットはもとより、甘くて黄緑色のぶどうロザリオ・ビアンコや、根強い人気のデラウェア、そして鮮やかな赤色の「ゴルビー」などがあります。
また、楕円形の黄緑色で上品な甘みの「翠峰」、同じく黄緑色で果汁をたっぷり含み種なしで皮ごと食べられる 大粒の「瀬戸ジャイアンツ」もあります。
そして、絶対外せない銘品「マスカット ・オブ・アレキサンドリア」は、ローマ帝国時代から存在するというとても古い品種です。通称「ぶどうの女王」と呼ばれ、その高い糖度から高級品種として君臨し、贈答用としても喜ばれているぶどうです。このマスカット・オブ・アレキサンドリアを元に品種改良が様々されており、シャインマスカットなどの多くのマスカット系ぶどうが誕生しているのです。
マスカット・オブ・アレキサンドリアの栽培は難しく、全国でも生産地が限られるため、ふるさと納税のお礼品の中でも希少な一品となっています。

ナガノパープル

その名の通り、長野県で開発され、長野県のオリジナル品種として2004年に品種登録された比較的新しいぶどうです。「巨峰」と「リザマート」の掛け合わせで、「種なし、皮食、大粒」かつ「黒ぶどう」というところがポイントです。巨峰の芳醇な甘さと粒の大きさはそのまま生かされ、そこに、種がなくて、皮も食べられるという特性をうまく組み合わせました。香り高く酸味は控えめ、皮の渋みと相まって濃厚な味わいが魅力のぶどうです。
2018年4月から県外生産が許可されました。今後たくさんのナガノパープルが市場へ出回り、その人気がますます高まることが期待されます。
ナガノパープルは早生 種のぶどうで、9月上旬には成熟して出荷が始まります。一番の食べごろは9月上旬から9月下旬。収穫は10月中旬まで続きます。

ぶどうは全国各地で生産されており、北は東北から南は九州まで、お礼品としてたくさんのぶどうが出品されています。どの地域でも栽培されている定番のぶどうもあれば、生産地が限定されている品種もあります。
美しくておいしいぶどうを提供するためには、土壌作りから始まり、日光の当たり具合の調整、房づくり、病気や害虫予防のための袋がけなど、手間のかかる作業が山盛りです。ひとつひとつが手作業で、時間をたっぷり注いで育てています。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ