認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 もも特集

もも特集

甘味たっぷりなももは、子どものおやつや大切な方への贈り物としても大いに重宝します。白桃でもジューシーな甘みが特徴的な川中島白桃、肉厚な果肉がぜいたくな黄金桃など、魅力的な品種がたくさんあります。ほのかに漂う甘酸っぱい香り、とろけるような滑らかな舌触り、そして口の中で広がる天然の甘み、他の果物にはない、ももならではの魅力を堪能してください。

東北地方

東北地方では、福島県や山形県がももの産地として有名です。東北地方で栽培されているももには「あかつき」「まどか」「川中島白桃」「さくら白桃」「黄貴妃」など数多くの品種がありますが、「川中島白桃」は甘みと酸味のバランスが絶妙で、日持ちするため保存もしやすいという利点があります。

中部地方

中部地方のももの産地として、希少品種の「花嫁」で有名な山梨県を真っ先に思いつく方が多いのではないでしょうか。山梨県はももの収穫量も日本一(※1)に輝いています。
長野県と静岡県でもおいしいももが栽培されています。
中部地方で栽培されている主なももの品種には「浅間白桃」「花嫁」「川中島白桃」「あかつき」などがあり、他にもオリジナリティーあふれる独自の品種が数多く栽培されています。

近畿地方

和歌山県においてもも栽培の歴史は古く、「あら川の桃」として商標登録されているほど、名実ともにももの産地として知られています。
和歌山県で収穫されたももの中でも知名度の高いブランド品「あら川の桃」は、濃厚な味わいと程よい食感と日持ちする利点が相まって人気を博しており、「白鳳」「八幡白鳳」「清水白桃」などの品種が栽培されています。

中国地方

中国地方有数のももの産地として知られるのは桃太郎伝説で有名な岡山県で、広大な土地と温暖な気候が育むももの味わいは、他県のものとはまた異なる深い甘みを持っています。県を代表するももの品種の一つ「清水白桃」の特徴は、白桃という名のとおり白い肌に紅をさしたようにピンクのグラデーションが乗った上品な外見で、一口ほおばるとももの甘い果汁が滴り落ち、くちどけ良くなめらかな食感です。

四国地方

香川県は四国地方有数のももの産地として知られており、「日川白鳳」、「清水白桃」、「あかつき」などの品種が栽培されています。どれも肉質がとろけるようなやわらかさで、凝縮された濃厚な甘みとみずみずしい果汁が特徴です。

九州地方

九州地方でももの収穫量が多い福岡県では、長い期間で培ってきたもも栽培の経験と技術を生かし、温かな気候の中で自然の恵みを享受した甘味たっぷりのももが誕生しました。
九州地方のももは露地栽培とハウス栽培の両方が行われ、露地栽培のものは自然な味で肉厚、一方、ハウス栽培のももは香りが強いという特徴があります。

白桃

「白桃」は果肉も果皮もやわらかく、手で簡単に皮をむくことができ、果肉は肉厚でジューシー、一口食べると口の中に凝縮された甘みが広がります。
「白桃」の生産地としては岡山県が有名ですが、全国的に生産されていて、他にも山形県・福島県・長野県・山梨県・和歌山県などでも栽培されています。
この「白桃」が現在各地で栽培されている白桃系品種の祖先にあたり、「川中島白桃」「清水白桃」「白鳳」「あかつき」など多数の品種が生まれました。また、これらの派生品種と区別するために元からあった白桃を「純白桃(じゅんはくとう)」と呼ぶこともあります。

黄桃

ももの缶詰めには主に黄桃を使用しており、多くは果肉が黄色をしています。白桃に比べると果肉が肉厚でしっかりしており甘さが控えめなので、甘すぎるのは苦手だという方には好適です。
「黄貴妃」「ゴールデンピーチ」などいろいろな品種があり、熟しても甘すぎることはなく形も崩れにくいので保管しやすいのが利点です。
白桃に負けないくらい果肉がやわらかく甘みの強い品種が開発されています。生食用の黄桃は主に山梨県で生産されていますが、まだまだ全国的に見ても栽培農家が少なく流通量が他の品種に比べて少ないため、希少品として扱われています。

現在日本で栽培されているももの品種のほとんどは水蜜桃から品種改良によって生まれたものとその子孫です。明治時代、甘みの強い「水蜜桃」(すいみつとう)から食用としての栽培が広まり、水蜜桃の中から偶然発見された新品種が「白桃」と命名され、さらに「白桃」から「黄桃」が派生しました。
ももは日本中で好まれる果物となっており、北は東北地方から南は九州まで日本各地の農家で栽培されている人気のフルーツです。

【もものおいしい食べ方】
ももは果肉がやわらかくデリケートな果物です。常温で保管し、食べる1~2時間前に冷蔵庫へ入れて冷やしておくとうま味や甘みがさらに増します。常温で保管する期間が長くなる場合には、ビニール袋に入れ野菜室で保存すると、ももの鮮度を一定に保つことができます。ビニール袋に入れないと、ももの香りが他の野菜などに付いてしまうだけでなく、もも自体の香りも発散してなくなってしまうため注意してください。冷蔵庫がいっぱいのときは食べる前に氷水につけて冷やしておく方法がおすすめです。
ももに傷をつけてしまうと腐敗が早まるため、保管作業は慎重に行ってください。

【もものむき方】
包丁や果物ナイフでももの皮をむく方が多いと思いますが、包丁やナイフで皮をむくと、表面の一番甘い部分を皮と一緒に削り取ってしまうため、手でもものお尻のほうから上に向かって優しく薄くむくようにしましょう。どうしても手ではなく、包丁や果物ナイフで皮をむきたいという方は、ももの皮に浅く切れ込みを入れ、そこから刃を差し入れて優しくはがしていけばおいしさを損なわずに食べることができます。ももの産地では、ももを食べる際に表面のうぶ毛だけをきれいに取り除き、皮はむかずにそのままかじるそうです。
ももの中央部分にある大きな種はスプーンなどで優しく取り除きましょう。

◇参考・参照元
※1)平成29年農林水産省「作物統計」http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/index.html

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ