認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

ふるさと納税 いちご特集

いちご特集

フルーツの中でも性別や年代を問わず人気の高いいちご。ほどよい酸味と甘味がマッチした甘酸っぱさが魅力的です。いちごは、日本全国の土地で栽培されています。地域特有の品種も豊富なので、さまざまな味わいを楽しむことが可能です。ふるさと納税のお礼品の中にも、おいしいいちごが多数そろっています。

北海道

自然豊かな大地が広がる北海道地方では、たくさんの品種のいちごが育てられています。北海道は降雪量が多く、他の地域に比べて気温の低い時期が長いため、北海道におけるいちごの収穫は他の地域よりも遅く、夏の時期が中心となります。具体的には、5月中旬から6月中旬にかけての短い期間のみ収穫が行われています。そのため、北海道産のいちごはとても貴重です。他の地域ではなかなか食べる機会がないため、ふるさと納税のお礼品としてぜひ食べてみてはいかがでしょうか。
北海道のいちごの品種としては、酸味が少なくて甘味の強い「けんたろう」があります。けんたろうは、「きたえくぼ」と「とよのか」を交配することにより作られた品種です。そして、2004年に品種登録された比較的新しいいちごです。現在では、北海道優良品種としても認定されており、品質の高さに定評があります。お礼品としてもけんたろうを選ぶことができるので、爽やかな甘さを堪能してみましょう。
北海道のいちごのお礼品としては、他にも冷凍いちご、アイスキャンディーも人気があります。どれも凍らせた状態で保存できるので、長く楽しめるのがうれしいお礼品です。冷凍いちごの品種は酸味があってさっぱりした味わいが特特徴の「すずあかね」です。ヘタがとられているので、そのままスムージーやジャムの材料として活用できます。アイスクリームやアイスキャンディーは、濃厚なミルクとの組み合わせによって、いちごのおいしさが存分に引き出されています。北海道のお礼品でいちごを選び、ふだんはなかなか食べられないおいしさを味わってみませんか。

東北地方

春先まで寒さの強い東北地方。春の暖かさの中で育つイメージが強いいちごですが、東北でもおいしいいちごがしっかりと栽培されています。東北のいちごの品種としては、たとえば福島県の「ふくはる香」があります。ふくはる香は、「章姫(あきひめ)」と「さちのか」の交配によって作られ、2006年に品種登録されました。ふくはる香はほどよい酸味がありながらも糖度が高いという特徴があります。こういった点から、福島の春の雰囲気とともにいちごの甘い香りを届けたいという思いが込められて、ふくはる香という名前がつけられました。東北のお礼品の中にも、ふくはる香が用意されています。寒さに負けない東北の甘酸っぱいおいしさを、この機会にぜひ召し上がってみてください。
また、いちごのお礼品として、地元でとれたいちごを使用したシュークリームも用意されています。いちごの甘酸っぱさを生かすため、甘さを控えめにして作られたスイーツです。絶妙なバランスのとれたおいしさは、地域の作物の特徴をよく理解している地元の菓子店が作るからこその味わいだといえるでしょう。東北のいちごをお礼品として選び、いちごのやさしい味わいを心ゆくまで堪能してみてはいかがでしょうか。

関東地方

関東地方でもいちごの栽培は非常にさかんです。特に、栃木県はいちごの生産量が全国1位となっています。また、栃木で開発された品種である「とちおとめ」は、全国の作付面積の3割を占めるとされています(栃木県「農業試験場いちご研究所」より) 。とちおとめは、「久留米49号」と「栃の峰」の掛け合わせによって生まれ、1996年に品種登録されたいちごです。とちおとめの人気の理由は、粒が大きくてとても甘いという特徴にあるといえるでしょう。お礼品としても、栃木自慢の「とちおとめ」が用意されています。見た目にも美しいとちおとめをぜひ味わってみましょう。
また、関東のいちごのお礼品としては、2011年に品種登録された新しい品種「スカイベリー」もあります。スカイベリーはとちおとめよりもさらに粒が大きく、ジューシーでまろやかな味わいが楽しめます。スカイベリーもまた栃木で生まれた品種ですが、群馬県で栽培されたいちごは品種もさることながら、県のいちご品評会で金賞を獲得したものが用意されています。いずれもこだわりをもって生産され、高い評価を受けているおいしいいちごです。
関東のお礼品としては、全国的に見ても人気が高いいちごがそろっています。甘くて爽やかなおいしさはもちろんのこと、見た目の美しさも楽しめる関東のいちご。この機会に、お礼品としてぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

中部地方

中部地方も、いちごの栽培が多く行われている地域です。とくに静岡県は、全国的に見てもいちごの収穫量が豊富だといえます。静岡のいちごといえば、「紅ほっぺ」が有名です。紅ほっぺは「章姫」と「さちのか」を掛け合わせて作られた品種で、2002年に品種登録されました。紅ほっぺは比較的粒が大きく、果実の中まで赤いのが特徴的です。甘味と酸味のバランスがしっかりととれており、コクがあります。そのため、ほっぺたが落ちるくらいのおいしさという意味を込めて紅ほっぺという名前がつけられました。お礼品としても静岡産の紅ほっぺが多数用意されています。いちごといえば甘酸っぱくてさっぱりとした味わいのものが多いのに対し紅ほっぺはしっかりとしたコクを感じることができます。いつも食べているいちごとは一味違う、濃厚なおいしさをぜひこの機会に味わってみてください。
中部のお礼品としては、他にも福井県や山梨県のいちごなどを使用して作られた、ジャムやジュースの詰め合わせなどもあります。いずれも素材の味を生かすため、余計なものを加えず自然な甘さに仕上げられています。生のいちごよりも長期間保存が利き、好きな時に味わうことができるのがうれしいポイントです。素材の旨味をしっかりと味わうことができる、中部のいちごのお礼品を選んでみてはいかがでしょうか。

近畿地方

近畿でもさまざまな種類のいちごの栽培が行われています。たとえば、和歌山県のオリジナル品種「まりひめ」。まりひめは「章姫」と「さちのか」を交配する中で生み出された品種です。まりひめという名前には、和歌山の民芸品である「紀州てまり」のように、かわいらしさから多くの人に愛される品種となってほしいという願いが込められています。まりひめは中まで濃い赤色をしているのが特徴的で、甘味が強くジューシーな味わいです。「まりひめ」は和歌山県外では栽培されていません。そのため、和歌山県外では、まりひめを実際に食べられる機会はなかなかないでしょう。しかし、お礼品の中には、貴重なまりひめも用意されています。お礼品としてまりひめを選べば、いつもは食べることができない品種のいちごを味わうことができます。まりひめは大粒なので、食べごたえも抜群です。
この他の近畿のいちごのお礼品としては、奈良県で開発された品種である「古都華(ことか)」もあります。古都華は「7-3-1」と「紅ほっぺ」を掛け合わせたことで誕生し、2011年に品種登録されています。酸味と甘味がともに強く、濃厚な味わいを楽しむことができるいちごです。食べごたえのあるおいしさをぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

四国地方

四国地方はさまざまなフルーツの栽培が行われています。いちごもその中のひとつで、オリジナル品種も豊富です。たとえば、香川県の品種である「さぬき姫」。「三木2号」と「さがほのか」という品種を掛け合わせることで生まれ、2009年に登録された品種です。おいしさと見た目の美しさを追求しつつ、養液栽培とよばれる栽培法で育てることを意識しながら作られました。養液栽培とは、水に肥料を溶かして作った液体を使用して作物を栽培する方法のことです。被循環型の養液栽培を行うと養液自体は掛け流しになるため作物の病気を防ぎやすくなります。また、作物の栽培における土寄せ、放肥、除草、耕起などの作業が従来よりも簡単になるため、人件費を削減できるというメリットもあるといわれています。このように、さぬき姫は新時代のいちごとして誕生しました。味わいとしては、果肉が柔らかくてみずみずしいのが特徴となっています。お礼品としてもさぬき姫が用意されています。県の威信をかけて丹精込めて育てたいちごをぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。
四国のお礼品としては、複数の品種のいちごが味わえる食べ比べセットもあります。さぬき姫とともに、「女峰」「さちのか」「おいCベリー」のいずれかのいちごを受け取ることが可能です。どれもおいしさに定評があり、人気が高いいちごばかりです。複数の品種のいちごを一度に味わうことができるのは、とても満足感があります。四国のいちごのお礼品を選んで、いちごのおいしさをたっぷりと味わいましょう。

九州地方

九州地方といえば、食べ物がおいしい地域というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。そんな九州では、おいしいいちごもたくさん栽培されています。とくに福岡県や熊本県は、いちごの名産地として全国に名を馳せています。たとえば、言わずと知れた「あまおう」は、福岡で誕生した品種です。2005年に品種登録されました。あまおうという名前は、「あかい」「まるい」「おおきい」「うまい」の頭文字をとったものです。また、甘いいちごの王様になるようにという願いが込められています。あまおうは名前の由来のとおり、濃い赤色で大きく丸みを帯びています。そして、甘味と酸味がしっかりと調和したジューシーな味わいとなっています。まさにいちごの王様ともいえるような、いちごの魅力が詰まった品種です。九州のいちごのお礼品の中でも、新鮮な生のあまおうはもちろん、冷凍されたタイプもいくつか種類があります。好みや使い方に合わせて選べるので、あまおうの魅力をしっかり堪能することができるはずです。
九州のいちごのお礼品としては、他にも佐賀県の「さがほのか」などいろいろな品種がそろっています。ビネガーやジェラートなど、いちごがおいしく加工された製品も多数あります。

中国地方

中国地方は全国的に見ても温暖で、農産物の生産がさかんに行われている地域です。植物を育てるのに適した環境が整っており、多くの果物や野菜が作られています。もちろん、いちごの生産にも力を入れています。たとえば、岡山県では、冬の時季からいちごの生産を行う栽培方法を実践している地域があります。40年以上前から、ハウス栽培を行うことで冬季にいちごを収穫しているのです。また、20年前からは高設栽培が行われるようになっており、いちごの色づきがよくなりました。高設栽培とは、いちごの実を地面から離した清潔な環境で栽培する方法です。お礼品として品質のよい大粒のいちごを手に入れることが可能です。
この他中国地方のいちごのお礼品としては、広島県の新鮮な朝どれいちごもあります。水と自然が豊かな環境で育ったものなので、水でサッと洗ったらそのまま口に運びたいいちごです。甘酸っぱくて爽やかなおいしさを感じられることでしょう。中国地方のお礼品としていちごを選び、地域の特色あふれる味わいを心ゆくまで堪能してみませんか。

いちごは多くの人に愛されているフルーツです。そのため、各地でさまざまな品種の開発が進められています。実は、いちごは、だいたい10年から20年程度で世代交代が行われるといわれています。お礼品として用意されているいちごについて、比較的新しい品種が目立つのはこのためです。より優れた品種が新しく誕生することにより、いちご全体の品質はどんどん向上しています。今までに食べたことのない品種のいちごを口にすることができれば、これまでに感じたことのない、いちごの新たなおいしさに出合うことができるでしょう。
そもそもいちごは、どのようにして食べられるようになったものなのでしょうか。野生のいちごも含めれば、人はいちごを石器時代から食べています。ただし、野生のいちごの実は、小粒のものがほとんどです。なお、石器時代はいちごの実だけでなく、葉や根まで食べていたといわれています。いちごが人の手で栽培されるようになったのは、17世紀ごろのヨーロッパです。野生の「エゾヘビイチゴ」を持ち帰り、畑で育てたのが始まりだとされています。そして、いちごの栽培が一般に広まったのは、200年くらい前からだといわれています。日本には、江戸時代の終わりごろに伝わりました。しかし、そのときは、いちごの栽培が定着することはありませんでした。今でこそ真っ赤ないちごは多くの日本人に愛されていますが、当時は血を連想させるとしてあまりよいイメージをもたれなかったようです。その後、明治時代に入り、改めてフランスからいちごが伝わったことで日本でもようやくいちごの栽培が始まります。ただし、当然ながら最初はとても貴重なものとされ、庶民にまで普及することはなかなかありませんでした。基本的には皇室で楽しまれ、「御苑いちご」や「御料いちご」といった呼び方がされていたといいます。初めのうちは、いちごは観賞用として親しまれることが多かったようですが、徐々に食べられる機会が増えていったようです。そして、庶民がいちごを口にするようになったのは、昭和に入ってからのことです。作物のビニールハウス栽培が主流になったことでいちごの生産量も増え、庶民にも手が届くものとなりました。甘酸っぱいおいしさと見た目のかわいらしさから、いちごは瞬く間に多くの人に好まれるフルーツとして定着していきます。そういった背景を受けて、いちごの品種開発も活発に行われるようになりました。
いちごの味の魅力といえば、ほどよい甘さと酸味の調和です。いちごはビタミンCが含まれ、栄養面から見ても優れた食べ物だといえます。一般的な大きさのいちごであれば、およそ10粒程度食べると1日に必要なビタミンCを摂取することができるといわれています。なお、いちごはヘタに近いほど糖度が低いです。そのため、いちごを食べるときは最初にヘタをとり、ヘタがついていたほうから先端に向かって食べるようにするのがおすすめです。そうすると、最初から最後までいちごの甘味を感じることができます。いちごはヘタを持って先端から食べるイメージがありますが、この食べ方ではヘタに近い部分を食べるときに酸味を強く感じやすくなってしまいます。お礼品として特別ないちごを選んだなら、よりおいしく食べる方法を知り、いちごのおいしさを余すところなく引き出して食べるといいですね。
またおいしいいちごの見分け方としては、皮の表面についている粒がくっきりとしており、ヘタがピンとしていてきれいなものほどよいといわれています。また、表面がきれいで傷がなく、艶やかなものがよいとされています。皮の色みは品種によって違うため、よい条件を一概に提示することはできませんが、基本的には色みが全体的に均一になっているものがよいようです。お礼品のいちごはどれもこだわりを持って育てられているので、そういった目利きのポイントに合致している優れたいちごが選別されています。特別なおいしさをぜひこの機会にしっかり堪能してみてください。
また、お礼品としていちごが届いたら、乾燥しないように注意して保存することが大切です。ラップで包んだりポリ袋に入れたりして冷蔵庫の野菜室へしまいましょう。食べ切るまでの日数は、いちごの品種や収穫日にもよりますが、2~3日のうちがベストです。お礼品として用意されているいちごはどれも貴重な品種ばかりなので、できるだけ新鮮でおいしいうちに食べることが重要だといえます。なお、いちごは水洗いをしたらすぐに食べたほうがよいでしょう。いちごは水につけると弱りやすくなるので、洗うのは食べる直前にしましょう。どうしても、いちごを数日中に食べ切ることができない場合は、冷凍保存をするというのもひとつの手です。その場合は、いちごのヘタをとり除き、軽く水洗いしたあとしっかり水気をとったうえで冷凍庫へ入れましょう。凍らせたいちごは牛乳やヨーグルトに入れたり、スムージーの材料にしたりするとおいしく味わうことができます。時間があるときに、手作りジャムに加工するのもよいですね。お礼品の中には、いちごを冷凍した状態で届けてくれるものもあります。そのため、どういった食べ方をしたいのかに合わせて、選ぶとよいでしょう。
いちごには、とてもたくさんの品種があります。それは、それぞれの地域がよりおいしいいちごを目指して試行錯誤している証拠です。次々に新しい品種が開発されているので、食べたことがない新しい品種のいちごを食べれば、これまでに感じたことのないおいしさに出合える可能性があります。いちごの品種の中には、それぞれの地域でしか食べることのできない貴重なものも少なくありません。地域が離れていると、そういった品種があるということ自体、なかなか知ることができませんよね。しかし、ふるさと納税のお礼品の中には、そういったとても貴重な品種のいちごがたくさん用意されています。そのため、お礼品の中からいちごを選べば、ふだんはなかなか食べることのできない品種を手に入れるチャンスとなるはずです。せっかくの機会ですから、なかなか食べる機会のないおいしいいちごを選んでみてはいかがでしょうか。もちろん、お礼品のいちごは特別なこだわりをもって作られたものばかりなので、好きな品種のいちごを選ぶ場合も、いつも食べているいちご以上の満足感を得られることでしょう。ふるさと納税のお礼品としていちごを選び、ふだん食べているものとは一味違う新たなおいしさに出合ってみませんか。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ