認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. おすすめ特集  > 
  3. フルーツ特集  > 
  4. シャインマスカット特集

ふるさと納税 シャインマスカット特集

シャインマスカット特集

シャインマスカットは皮ごと食べられるのが一番の魅力。口中に広がる、ジューシーでフルーティな味わいから、そのままでも、ケーキやタルトに使用してもおいしく食べられます。そんなシャインマスカット、実は全国で栽培されているのです。ふるさと納税のお礼品にも、自慢のシャインマスカットがたくさん用意されています。

東北地方

東北のシャインマスカットの産地といえば山形県。山形はとくにさくらんぼの産地としても有名ですが、最近ではシャインマスカットの生産もさかんになってきています。シャインマスカットは割と新しく栽培が始まった品種ですが、ぶどうの栽培自体は江戸時代から行われてきました。山形県はぶどう生産量について全国3位を誇っています。日当たりがよいことや昼夜の寒暖差が大きいことなどが、おいしいぶどう作りに非常に適しているのです。 お礼品としても、県内各地でとれた自慢のシャインマスカットが多数用意されています。たわわに実った大粒のシャインマスカットが上品な化粧箱に入って届くものもあり、格段の特別感があります。さらに、シャインマスカットが2kgも届く豪華なものや、さくらんぼやラ・フランスなどのフルーツとセットになったものもあります。山形のシャインマスカットを選び、その魅力を存分に楽しんでみてはいかがでしょうか。
他にも、秋田県でとれたシャインマスカットと日本酒というユニークなセットのお礼品もあります。さっぱりとしていて飲みやすい日本酒は、爽やかなシャインマスカットの味わいとよく合います。いつも頑張っている自分へのご褒美として選んでみてもよいですね。東北のシャインマスカットのさっぱりとした味わいを堪能しましょう。

中部地方

中部地方で最もシャインマスカットが多く栽培されているのは、山梨県です。山梨はぶどうの栽培面積や生産量において日本一を誇っています。山梨ではぶどうの栽培が約1300年前から始まったといわれており、非常に歴史が長いです。シャインマスカット以外にも、巨峰や甲斐路などたくさんの品種の栽培が行われています。生食用の品種以外にも、「甲州」というワイン用のぶどうの生産もさかんです。そんな山梨のお礼品として用意されているのは、大粒で1房700~800gほどあるシャインマスカットや、シャインマスカットのほかに巨峰と甲斐路がセットになったものなど、さまざまなラインアップがそろっています。どれもおいしそうなので迷ってしまいますね。また、シャインマスカット1粒1粒をこだわりの求肥や白餡で包んだ大福や、シャインマスカットや巨峰のジャムのセットといった加工品も豊富です。地元のシャインマスカットの特長を知り尽くした生産者によって作られているので、最高のおいしさが引き出されています。
長野県のシャインマスカットも人気があります。お礼品の中には、長野でとれたシャインマスカットをはじめとする数種類のぶどうのセットもあります。このセットは、全部で7~8房のぶどうが詰め合わせになっており、重さの合計は4kgにもなります。このお礼品を選べば、ぶどうのおいしさを思う存分堪能できますね。中部地方のシャインマスカットのお礼品なら、みずみずしいおいしさを心行くまで味わうことができるでしょう。

近畿地方

おいしい食べ物が豊富な近畿地方では、シャインマスカットも多く栽培されています。シャインマスカットは比較的新しい品種ですが、人気があることから各地で積極的に栽培がすすめられています。お礼品としては、和歌山県のシャインマスカットが目を引きます。また、厳選されたシャインマスカットとともに、巨峰や梨など旬の果物が詰め合わせになった豪華なセットもあります。さらに、シャインマスカットの他に、巨峰と赤嶺が一緒に届くお礼品も魅力的です。いずれも和歌山の豊かな環境で育ったおいしさを、存分に堪能できるものとなっています。一度にいろいろな果物の味わいを楽しめるのはうれしいですよね。
そして、シャインマスカットとともに、旬のおいしいぶどうのセットが届く三重県のお礼品も魅力的です。サニードルチェやクイーンセブンなどの中から、時期や生育状況に合わせて厳選されたものが詰められます。なるべく新鮮な状態で届けるための工夫として、発送日の早朝に収穫されるというのもポイントです。同じぶどうでも品種によって味わいが異なるので、食べ比べて楽しんでみてはいかがでしょうか。近畿地方のシャインマスカットのお礼品を選んで、旬のおいしさをしっかり味わってみてください。

四国地方

四国ではおいしいフルーツがたくさん作られています。そして、四国の中でもシャインマスカットの生産に力を入れているのが香川です。香川県では、シャインマスカットのブランド化を進めるため、栽培がさかんに行われています。香川のシャインマスカットは粒が大きいのが特徴的で、1粒が500円玉ほどの大きさに仕上げるのが基本とされています。香川では7月から9月にかけてシャインマスカットが出荷されますが、最盛期は8月です。そんな香川のお礼品としては、シャインマスカットの魅力を存分に感じられるものが多く用意されています。5~10房が届くご家族向けのものから、贈答用として利用できる包装がされているものまで、さまざまなラインアップがあります。この機会に、香川のシャインマスカットをお礼品として選んでみてはいかがでしょうか。
また、四国のシャインマスカットのお礼品として、徳島県産の手間ひまかけて作られたおいしいシャインマスカットを受け取ることができます。なお、ピオーネや藤稔など、他の種類のぶどうとシャインマスカットがセットとなっているものもあるので、一度に複数のおいしさを味わうことも可能です。四国地方のお礼品としてシャインマスカットを選び、フレッシュな味と香りを楽しんでみましょう。

関東地方

関東でもシャインマスカットの生産がさかんです。とくに茨城県では、人気の品種としてシャインマスカットの栽培に力を入れています。9月から10月にかけて出荷が行われており、茨城県内のさまざまな地域で、シャインマスカットが生産されているようです。茨城のシャインマスカットはお礼品としても人気が高く、粒の大きさや甘さに定評があります。お礼品としては、シャインマスカットと、ぶどうの代表格である巨峰がセットになって届くものもあります。シャインマスカットと巨峰を食べ比べて、おいしさの違いをぜひ味わってみてください。
この他に関東のお礼品としては、千葉県産のものもあります。千葉は梨やスイカの名産地として有名で、おいしいフルーツを育てるのに適した環境が整っています。そのため、千葉で育ったシャインマスカットは、おいしさをしっかり堪能できる逸品に仕上がっています。寄付金額によって1房または2房のシャインマスカットをお礼品として受け取ることができます。1房700g以上あるジューシーなシャインマスカットをぜひご堪能ください。ていねいに育てられた関東のシャインマスカットを選んで、旬を味わってみませんか。

中国地方

中国地方でも、シャインマスカットの生産が精力的に行われています。とくに岡山県では、全域でシャインマスカットの生産がさかんです。県内の139haでシャインマスカットが栽培されており、658tが栽培されています。栽培方法は、ハウス加温栽培や簡易被覆栽培などです。だいたい7月上旬から10月下旬にかけて収穫されます。また、岡山で生産されたシャインマスカットは「晴王(はれおう)」と命名されており、そういった点からも生産に力を入れている様子がうかがえます。晴王は東京や大阪などへも出荷されており、品質の高いシャインマスカットとして人気です。そんな岡山のおいしいシャインマスカットもお礼品として手に入れることができます。岡山のシャインマスカットはていねいに育てられており、贈り物としても活用されています。岡山のシャインマスカットをお礼品として選べば、特別なおいしさを堪能できること間違いなしでしょう。
また、島根県のシャインマスカットもお礼品として人気です。地域の豊かな環境を活用し、堆肥として地元の米農家の米ぬかを熟成させたものなどを使用しています。自然の恵みをたっぷり吸収しているため、豊かな香りや味わいを感じられるシャインマスカットに仕上がっています。中国地方のお礼品で、シャインマスカットの魅力を存分に感じてみてはいかがでしょうか。

九州地方

温暖な気候が魅力的な九州地方では、たくさんの作物の栽培が行われています。その中ではシャインマスカットの生産もさかんになってきており、注目を集めています。たとえば、福岡県のお礼品としては「生産量より質」というこだわりをもち、1粒1粒においしさが詰まっているシャインマスカットがあります。数量限定となっているので、迷っているならぜひ選びたいお礼品といえるでしょう。
他にも、熊本県のお礼品として、シャインマスカットとニューピオーネのほか、旬のぶどうを届けてくれるものもあります。昼夜の気温差が大きい地域ならではの環境を生かすことで、ぶどうは耐寒性を持とうとして糖化が進み、一段と甘くておいしい状態に仕上がるといいます。産地の特性を生かし、丹精込めた自慢のぶどうのセットです。3種類合わせて2kgが詰め合わせになっており、満足感を得られるお礼品になっています。
さらに、長崎県のシャインマスカットも魅力的です。香りも糖度もいずれも高いため、誰でもおいしく食べられます。上品な味わいが楽しめるので、お礼品として選んでみてはいかがでしょうか。特別なデザートとして食卓で楽しむこともできますし、お客様用のおもてなし品としても活躍するでしょう。九州地方のシャインマスカットをお礼品として手に入れれば、普段とは少し違った贅沢な味わいを堪能できるに違いありません。

甘くておいしいフルーツは、誰もが好きな農産物ですよね。贈り物として利用されることも多く、高級感があるのも魅力といえるでしょう。お礼品としてもフルーツは数多く用意されているので、ぜひ選んでみてはいかがでしょうか。とくに、シャインマスカットはおいしいだけでなく、皮をむくなどの手間かけず食べられるという気軽さがあります。それは、従来のぶどうとは違い、皮や種を気にすることなくそのまま食べられるという点です。この機会に、気軽に食べることのできるシャインマスカットを味わってみましょう。
シャインマスカットは、ぶどうの中でも比較的新しい品種です。農林水産省果樹試験場安芸津支場(現在の国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門)において作られた品種で、2006年に品種登録されました。シャインマスカットは、「安芸津21号」と「白南」を交配して生まれたものです。安芸津21号の親は「スチューベン」と「マスカット・オブ・アレキサンドリア」、白南の親は「カッタ・クルガン」と「甲斐路」で、いずれも品質が高くておいしいぶどうとして有名なものばかりです。シャインマスカットがおいしいのは、それぞれの長所を受け継いでいるためだといえますね。
シャインマスカットの味の特徴は、甘味が強くて酸味が弱いという点にあります。糖度は18~20度と高くなっています。そのうえ、渋味はほとんどありません。そして、マスカットの豊かな香りがすることに加え、果汁の量も他のぶどうと比較して多めです。そのため、甘くてジューシーな味わいが口いっぱいに広がります。粒の重さは10~15g程度あり、1粒1粒が大きめになっています。大きな実をたくさんつけたシャインマスカットの房は高級感があるので、贈答用としても人気が高いです。シャインマスカットは、マスカットのおいしさを存分に味わうことのできる品種だといえるでしょう。
シャインマスカットは、基本的に皮が薄く種がありません。もちろん、天候などの生育状況によっては、小さな種ができてしまうこともあります。とはいえ、ほぼ95%以上の確率で種無しにすることができるようになっています。そのため、基本的には粒は丸ごと食べることが可能です。皮も薄いため、房から実を外せばそのまま口にほおばることができます。噛めばパリッとした食感を楽しむことでき、あふれ出る果汁から豊かな風味が広がります。欧米では昔から品種に限らずぶどうを皮ごと食べ、種は飲み込むといった食べ方が一般的でした。しかしながら、日本人にはそういった食べ方に抵抗がある場合も多く、種や皮をていねいに取り除くという人も多いです。そんな中でもシャインマスカットを選べば、欧米のようにぶどうを丸ごと食べることができます。自然の恵みを無駄にすることなく食べられるというのはとても魅力的ですよね。シャインマスカットは、これまでのぶどうにはない手軽さとおいしさをもっており、一度食べると病みつきになる品種だといえるでしょう。冷蔵庫に入れて2~3時間程度冷やすとよりおいしく食べることができます。実を外さず軸ごと水洗いするとよいでしょう。余すところなく食べられるので、素材のよさを実感できます。また、生ゴミとして捨てなければならない部分が少ないのもうれしいポイントです。甘味の強さや見た目の美しさを生かし、ケーキやタルトの材料にしても華やかな印象に仕上げられます。
シャインマスカットが出回る時期は産地にもよりますが、全国的にみると7月頃から出回り始めて12月頃まで楽しむことができます。全国の中でとくにシャインマスカットを多く生産している長野や山梨では、4~5月頃からシャインマスカットが出回り始めることもあるようです。なお、シャインマスカットの栽培方法はそこまで難しくないといわれています。新しい品種を生み出す過程で、より簡単においしいぶどうを作ることができるように改良されました。そのため、良質でおいしい果実を効率的にたくさん作ることができます。おいしいぶどうをよりたくさん食べられるというのは、とてもうれしいことですよね。
おいしいシャインマスカットを選ぶには、軸が青々としているものを選ぶとよいでしょう。軸が茶色くなっている場合は軸が枯れていることを意味するので、収穫されてから日が経っているため新鮮ではありません。さらに、果皮は張りがあり、粒がふっくらと丸みを帯びているものほどおいしいとされます。緑色のぶどうは完熟すると皮が黄色っぽくなるのが一般的ですが、シャインマスカットの場合は完熟しても皮が緑色のままであることが多いようです。そのため、軸の色や果皮の張り具合からおいしさを判断します。お礼品のシャインマスカットは、こういった基準に合致した新鮮でおいしいものが用意されています。それぞれの地域の旬のおいしさをしっかり堪能することができるはずです。
また、シャインマスカットは他のぶどうに比べて日持ちがよいのも特長です。新鮮な状態であれば、3~5日程度は冷蔵庫で保存できます。ラップや新聞紙に包むなどして、冷蔵庫で保存しましょう。ラップや新聞紙に包むのは乾燥を防ぐためなので、もしなければポリ袋に入れて保存しても構いません。なお、たくさんのシャインマスカットが届いて3~5日程度では食べ切れないという場合は、房から1粒1粒をばらして冷凍保存するのがおすすめです。粒をばらすときは少し軸を残すようにしてはさみでカットするのがポイントです。冷凍用の保存袋などに入れて、冷凍庫にしまいましょう。このようにすれば、約1カ月はもちます。ヨーグルトに入れて食べたり、手作りジャムの材料として使ったりなど、いろいろな用途で楽しむことができるでしょう。
シャインマスカットはおいしさと手軽さから、子供から大人まで幅広い層から支持を集めています。粒は大きめですが、半分にカットするなどすれば小さなお子様でも無理なく食べられます。種がないのでカットするのも簡単です。食後のデザートとして楽しむこともできますし、お弁当に入れてもよいですね。1粒1粒が大きくて豪華な印象なので、お客様用としても活躍すること間違いなしでしょう。お礼品の中には、たくさんのシャインマスカットが詰め合わせになっているものも多いので、いろいろな使い方ができそうです。また、なかには、ジャムや大福など加工されたものもあります。そういったものを選べば、素材の味を生かした新しい味わいを堪能することができるはずです。
ぶどうは皮や種を取り除くのが面倒であまり食べてこなかったという方も、この機会にシャインマスカットを選んでみてはいかがでしょうか。シャインマスカットは手軽に食べられるだけでなく、味わいに対する評価もかなり高いです。栽培マニュアルを用意し、地域をあげて生産や栽培に力を入れているため、クオリティーの高さもうなずけます。普段はあまり食べることのない味わいを気軽に楽しめるというのは、ふるさと納税のお礼品の醍醐味でもあります。せっかくお礼品として選ぶなら、いつもとは違ったものを選んでみるのがおすすめです。シャインマスカットは全国的に栽培が行われているので、一度食べてみて気に入ればまた入手することもできます。お礼品として受け取った産地のものがとくに気に入った場合は、取り寄せができる場合も多いです。
やはり、シャインマスカットの最大の魅力は、ジューシーな甘さと、種が無いことによる食べやすさだといえるでしょう。シャインマスカットは、洗えばそのまま食べられる手軽なぶどうです。新しい品種ですが、他品種よりは栽培しやすいため人気はすでに非常に高くなっています。そのため、たとえシャインマスカットを食べたことがなくても全国的に栽培されているためお礼品として入手しやすく、おいしく食べられることでしょう。シャインマスカットの市場での人気ぶりを受けて、生産者も栽培にかなり力を入れています。とくにお礼品として用意されているシャインマスカットは、どれも強いこだわりをもって作られたおいしさあふれるものばかりです。地域によっては、シャインマスカットのブランド化に挑戦しているところもあり、今後ますます注目を集める品種となることが予想されています。そのため、シャインマスカットは、一度は味わっておきたいフルーツだといえるでしょう。それぞれの地域のジューシーなおいしさが詰まったシャインマスカットを、この機会に味わってみてはいかがでしょうか。ふるさと納税のお礼品としてシャインマスカットを選べば、特別なおいしさを心ゆくまで堪能することができるはずです。

同じカテゴリーの特集を見る

他のカテゴリーの特集を見る

ページ上部へ