認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県北大東村のふるさと納税・地域の情報

北大東村/きただいとうそん

沖縄県北大東村の地域情報

沖縄県北大東村は、沖縄本島から東方およそ360キロメートルに位置している沖縄県の最東端の北大東島と沖大東島のふたつからなっています。島尻軍に属しており、北大東島には人が住んでいますが、沖大東島は全島がラサ工業の私有地であり、在日米軍の軍事演習場として使用されています。北大東島は、珊瑚礁が隆起してできた島であり、中央部が盆地のようにくぼみ、大小20以上の天然の沼や湿地が広がっています。点在する16のため池は、2010年に農林水産省のため池100選にも選ばれいる美しい池です。盆地の周辺には小高い丘が取り囲み台風からの防風林としての役割を果たしています。紺碧の海の中にある断崖絶壁の島であり、観光地としても知られています。かつては燐鉱石の発掘が盛んでしたがサトウキビの栽培が現在の主流であり、区画整備された畑が広々と広がるほか、漁業も盛んです。

沖縄県北大東村のふるさと納税寄付の使い道一覧

・教育・文化の推進に関する事業
・保健・医療・介護・福祉の向上に関する事業
・産業の振興に関する事業
・生活環境の向上に関する事業
・その他目的達成のために村長が必要と認める事業

出典:古来の伝説うふあがり島北大東|行政情報|各課からのお知らせ|企画財政課|ふるさと応援寄付|北大東村ふるさと応援寄付条例
(http://vill.kitadaito.okinawa.jp/assets/files/kikaku/zyourei2.pdf)

沖縄県北大東村についてのイメージ調査

沖縄県北大東村はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県北大東村

【回答数】
自然:32
伝統:1
観光:10
経済:3
人情:0
閑静:2
便利:2



アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・北大東村は、北大東島と沖大東島で構成されており、北大東島は珊瑚環礁が隆起してできた島です。また、沖縄で最も早く朝日が昇る島とも呼ばれています。海にはウミガメやミナミユウゼンがいます。夏にはザトウクジラを見る事ができます。北大東島の形は、上空から見るとまるでオカリナのようであり、岸壁に寄せる波がフーッフーッと鳴き、サトウキビの葉がサワサワと風音を立てています。(40代/男性)
・北大東村は、北大東島と沖大東島を行政区画とする沖縄県の村。北大東島にある大小16ヶ所に点在するため池は、2010年に「北大東村ため池群」として農林水産省のため池百選に選定された。まぶしいほどの豊かな自然につつまれたまちです。交通の便などは今一つですが、それを補ってあまりある素晴らしいところです。穏やかな気候と南国特有のおおらかな人情に包まれて、ゆっくりと時を過ごすにはとてもいいところです。(50代/男性)

コメントからも分かるように、海に囲まれた離島から成っているという理由で選んでいる人が多いようです。
沖縄県北大東村は対象様々な離島で形成されており手付かず大自然が残っています。主な産業はサトウキビ生産を中心とした農業です。そのため自然というイメージを挙げた人が最も多い結果となりました。また周囲の海ではウミガメやクジラなど見ることができることから自然というイメージがピッタリですね。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・島の中央には大東宮があり、島民の信仰の対象となっている。北大東民族資料館は、島の開拓の歴史的資料を展示しています。黒部岬は、北大東島北西部に位置するかつてアホウドリが生息した岬です。様々な観光資源あるので、おすすめです。(20代/男性)
・南大東村は、沖縄本島の約400km東方に位置する南大東島を行政区画とする沖縄県の村です。島尻郡に属しており、開村以来サトウキビの生産が村の中心的産業です。近年航空機の大型化などで観光客が容易に訪れることが可能になり、豊かな自然を生かした観光地としても注目されてきています。(20代/女性)

コメントからも分かるように、観光地として定着しているという理由で選んでいる人が多いようです。
沖縄県北大東村では自然環境を活かした観光業も盛んです。特に飛行場が整備されてからは観光客にとっても身近な場所となり、毎年大勢の人が訪れるようになりました。北大東村に残る伝統や信仰も貴重な文化遺産となり多くの人が興味を持つようになっています。南国の雰囲気を味わうにはピッタリの場所です。

また、他にも経済、便利という意見も見られました。
・北大東村は、沖縄本島の東にある沖縄県の村です。沖大東島は、全島がラサ工業の私有地です。ラサ工業は、日本の化学メーカーで、社名は1907年にラサ島(沖大東島)で、肥料の原料となるリン鉱石を採掘したことに由来します。(30代/男性)
・北大東村の沖大東島は、全島がラサ工業の私有地であり、同社から貸与される形で在日米軍の射爆撃場として使用されている。そのため一般人は立ち入ることができない無人島である。(40代/男性)
・村でのTVの事始としては、昭和50年、南大東島に放送試験局が開設されたことで受信が可能となり、夕方4時間ほどの放送を視聴することができるようになった。この中継局では59年に衛星放送の実験放送が開始されたことから、ようやく他地域との同時放送が実現したが、NHKBSのみであること、また大東島諸島ではケーブルTVも整備されていないという事情から、沖縄本島でビデオ録画された番組をレンタルさせる店もあった。(20代/男性)

沖縄県北大東村と聞いて経済と答えた人も少なからずいました。これは大手化学メーカーの工場があることが関係しているようです。人口や経済規模は大きくはありませんが、古くから北大東村の土地は有効に活用されてきました。またテレビ放送も他の地域と同じように楽しめることから生活するうえで大きな不便を感じることはなさそうです。

沖縄県北大東村のイメージ調査の結果は自然と観光というイメージが先行する形となりました。特に離島ということもあり大自然に囲まれた環境を思い浮かべる人が多いようです。確かに沖縄県北大東村には沖縄の代表的な風景であるサトウキビ畑や美しい海、そして他では見られない動植物など観察することも可能です。近年は交通アクセスも改善されていることから、これからますます観光で訪れる人も増えることでしょう。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月26日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月26日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ