認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県渡嘉敷村のふるさと納税・地域の情報

渡嘉敷村/とかしきそん

沖縄県渡嘉敷村の地域情報

沖縄県渡嘉敷村は沖縄県の沖縄本島と沖縄諸島にある島尻郡に属しており、県都那覇市の西方約32kmの東シナ海に浮かぶ慶良間諸島にある渡嘉敷島を中心に大小10余りの無人島から形成されています。唯一人が住んでいる渡嘉敷島は慶良間諸島の中で一番大きく東西2.8km、南北9km、周囲25kmの南北に細長い島です。島の中央部から北部にかけて赤間山など約200mの山が連なった丘陵地になっており山々の間にある僅かな低地に渡嘉敷集落があります。南部にかけてだんだんと低くなっていき南側に開けたビーチの近くには阿波連集落があります。島の周囲の海岸は山の急斜面や絶壁が迫った険しい海岸線になっていて所々に砂浜があり、周辺海域はサンゴ礁が発達し慶良間諸島国立公園に指定されています。沖縄本島からは船便が運航されていて泊港からマリンライナーで約35分、フェリーで約70分になります。

沖縄県渡嘉敷村のふるさと納税寄付の使い道一覧

・環境並びに景観の保全及び美化活動に関する事業
・高齢者の生活を支援する地域づくりに関する事業
・青少年の健全育成及び教育環境に関する事業
・特産品の育成及び地域産業の振興に関する事業
・イベント並びに観光振興に関する事業
・伝統芸能並びに文化の伝承及び育成に関する事業
・その他の目的達成のために村長が必要と認める事業

出典:ふるさと応援寄付金
(http://www.vill.tokashiki.okinawa.jp/furusato/)

沖縄県渡嘉敷村についてのイメージ調査

沖縄県渡嘉敷村はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県渡嘉敷村

【回答数】
自然:30
伝統:1
観光:16
経済:0
人情:0
閑静:1
便利:2



アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・ここは、沖縄県本島那覇市の西方に点在する10余りの島からなる村ですね。観光は、国立公園、阿波連ビーチ、渡嘉志久ビーチ、ハナ島、白玉之塔、根元家の石垣、舟越貝塚、マリンレジャー関係などがあり、とにかく海がきれいです。(40代/男性)
・沖縄県渡嘉敷村は、那覇市からフェリーで最短35分と最も近い離島とも言える渡嘉敷島にあります。島は大小の無人島を含み、山や絶壁がある反面、南国特有の白い砂浜からは透明度の高いエメラルド色の海が広がり絶景です。珊瑚礁がありエコ・ツーリズムも盛んで、シュノーケルで熱帯魚の群れやウミガメに会えます。島の人も大変親切で、大自然の中でのんびりと休暇を過ごすには絶好の場所と言えます。(40代/女性)

コメントからも分かるように、離島や美しいビーチがあるという理由で選んでいる人が多いようです。
渡嘉敷村は離島から構成されていることもあり大自然が多く残っています。寄せられたコメントを見ると、渡嘉敷村にある数々の美しいビーチを挙げる人が多いようです。渡嘉敷村のビーチでは熱帯魚やウミガメを見ることができるほど自然を身近に感じることができます。また手付かずの無人島も複数あることから自然というイメージが強いようですね。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・阿波連ビーチ、ハナ島白玉之塔、ヒータティーヤーや根元家の石垣、忠魂碑渡嘉敷村青少年旅行村、舟越(ヒナクシ)貝塚マリンレジャーでもスキューバダイビングやシュノーケリングシーカヤックやホエールウォッチング等があり、観光に向いていると思った為(20代/男性)
・渡嘉敷村は透明度の高い美しいビーチがたくさんありダイビングスポットとしても有名で、国内だけでなく海外からもダイバーが訪れるから。那覇からもフェリーや高速船でアクセスしやすく日帰りでも観光客が訪れるので。阿波連ビーチは1000mの白い砂浜が特徴で、コバルトブルーの海にはサンゴ礁や熱帯魚が見られます。(30代/女性)

コメントからも分かるように、大勢の観光客が訪れるという理由で選んでいる人が多いようです。
渡嘉敷村は那覇市から高速フェリーでアクセスできる身近な離島として知られています。実際に毎年大勢の観光客やダイバーたちが渡嘉敷村にある島々に足を運んでいます。渡嘉敷村の自然は貴重な観光資源となっており、観光客を楽しませる様々なアクティビティやマリンスポーツを体験することができます。

また、他にも便利や閑静のような意見も見られました。
・那覇港に定期旅客航路が運航され、座間味村との間にはオンデマンドによる航路が運航されている。渡嘉敷港の他、「ケラマ航路」と通称される阿波連港がある。(30代/男性)
・この地域はとても自然が豊かなところだと思います。沖縄はとても海がきれいなところだと思います。サトウキビ畑が広がっていて自然がきれいなところだと思います。地域の人は温かい親切な人が多い地域だと思います。(40代/男性)
・渡嘉敷村は、沖縄本島那覇市の西方約40kmに点在する慶良間諸島のうち渡嘉敷島を始め10余りの島からなる村。美しい海に囲まれたまちです。まぶしいほどの美しい自然と温かい人情で暮らしやすいところです。沖縄らしくおおらかで人間関係もあまり煩わしくないように思えます。(50代/男性)

沖縄本島と渡嘉敷村の離島を結ぶフェリーが運航されているので交通面でも不便することはなさそうです。また渡嘉敷村は美しい自然だけでなく温かい人情味あふれる地域性も魅力の一つです。離島ゆえに都会の喧騒や時間に追われる生活から離れ、のんびりするのには最高の環境です。島民も親切な人が多いので暮らしやすいという意見も見られました。

沖縄県渡嘉敷村のイメージ調査の結果は自然と観光という意見が多数を占めることになりました。観光という項目を選んだ人も渡嘉敷村の観光スポットとしてビーチや美しい景観を挙げていることから、やはり自然というイメージが圧倒的なようです。 また渡嘉敷村の温かい人間関係や島民たちとの交流などをコメントした人もいます。自然環境の中でのんびり生活するには最適な地域なのかもしれません。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月13日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ