認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県西原町(にしはらちょう)のふるさと納税・地域の情報

沖縄県西原町の地域情報

沖縄県西原町は、沖縄本土の中央部にある中頭群に属する町です。中頭群は3町3村で構成されていますが、その群の最南であり沖縄本島の東海岸に位置するのが西原町です。隣接する村は、北側に宜野湾村、北東側に中城村、北西側に浦添村などがあります。那覇市からは約10kmほどの距離で、総人口は35,188人、総面積は15.90平方kmの大きさです。町内は小波津川、兼久川という2つの河川が流れています。
産業は、かつては稲作が中心でしたが今ではキビ作、花卉、亜熱帯果樹栽培が盛んです。また昭和40年代以降は、商工業など他の産業も活発となっています。町内は鉄道路線は走っておらず、最寄駅は那覇市にある沖縄都市モノレールの駅です。

沖縄県西原町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・平和・教育・文化・スポーツ振興の充実に関する事業
・健康・福祉の充実に関する事業
・都市基盤等、住環境設備のための事業
・自然環境保全のための事業
・産業の振興及び観光地づくりの充実に関する事業
・その他町長が必要と認める事業

出典:西原町:ふるさと西原応援制度について
(http://www.town.nishihara.okinawa.jp/policy/furusato.html)

沖縄県西原町についてのイメージ調査

沖縄県西原町とはどのようなところでしょうか。アンケートで50人に聞いてみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県西原町

【回答数】
自然:21
伝統:5
観光:13
経済:3
人情:0
閑静:4
便利:4


1位は自然という結果になりました。
・農業が盛んだから。戦前は稲作が中心、戦後はサトウキビの名産地になった。又、町の木はガジュマルであり、町の花はブーゲンビリア、町の花木はサワフジであるなど自然をイメージしやすい地域だと思う。(20代/男性)
・海がきれいな沖縄県西原町を表しているワードは、自然を選びました。西原町では、海水浴やマリンスポーツ、ビーチパ―ティなどのレジャーを楽しむ事ができます。このエリアといえばコレ!は、シマナ―(カラシナ)を選びました。(50代/女性)

西原町は海が綺麗でさまざまな海のレジャーを楽しむことができます。また、農業が盛んなところでサトウキビの名産地としても知られています。町のシンボルはガジュマルやブーゲンビリア、サワフジなど南国を代表するものばかりです。

2位は観光となりました。
・沖縄県西原町の「西原きらきらビーチ」は、約550mもの長く大きなビーチが特徴的で、大型の海浜公園を有する敷地内にあり、マリンスポーツ・バーベキュー・スポーツ広場など、思い思いの時間を過ごす事が出来る複合型施設です。また、町側には芝生の広がる「イルカ公園」もあり、イルカの形をした遊具やアスレチックなど、お子様連れにも嬉しい施設が充実しています。(30代/男性)
・西原町は、沖縄本島の中部を占める中頭郡内にある町で、海に囲まれた地域で、周辺には自然公園や、博物館などの観光スポットがいっぱいあります。特におすすめの観光スポットは、イルカ公園で、公園内にはイルカのかたちの遊具があります。(40代/男性)

豊かな自然や美しい海を利用した観光スポットがたくさんあります。西原キラキラビーチやイルカ公園など、訪れる人を楽しませ施設が複数あることが述べられていました。

そのほかには伝統、閑静、便利、経済などが挙げられていました。
・西原町は、昔からの伝統を今でも受け継いでいて、エイサーや獅子舞、棒術など 子供からお年寄りまで青年会に入り、行事に積極的に参加しているのが西原町です。西原町といえば、伝統って思い浮かんでくる程、幼い子達も活躍する自治体です。(10代/女性)
・周囲に産みがあるため、マリンスポーツも有名ですが塩で作ったお菓子などを食べたことがあります。また、酒造屋など歴史がある商店を見かけるからです。ウチャタイマグラー?の墓があるなど不思議な土地です。テレビで見ました。のんびりしているところです。(40代/女性)
・西原町は、稲作中心からキビ作、亜熱帯果樹栽培、花卉栽培へと変化し、昭和40年代以降は、各種産業が進出して商工業も盛んになり、今では県内有数の工業集積率、出荷額を誇っています。町内には県内唯一の国立大学である琉球大学を初め、私立である沖縄キリスト教学院大学、沖縄キリスト教短期大学の3つの大学が立地し、町では「文教のまち」としています。(40代/女性)
・西原町は沖縄自動車道も通っており、那覇方面や北部方面へのアクセスもしやすく、商業施設や大学、飲食店も多数あり住むのに便利だから。自然も多く、緑が多い公園や、美しいビーチもあるので。西原町にある「きらきらビーチ」は人口ビーチですがシーズン中はクラゲネットも張られ、監視員もいるので安心です。BBQスポットとしても有名です。(30代/女性)

西原町には3つの大学があり、文教のまちとされています。道が整備されていて便利なところという印象もあるようです。エイサーなどの伝統芸能も大切に守られています。

アンケート調査の結果、沖縄県西原町は美しい海に面した自然豊かなところというイメージがあることがわかりました。農業が盛んであり、道路が整備されているので便利なところというイメージもあります。また、町には3つの大学があって文教地区としてもよく知られています。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ