認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

長崎県雲仙市のふるさと納税・地域の情報

雲仙市/うんぜんし

長崎県雲仙市の地域情報

長崎県雲仙市は、島原半島の北西部に雲仙普賢岳を取り巻くような形で位置しています。
市域は、雲仙山系の険しい山地エリアと、それに連なる丘陵地や海岸沿いの平野部エリアからなります。北は有明海に、そして西は橘湾に面した市です。
総面積は214.31平方キロメートルを誇り、長崎県内の総面積の役5.2パーセントを占めています。
市内の美しい海岸線や、普賢岳、雲仙地獄は、豊かな自然環境を誇っており、それらは、日本最初の国立公園となった「雲仙天草国立公園」および「島原半島県立公園」として指定されました。
生活面では、島原半島を一周する国道251号や国道57号、国道389号などを利用して雲仙市と長崎県の各市が結ばれているほか、島原鉄道などを利用して市民生活が行われています。
産業面では、他産業に比べて農業の占める割合が県内平均よりも高く、長崎県内有数の農業地帯としても知られています。

長崎県雲仙市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・安心して子どもを産み育てるまちづくりと健康で安全な暮らしづくりに関する事業
・雇用を生み出す産業づくりと人を呼び込む観光地域づくりに関する事業
・社会基盤の整備と自然環境と調和したまちづくりに関する事業
・将来を担う人財づくり歴史と文化が輝く郷土づくりに関する事業
・市民一人ひとりが主役の協働のまちづくりと効率的で戦略性をもった行財政運営に関する事業
・その他目的達成のために市長が必要と認める事業

出典:寄附金の使いみち|ふるさと納税ーふるさと応援推進事業|市政情報|雲仙市ホームページHOME|
(https://www.city.unzen.nagasaki.jp/info/prev.asp?fol_id=21046)

長崎県雲仙市についてのイメージ調査

長崎県雲仙市はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリアを表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:長崎県雲仙市

【回答数】
自然:23
伝統:0
観光:23
経済:1
人情:0
閑静:1
便利:2


アンケートの結果、自然と観光のワードが回答数が並んで最も多くなりました。まず自然への回答から見ていきます。
・雲仙市は海もあり山もあり、多くの自然に囲まれた土地だからです。雲仙市といえば、「雲仙岳」です。雲仙岳はテレビでしか見たことがありませんが、山々が連なる姿は力強く、かっこよくて印象に残っているからです。(20代/女性)
・長崎県雲仙市は雲仙岳をはじめたくさんの自然に囲まれた町です。特におすすめのスポットは雲仙地獄です。ここはまさに地獄のような景色が広がっています。グツグツと温泉が湧き出たり、煙がモクモクとしていて圧巻です。(30代/女性)

雲仙岳の山の姿や、火山ならではの観光スポットがコメントに出て来ました。火山の勇壮な様子と湧き出る温泉から、自然がイメージされているようです。

次は、自然と並んで最も多かった観光への回答を見てみます。
・雲仙市は、長崎県島原半島西部にある市で、よく噴火する活火山の雲仙普賢岳がある市として知られ、周辺には山や、温泉や、峠などの観光スポットがいっぱいあります。特におすすめの観光スポットは、小浜温泉で、周辺に硫黄の臭いが立ち込めてます。(40代/男性)
・雲仙の大自然と温泉が満喫できる観光地だと思います。雲仙地獄や仁田峠ロープウェイ、白雲の池、ビードロの博物館など観光スポットは非常に多く、雲仙温泉には多くの風情ある宿泊施設があって楽しめます。四季ごとに変わる雲仙の景色も見どころだと思います。(40代/男性)

雲仙岳にまつわる観光スポットが、どちらのコメントにも登場していました。中でも風情のある温泉と宿泊施設は、観光の印象を強くするポイントになっているようです。

またこのほかには、便利や閑静、経済への回答も見られました。
・雲仙岳のふもとにある、雲仙温泉が大変有名である。熊本城からすぐ近くになる熊本港のある熊本県から、長崎県までフェリーで1時間ほどで移動することができる。長崎市まで1時間で移動できるから宿泊旅行で行くときも利用しやすい場所でもある(30代/男性)
・島原半島世界ジオパークを構成する三つの都市のひとつに雲仙市が含まれており、雲仙火山が引き起こした災いと、その地に創った自然豊かな恵みを同時に味わえる、世界各国のジオパークでは味わえない特徴があるため。また、有数の温泉地帯があり、このエリアと言えばこれだと思われる。(30代/男性)
・長崎県雲仙市は温泉の街です。市内には雲仙温泉と海に近い小浜温泉が有ります。雲仙温泉の楽しみは地獄めぐりです。硫黄の匂いを嗅ぎながら指定されたルートを歩きますが、地表から吹き上げる力強い水蒸気を見あげて観光客からの歓声が聞こえます。(70代/男性)
・雲仙市は温泉を中心とした観光の街です。最も有名なのは雲仙地獄で、ここは雲仙温泉街の中心にあり、絶えず硫黄を含んだ熱湯が噴出しています。また原生沼は天然記念物に指定された高層湿原でミズゴケやカキツバタを見ることができます。(50代/女性)

隣の熊本県から移動しやすいことや、水蒸気を噴き上げる温泉めぐり、天然記念物の湿原といった話題が集まりました。有数の温泉地帯である点を中心に、それぞれのワードを選ぶ理由になっているようです。

長崎県雲仙市のイメージ調査の結果、自然と観光の印象が同数で最も多く、便利、閑静、経済を挙げた回答もありながら、全体の9割以上が自然と観光に回答したことから、ふたつのワードの印象が際立っていることが分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ