認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

長崎県平戸市(ひらどし)のふるさと納税・地域の情報

長崎県平戸市の地域情報

長崎県平戸市は、長崎県の西北端に浮かぶ平戸島を中心とする自治体です。平戸瀬戸を隔てて南北に横たわっている平戸島と、およそ40の島々で構成されています。北は玄界灘、西は東シナ海を望む立地であることから、古くから海外との交流拠点となってきた歴史を有しているのが特徴です。平戸市は観光名所が数多くあるエリアとしても知られています。たとえば、平戸ザビエル記念教会、光明寺、瑞雲寺が重なって見える勝尾岳からの光景は多くの観光客を集める平戸を代表する風景です。また、雄大な海岸線沿いにある生月サンセットウェイの愛称で呼ばれている道路は、 東シナ海に沈む美しい夕陽を眺めながらドライブを楽しめるスポットとしても知られています。

長崎県平戸市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・輝く人づくりプロジェクト
・宝を磨き活かすプロジェクト
・ずっと住みたいまち創出プロジェクト

出典:寄付金の使い道 | 使い道と実績 |平戸市ふるさと納税特設サイト
(https://furusato-hirado.jp/jisseki/index.html)

長崎県平戸市についてのイメージ調査

このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。

平戸市はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。
アンケートの結果、多くの人が平戸市の自然の美しさに魅力を感じていることが分かりました。
・西海国立公園に指定されている区域もあり、美しい海が見える島だから。なだらかな草原が広がっている川内峠から見える海岸線と海の青さは息を呑む美しさがある。平戸大橋は夕日の絶景スポットになっており、天気のいい日はぜひ訪れたい場所。(20代/女性)
・長崎県平戸市と言えば、とても恵まれた雄大な自然とそれを観賞するための観光が表していると多くの人々が口を揃えて言っていますので。また別で、このエリアと言えばコレ!というものに、田平天主堂という評判の高い名所があります。(40代/男性)

海の美しさや歴史的景観の美しさを理由に選んだ人のコメントが数多く見られます。

次に平戸市が誇る伝統に強い印象を受けた人が多いことも分かりました。
・地理的に橋や船がなければ渡れない場所なので、建築技術の詰まった橋がかかっています。古い教会が点在し、寺社や古い町並みを散策するなど、一見観光がメインだと思われますが、観光の基礎には確かな伝統が根付いているもだと思わせる場所だと思います。(50代/女性)
・日本の諸外国との貿易史における上で欠かせない地域ということで「伝統」を選びました。平戸市といえばコレと思うものは貿易です。江戸時代以前からイギリスやオランダなどが商館を設置して栄えた町ということで、外国との交流がとても盛んな町と言えます。(40代/男性)

コメントからは、平戸市に残る古い教会や寺社建築に感銘を受けたことで選んでいる人が多いことがうかがえます。

また、ほかには郷土料理や交通面の利便性が高いといった点が印象に残っていった意見も見られました。
・観光地として色々と見るところや面白い所がありそうなスポットですね。街並みも穏やかで、歴史のある雰囲気を感じさせる風土です。買い物や食事処もたくさんあり、おいしそうな名物の郷土料理を楽しむことができますね。(30代/男性)
・九州最西端というその地理的な特性から、古くは鎌倉時代から江戸幕府が鎖国を始める江戸時代初期まで、国際貿易の拠点として栄えていたのが現在の長崎県平戸市です。このことから長崎県平戸市を表すワードとして「経済」を選択しました。(40代/男性)
・長崎県平戸市では交通面の利便性が高く、住みやすい町であると思います。ある程度の日常生活を送るために必要とされるインフラがある程度整っているので、このエリアならではの利点といえるのではないかと思います。(20代/男性)

古くから貿易が盛んだったことを背景に街が発展してきているイメージは多くの人が持っているようです。

アンケート調査の結果からは、多くの方が平戸市に対して自然、文化、歴史が程よく融合した街であると感じているようです。

※本アンケートはサグーワークスにて2017年11月13日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2017年11月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

長崎県平戸市のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

長崎県平戸市でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

海の幸を珍しい食べ方で味わおう! 1番人気はエビしゃぶしゃぶ
・平戸といえば海産物というイメージです。単純にエビが好きなので(50代/女性/専業主婦)
・えびがかなり好きなので。しかもしゃぶしゃぶなんて食べたことないし珍しいので選びました(20代/女性/パート・アルバイト)
・エビしゃぶしゃぶというその言葉の響きだけで非常に美味しそうだと思ったから(20代/女性/正社員)
・水資源豊かで海産物が多く採れるという印象を受けました。また、長崎といえばペリー来航など歴史的にも有名な地ですので一度は訪れてみたいと思いました。恵まれた港環境で採れた新鮮なエビをしゃぶしゃぶで戴くというのは斬新で期待があります(20代/女性/正社員)
・海の幸がいっぱい採れるイメージがあります。海老しゃぶしゃぶは珍しい食べ方でもあるので目を引きそうです(40代/男性/個人事業主)
アンケート調査の1番人気はエビしゃぶしゃぶでした。特産品の活ウチワエビを使って、エビ本来の味を堪能できる食べ方です。エビや海産物が好きな人から高い支持を集めました。また、エビをしゃぶしゃぶにするという発想に惹かれたとの意見も目立ちました。お礼品では、地域特有の製法や食べ方に注目が集まる傾向があると言えます。そのほか、平戸市から「海の幸」がたくさんとれるイメージがあるとの回答もありました。お礼品では、地域の印象に合った食材が選ばれやすいと言えるでしょう。
高級感のある食材を家庭で! とらふぐが2番人気
・長崎県は軍艦島で世界遺産になり一躍有名になった。地域の名産品が手に入るのは大変ありがたい(30代/男性/正社員)
・長崎を代表するブランド「平戸おうごんとらふぐ」は、陸上養殖ということで、これまで 養殖=美味しくない、天然よりも質が悪いと思っていましたが、天然よりも 管理されているので安全・安心に育てられたふぐということで、興味を持ちました。高級料亭でしか 食べられないふぐを家族と楽しみたいと思っています(40代/女性/個人事業主)
・魅力的な品が揃っていて迷いますが、一番高級そうで自分では買わないようなもの、貰って嬉しい物を選びました(40代/女性/無職)
・長崎といえばふぐを思い浮かべます。平戸近海の身のしまった美味しいとらふぐを是非味わいたいと思います(40代/男性/正社員)
2番人気ながらも全体の3割以上の回答を集めたのが「とらふぐ」です。意見として圧倒的に多かったのが「高級感がある」「自分ではなかなか買えない」という内容でした。平戸市のお礼品では、地元の料亭でも使われているとらふぐを味わえます。一般家庭で気軽に食べられない品を堪能できることは、お礼品の良さと言えるでしょう。また、ふぐの養殖法についても評価する声があり、お礼品のネームバリューだけでなく内容についても細かくチェックされているとわかりました。
意外な組み合わせに関心が! 3番人気は鯨しゅうまい
・すべてあまり聞いたことがないので、興味があります。なかでも鯨の肉は好きなので、それを使ったしゅうまいは興味があります(20代/女性/無職)
・鯨のしゅうまいというものがあるということを初めて知り、こういった機会でないと食べられないと思ったので(20代/女性/無職)
・「エビのしゃぶしゃぶ」も魅力的ですが、選ぶとしたら「鯨のシュウマイ」でしょうか、子供の頃は学校の給食でよく鯨を食べたので、とても懐かしい感じがします。最近ではなかなか食べられないですからね、楽しみです(60代/男性/個人事業主)
・鯨しゅうまいにしました。他のものもなかなかおいしそうですが、なんといっても珍しいので選びました(40代/男性/正社員)
アンケート調査の3番人気にも、やはり海の幸である鯨しゅうまいがつけました。回答としては、まず「鯨の肉を食べてみたい」との意見が目立ちました。そもそも鯨をあまり食たことのない人から、昔は鯨をよく食べていた人まで、希少価値を鯨しゅうまいに感じているようです。一方で「鯨」の入った「シュウマイ」に珍しさを覚えるとの意見も寄せられています。平戸市のお礼品では、地域独特のユニークな食品に関心が集まったと言えるでしょう。
保存性を重要視! アンケート調査の4番人気はきのこ
・その土地の個性や特色をいかせ、かつ鮮度をたもてるものは保存のきく食品だと思うから(20代/男性/学生)
・きのこが一番美味しそうに見えたので、これが一番いいなと思いました(20代/女性/個人事業主)
・やはり、日本国内でも有数の名産品ですし、期待できるように思っているからです。とてもおいしそうです(20代/女性/学生)
海の幸のインパクトや高級感に押されたのか、やや支持が少なかったのが4番人気の「きのこ」です。それでも、回答者からは的確な意見があげられました。そのほかの海産物と比べて、きのこは保存性に優れているため家庭での扱いに困りません。お礼品では、送ってもらったあとで「長く保存できること」が大切だとわかりました。また、平戸市がきのこの名産地であるとの情報もあり、海の幸よりも山の幸に惹かれた人もいるようでした。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ