ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

愛媛県伊予市(いよし)のふるさと納税・地域の情報

愛媛県伊予市の地域情報

愛媛県伊予市は、愛媛県の中央付近に位置し、伊予・中山・双海の3つのエリアで構成されています。道後平野の西南部から四国山地の一部に市域が広がり、総面積が194.44平方キロメートルです。レジャースポットが豊富な伊予灘沿岸部は市の重要な観光資源となっています。
伊予市内には予讃線と郡中線の駅が所在し、両線を経由して県都・松山市へアクセスしやすい環境です。各駅と市内の要所を結ぶ複数のバス路線も運行しています。また、幹線道路が整備されているため、クルマでの移動もスムーズに行えます。松山空港や郊外へクルマで訪れる際には松山自動車道伊予インターチェンジを利用すると便利です。因みに、国道56号沿いにはロードサイド型の店舗が、国道378号・夕やけこやけラインの沿線には景勝地が多いです。

愛媛県伊予市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・快適空間都市の創造
・健康福祉都市の創造
・生涯教育都市の創造
・産業振興都市の創造
・参画協働推進都市の創造
・市長におまかせ

出典:伊予市/ふるさと納税
(https://www.city.iyo.lg.jp/zaimu/shise/kifu/furusato.html)

愛媛県伊予市についてのイメージ調査

このエリアを表していると思うワードを1つ選んで下さい。

愛媛県伊予市はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。
アンケートの結果、約40%の人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・愛媛県の中央からやや西部に位置している伊予市は、削り節の生産地としても知られており、農業や漁業も盛んに行われているので、経済というワードも合っていると思うが、瀬戸内海に面していることや森林や田畑が多い地域もあるので、このエリアを表していると思うワードは自然だと思う(30代/男性)
・伊予市のイメージを頭の中に浮かべたとき、一番最初に浮かんだのが瀬戸内海の風景でした。温暖な気候、穏やかな波、海岸線に並ぶ柑橘畑など、柔らかな自然の風景が伊予市の特徴だと思い、自然というワードを選択しました。また瀬戸内海でとれる海産物は一級品で、特に鯛は甘い脂がのっていて他では食べられない伊予市ならではの逸品です。(20代/男性)

コメントからも分かるように、海に面しているという理由で選んでいる人が多いようです。
穏やかな瀬戸内海を望む豊かな自然が特徴の町だと感じます。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・伊予市の観光ではJR下灘駅が有名です。ここは日本一海に近い駅と言われています。特に刻々と移りゆく伊予灘の美しい海と雄大な夕日のコラボが見事です。撮影スポットとしても人気が高く、映画や雑誌、CMなどにもたびたび使われています。(50代/女性)
・海と山の魅力を満喫できる非常に魅力的な観光地だと思います。ふたみシーサイド公園やクラフトの里、五色浜公園、谷上山、大谷池など観光スポットは非常に多く、宿泊施設も数多く存在している地域です。瀬戸内の海の幸を味わえるグルメスポットも多く存在し、非常に楽しめる観光地だと思います。(40代/男性)

コメントからも分かるように、自然の美しさを感じられるスポットが多いという理由で選ばれているようです。
自然環境を大切にし、美しい景色を守っている町だと思われます。

また、他には以下のような意見も見られました。
・伊予市は愛媛県の中予地方にある市で、中予地方の最西に位置し、以西は南予地方となっています。伊予市には多数の削り節工場があり、国内に出荷される削り節の6割のシェアを占めています。五色浜が海水浴などで人気のスポットになっています。(30代/男性)
・古くからある食品工場がたくさんあるから。駅の近くに花かつおの加工をする工場があって、おだしの匂いのする町というイメージがあります。当時のCMの影響もあって、削り節のパックと味付け数の子の印象が強いです。(40代/女性/)
・伊予市といえば伊予柑でしょう。伊予柑の名称は、1930年に伊予国(愛媛県の旧令制国名)にちなんでつけられました。愛媛県はミカンの産地として有名で、伊予市のミカンは特に味が良く、マル「伊」のマークで全国に出荷されています。(30代/男性)

農業はもちろん、海の幸を活かした漁業や加工業が古くから行われこの地域の経済を支えているようです。

アンケート調査の結果、愛媛県伊予市は景色の美しい自然の恵み豊かな町というイメージがあることがわかりました。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年2月13日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

愛媛県伊予市のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

愛媛県伊予市でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

ほっとする甘さ! 最も回答が多かったのは唐川びわ
・愛媛県伊予市は、気候が温暖で果物がおいしいから。唐川びわ、楽しみです(60代/女性/専業主婦)
・愛媛といえばみかんの印象です。そして伊予地区の特産品といえばみかんやびわ、ちりめんじゃこでしょうか。なかでもびわは私の好物なので、唐川びわを選びました。品質、味とともにレベルが高いということで、納税して届くまでとても楽しみに待っていると思います(40代/女性/専業主婦)
・柑橘類のイメージが強いですが、100年以上も前から栽培されているという唐川びわを食べてみたいです(30代/女性/専業主婦)
・愛媛県伊予市と聞くと、松山市の南方の西側が瀬戸内海に面した穏やかな地というイメージがあります。特産品は、海産物だけでなく農産物もあります。お礼品は、特産品の唐川びわが一番うれしいです(40代/男性/経営者)
・愛媛県伊予市の唐川は、山間部に囲まれた地域ですが、そこでびわの栽培が盛んに行われているそうです。愛媛県の温暖な気候、また農家の方の丁寧な手作業により、非常に上質なびわが収穫されるそうです。びわの旬は短く、まさに今はじまりました。ぜひ旬の唐川びわを味わってみたいと思います(40代/女性/専業主婦)
100年以上もの間生産されているという深い歴史を持つ「唐川びわ」が最も多くの支持を集めました。「初夏の貴婦人」とも呼ばれる唐川びわですが、その名にふさわしい上品な甘みと程よい酸味が特徴です。暑くなりはじめ、すっきりした果物が食べたくなる4~5月が旬で、特に甘みが強くおいしく食べられるといわれています。
ご飯のお供に! 2番目に回答が多かったのは瀬戸内しらす
・伊予市といえばやはり伊予柑とジャコ天がおいしい所というイメージが湧きます。地元の相模湾のしらす以外は食べたことがないので、西日本のしらすを大根おろしと醤油でさっぱりと食べてみたくなったからです(30代/女性/パート・アルバイト)
・神奈川県鎌倉市在住なので、しらすと聞くと湘南地域の特産品で有名ということもあり、ぜひとも瀬戸内海のしらすも食べ比べてみたいと思います(50代/男性/個人事業主)
・愛媛県伊予市は瀬戸内海に面しているので、きれいで穏やかな瀬戸内海の魚がたくさん獲れます。特にしらすのような小魚がよく獲れるので、ふるさと納税をするなら、おいしい瀬戸内しらすを選びました(50代/男性/無職)
・しらすが好物なので選びました。ぽかぽかとしたイメージと果物のイメージがあります。お礼品のラインナップを見て、さまざまなものがあるのだなと感じ、新たな一面を知ることができた気がします。これからも驚くようなものから定番のものまでお礼品で取り上げてもらえたらと思いました(40代/女性/専業主婦)
・しらすに醤油をかけてご飯で食べるのが大好きです。ふるさと納税でいただけるのが楽しみです(30代/女性/正社員)
ご飯にかけて食べてみたい、地元で獲れるしらすとの食べ比べをしてみたいとの回答が多数みられました。しらすは丸ごと食べることができるため、各種栄養分を効率よく摂取できるでしょう。旬である秋ごろに獲れるしらすは、特に栄養価も高く、身がしまっていてみずみずしさもあります。
おいしさの秘訣は? 3番目に回答が多かったのはふれ愛・媛ポーク
・伊予市は自然豊かな環境というイメージがあり、そこで育った豚はおいしそうだと思ったからです(30代/女性/専業主婦)
・日本の一次産業を応援し、食料自給率を支えたいので、その土地のブランドを盛り上げる意味でも、ふれ愛・媛ポークを食べてみたいです(50代/男性/個人事業主)
・伊予市は海もあり、山もあり、新鮮な海鮮やフルーツが楽しめる地域というイメージです。お礼品は愛媛県のブランド豚肉を選びました。調べてみると脂分も少なくヘルシーな豚肉のようなので、食卓で活躍してくれそうです(30代/女性/専業主婦)
・ネーミングがおもしろいと思いました。愛媛県についてはあまり知らないので、ふるさと納税を通してもっと知ることができたらいいと思いました(20代/女性/無職)
・愛媛の銘柄豚のふれ愛・媛ポーク、一度食べてみたかったので選びました。愛媛県伊予市は瀬戸内海に面し海の幸が豊富、温暖な気候で柑橘類の栽培も盛んに行われているという印象があります(30代/女性/派遣社員)
果物のイメージが強かったが、品質の良い豚肉にも興味がわいた、ネーミングセンスに惹かれた、との回答がありました。特に肉質が優れた親豚を厳選し、小麦や愛媛県産みかん成分などを配合した独自の飼料を与えて大切に育てられた豚肉です。また、加工や出荷、販売においても徹底して管理しているため、安全性も保証されています。一度聞いたら忘れないネーミングのふれ愛・媛ポークは、おいしくて安全な豚肉でもあるのです。
程よい辛みが特徴! 4番目に回答が多かったのは松山長なす漬け
・長なす漬けはあまり食べたことがないので選びました。伊予市の方々がこの漬物を作るうえでのこだわりなどもあわせて知りたいです(40代/女性/専業主婦)
なすの種類はたくさんありますが、よく見かける20cmほどのものや蒸しなすに使われる丸い形のものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。愛媛県では、半世紀にわたってなすの品種改良が進められ、長さ40 cmほどもある長いなすが栽培されるようになりました。この長なすは、みずみずしくて柔らかく、幅広い料理に使われています。松山長なす漬けは、松山市のブランド野菜に指定されている松山長なすをからし漬けにしたもので、ぴりっとした大人の辛さが特徴です。
自然の恵みを活かした食材の数々
美しい瀬戸内海を望む伊予市は、瀬戸内式で年中を通して穏やかで温暖な気候です。伊予市で獲れる農作物や海産物は品質も高く、長きにわたって多くの人に愛されています。ぜひ、そんな伊予市の食材を思いっきり味わってみてはいかがでしょうか。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ