認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

茨城県大子町(だいごまち)のふるさと納税・地域の情報

茨城県大子町の地域情報

茨城県大子町は、茨城県の最北西端で少々南北に長いひし形をしており、観光と農業の盛んな町です。また八溝山系を境に福島県や栃木県が接しています。町の中心地に久慈川が流れ、特に冬の久慈川は川底で氷が発生し、氷が浮かび上がって流れる現象は日本中でも数か所でしか発生しない久慈川を彩る自然現象です。大子町は町域すべてが奥久慈県自然公園内にあって自然に囲まれた町で、古くから保内郷と呼ばれ江戸時代には水戸藩の陣屋が置かれていました。大子町の中心市街には2か所からなる商店街があり郊外には大型ショッピングタウンもあります。伝統的な建物は殆ど残されていませんが、かつての銀行であったであろう西洋風の建物などが見られ、商店街のはずれには黒漆喰の重厚な豪商建築の建物は「だいごレトロ館」として利用公開されています。

茨城県大子町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・自然環境の保全
・次世代育成支援
・地域産業の振興
・都市住民との交流事業
・その他町政全般

出典:寄付の使い道|大子町公式ホームページ
(http://www.town.daigo.ibaraki.jp/page/page001633.html)

茨城県大子町についてのイメージ調査

茨城県大子町のイメージについて、男女50人の方にアンケートしました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:茨城県大子町

【回答数】
自然:24
伝統:1
観光:20
経済:0
人情:0
閑静:2
便利:3


アンケートの結果、1位となったのは「自然」でした。
・茨城県の北部に位置している大子町は、福島県や栃木県と隣接している町となっており、農業が盛んな町であるが、山や森林をはじめ自然や緑が多いエリアでもあることから、このエリアを表していると思うワードには自然を選んだ(30代/男性)
・福島県や栃木県と県境を接する大子町は自然を肌で感じるにはもってこいの場所だから。一番のおすすめはなんといっても「袋田の滝」。日本三名瀑の一つで、岩を四段に落下することから「四度(よど)の滝」とも呼ばれています。目の前で見れば、その美しさと迫力に驚くこと間違いなし。四季によって様相を変えるので、何度も足を運びたくなります。(20代/女性)
ここでは山や森林をはじめ滝や温泉など、豊かな自然を思わせる数多くのコメントを目にできました。特に「袋田の滝」はかなり多くの方が取り上げ、このエリアにおける「自然」イメージの象徴的スポットであるようです。また他にも、登山や温泉地などのコメントが幾つも見られ、文句なしのアンケート1位と言えるでしょう。

アンケートの2位に選ばれたのは「観光」でした。
・大子町は、茨城県の北西部に位置しており、久慈郡に属している地域です。この町には、日本三名瀑の一つとして知られている袋田の滝があります。また、月待の滝といった滝も見ることができます。袋田温泉もありますので、観光というワードを選択しました。(50代/男性)
・大子町は、茨城県の北西部に位置する町で、周辺には、山や、滝や、寺などの歴史的建造物や、自然公園などの観光スポットがいっぱいあります。特におすすめの観光スポットは、永源寺(もみじ寺)で、もみじが紅葉する時期には観光客が増えます。(40代/男性)
やはりここでも「袋田の滝」や「アユ釣り」といった、自然環境の豊かさを感じさせる観光スポットが多くのコメントで見られました。この他にも、紅葉で有名な寺社や特産物のリンゴなどをイメージして、「観光」を選ぶ方も複数いました。いずれにしても、自然とのつながりの深い観光スポットを、豊富に抱える地域であることが理解できそうです。

3位以降については多い順に、「便利」「閑静」「伝統」と続きました。なお「経済」と「人情」はゼロでした。
・福島県や栃木県の県境に近く、閑静な雰囲気が感じられます。そこで閑静というキーワードが合っていると思いました。このエリアでおすすめのスポットは、道の駅奥久慈だいごになります。道の駅で販売されている食べ物が美味しくてほっとします。(40代/男性)
・大子町はだいごまちと読みます。茨城県の最北部の内陸部に位置しています。北側は福島県と、西側は、栃木県と隣接しています。奥久慈地域の中心地です。そこから久慈川が流れています。交通網は、鉄道や、国道や主要な一般道などが整備されています。観光地は、美しい滝や、温泉地が多くあります。(40代/男性)
・大子町は日本三名瀑の一つである「袋田の滝」があり、他にも袋田温泉をはじめとする名湯が揃っており、観光に向いていると思ったからです。このエリアで有名な物は他に「奥久慈シャモ」「リンゴ園」「漆」などです。(30代/女性)
県境の静かな山間にある地理条件により「閑静」を選ぶ方や、古くから滝や温泉で知られる名所として、「伝統」を選ぶ方も見受けられました。他方で、国道や県道などの幹線道路の整備されたエリアから、「便利」をイメージする方もいました。この地域の実態をよく捉えた、的確なアンケート結果と言えるのではないでしょうか。

茨城県大子町のイメージ調査の結果、豊富な水資源から生じる滝の名所をはじめ、アユ釣りやリンゴ狩りなど、充実した自然の恵みに支えられた、観光の街であることが分かりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ