認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

茨城県ひたちなか市(ひたちなかし)のふるさと納税・地域の情報

茨城県ひたちなか市の地域情報

県の北東部に位置している茨城県ひたちなか市は、東側が太平洋に面している自治体です。ひたちなか市は住宅地が多い都市で、人口密度が茨城県の中で2番目に高くなっています。市のやや西側を常磐線が南北に通り、発展しているのが勝田駅など駅周辺です。ひたちなか市の前身は勝田市であったため、市内には「勝田」の名前が入っている施設が多く見られます。さらに、旧勝田市が企業城下町だったことから、現在でも関連する企業が存在しているのが特徴的です。西側の海岸近くには、「国営ひたち海浜公園」があり、敷地内には複数のお花畑が造られ、四季折々の花が見られるようになっています。レジャー施設や様々な樹木を楽しめるエリアなど複数のエリアに分かれた大規模な公園です。

茨城県ひたちなか市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・緑のまちづくり
・ひたちなか海浜鉄道湊線
・社会福祉事業の推進
・教育事業推進
・文化活動の振興
・スポーツ活動の振興
・国際交流事業の振興
・市長におまかせ

出典:ふるさと納税制度における寄付金の使い道/ひたちなか市公式ホームページ
(https://www.city.hitachinaka.lg.jp/soshiki/2/1/7/1854.html)

茨城県ひたちなか市についてのイメージ調査

茨城県ひたちなか市のイメージについて、男女50人の方にアンケートしてみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:茨城県ひたちなか市

【回答数】
自然:14
伝統:1
観光:17
経済:7
人情:1
閑静:3
便利:7


アンケートの結果、1位だったのは「観光」でした。
・ひたちなか市は、茨城県北部の市で、太平洋に面した地域で、周辺には海浜公園や、水族館や、テーマパークなどの観光スポットがいっぱいあります。特におすすめの観光スポットは、国営ひたち海浜公園で、公園内にはサイクリングコースがあります。(40代/男性)
・有名な観光スポットは、国営ひたち海浜公園です。春はネモフィラの青色の海のような幻想的な景色、秋はコキアの赤色がじゅうたんのような景色がみられます。年間を通して、花を楽しむことができます。老若男女問わず、花を愛でる時間が持てます。園内で、写真撮影やピクニックを楽しむことができます。春うららかな暖かい日におでかけすると最高です。(30代/女性)
コメントでは「国営ひたち海浜公園」というワードが幾つも見られました。海に面した自然豊かなこのスポットが、地域の観光イメージに大きく貢献していることが分かりました。「観光」が最も多く選ばれるのも、十分納得できる結果と言えるでしょう。

アンケートで2位にランクインしたのは「自然」でした。
・太平洋に面しており、港町があって自然を感じることができる場所が多いから。このエリアといえば、国営ひたち海浜公園があり、ネモフィラやコキアなど季節の草花を楽しめだけではなく、日本最大級の野外フェスロッキンジャパンが開かれ有名である。(20代/女性)
・国営ひたち海浜公園は、総面積200ヘクタールに及び、個性ある7つのエリアに分かれています。春夏秋冬の代表的な花がきれいに咲き乱れており、中でも春のネモフィラと秋のコキアはオススメです。さらには、サイクリングコースやアスレチック広場、遊園地まで併設されており、1日では回りきれないほどです。(40代/男性)
やはりここのコメントでも「国営ひたち海浜公園」というワードが目立ち、「観光」のみならず「自然」のイメージも人々に強く与えていることが分かりました。同時に、「自然」と「観光」とのイメージが重なり合い、それぞれの強い結びつきが理解できるのではないでしょうか。

3位以下の結果は「経済」と「便利」が同順位で、その後に「閑静」が続き、さらに「伝統」と「人情」も同順位で最下位でした。
・製造業が盛んなエリアですし、有名な企業の工場が設置されていますので、今後も経済活動が盛んになることが予測されているエリアです。また、国営ひたち海浜公園など、自然を活かした施設もありますから、観光業も主要な産業です。(50代/女性)
・工業地帯として発展していて、経済面も活性化されています。そこで経済というワードがふさわしいと判断しました。このエリアでおすすめのスポットは、国営ひたち海浜公園になります。フラワーガーデン等がありますので、ファミリーに人気があります。(40代/男性)
・茨城県の北部に位置しているひたちなか市は、水戸市や那珂市などと隣接している市で、工業都市としての顔を持ち合わせているが、水戸市のベッドタウンとしても発展しているので、このエリアを表しているワードは便利だと思う(30代/男性)
「経済」のコメントからは、某大手電機メーカーの所在地であることを理由にした方が多数目につきました。また県内の中心部である水戸市へのアクセスに優れたベッドタウンとして、「便利」をイメージする方も見受けられました。いずれにしても経済が発達した、暮らしやすい地域環境を見て取れそうです。

アンケート調査の結果、茨城県ひたちなか市は国営ひたち海浜公園に象徴される、自然と観光のイメージが強いエリアであることが分かりました。同時に某大手電機メーカーの拠点として、経済においても活発なイメージを人々に与えていることがうかがえました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ