認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道弟子屈町のふるさと納税・地域の情報

弟子屈町/てしかがちょう

北海道弟子屈町の地域情報

北海道弟子屈町は、北海道の東部に位置しています。町の東に中標津町が隣接し、南東には標茶町が、西には釧路市と美幌町が接します。また、北に位置する町は小清水町です。道内では釧路地方に分けられていますが、その中では北部に位置します。それから、道都である札幌市からの方角は東北東です。

世界でも有数の透明度となる摩周湖や日本最大のカルデラ湖となる屈斜路湖が、町の面積を比較的大きく占めています。そして面積の約7割は山林地帯で、平坦地が少ないです。屈斜路湖沿岸と釧路川などの河川流域には農耕地が多く造られていて、酪農を基幹産業として馬鈴薯やてん菜、小麦なども生産されています。また、活動中の硫黄山の麓には良質な温泉が湧き出すことも手伝い、観光も盛んです。

北海道弟子屈町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・まちづくりに関する事業
・摩周湖、屈斜路湖及びその他自然資源の環境保全に関する「環境保全事業」
・地域を担っていく人材の育成や子育てに関する「人材育成事業」
・観光、商工及び農林水産業並びに本町の特性を生かした産業の振興に関する「産業振興事業」
・学校教育、幼児教育の施設整備及び振興に関する「学校教育事業」
・社会教育、スポーツの施設整備及び振興に関する「社会教育事業」
・街並み整備や景観の向上に関する「基盤整備事業」
・福祉、医療の施設整備及び振興に関する「福祉医療事業」

出典:ふるさと納税|まちづくり情報|北海道弟子屈町
(http://www.town.teshikaga.hokkaido.jp/05machizukuri/15tyousei/furusatonouzei_tokuten.html)

北海道弟子屈町についてのイメージ調査

北海道弟子屈町にどのようなイメージを持っているか、50名にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道弟子屈町

【回答数】
自然:26
伝統:2
観光:18
経済:1
人情:0
閑静:1
便利:2


アンケートの結果、自然というイメージを持っている方が多いことが分かりました。
・北海道弟子屈町は、山や湖が多い地域で、冬の時期の冷え込みは厳しく、ダイヤモンドダストが見られる町としても、有名な場所です。酪農が盛んな地域で、温泉もあるので、季節は関係なく、観光客の方も多いようです。ダイヤモンドダストのイメージで、自然を選びました。(40代/女性)
・北海道弟子屈町といえばやはり、広々としていてとてもきれいな風景が広がっている場所であって、非常に自然を感じることのできる地域であると思うからです。また、弟子屈町といえばそのほかには、温泉があるところでもあると思うので、このエリアといえば温泉だと思います。(20代/女性)
温泉地があることから自然というイメージを選んだ方が多いようです。冬は厳しい冷え込みとなりますが、神秘的なダイヤモンドダストが見られることが北海道弟子屈町の魅力のひとつとなっています。

次に多かったのが、観光というイメージです。
・弟子屈町には様々な観光スポットがあります。世界有数の透明度を誇る摩周湖、周囲の峠や山から一望できる屈斜路湖の美しい景色、噴火口が間近に望める硫黄山などが見所です。また川湯温泉は良質の温泉として人気の『源泉100%かけ流し宣言』をしている温泉街です。(50代/女性)
・摩周湖・屈斜路湖など全国的に有名な観光スポットがあるので『観光』を選びました。屈斜路湖はカヌーを楽しむ人にも人気の場所だそうです。また、弟子屈町といえば温泉の地域でもあります。川湯温泉や摩周温泉、その他にも数多くの温泉が楽しめる魅力的な町です。(30代/女性)
高い透明度が保たれている摩周湖や壮大な展望を眺められる屈斜路湖があるという理由で観光を選んだ方が多いようです。噴火口を間近に見られる硫黄山や良質な温泉もあり、全国から観光客が訪れる場所となっています。

他にも伝統や便利、経済という意見もありました。
・弟子屈町屈斜路古丹アイヌ文化保存会にアイヌ古式舞踊が重要無形民俗文化財になっています。和琴ミンミンゼミ発生地として、天然記念物になり、和琴温泉は和琴半島付け根に24時間入浴可能な無料露天風呂があります。近隣にはキャンプ場があり、夏は家族連れキャンパーやウォータースポーツ関係の人たちで賑わっています。(30代/女性)
・北海道弟子屈町は交通の便が良いと感じます。またショッピングセンターやスーパーマーケットがあるので、買い物をするにはとても良いところです。(40代/男性)
・主要産業は観光と酪農。 摩周湖、屈斜路湖、摩周温泉、川湯温泉が主要観光地で全国から多くの観光客が訪れる。(30代/男性)
アイヌ古式舞踊が重要無形民俗文化財となっていることから伝統、ショッピングセンターやスーパーマーケットが複数あることから便利を選んだ方もいました。また、観光客が多く訪れるので経済につながっているという意見もありました。

アンケート調査の結果、北海道弟子屈町は大自然を満喫できる観光名所が多くある地域と言えます。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月13日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ