認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道池田町のふるさと納税・地域の情報

池田町/いけだちょう

北海道池田町の地域情報

北海道池田町は十勝総合振興局管内にある町です。広大な十勝平野の真ん中より少し東寄りに位置する内陸の町で、浦幌町、音更町、士幌町、幕別町、豊頃町、本別町に囲まれています。帯広駅からは車で30分、札幌からは特急列車で2時間40分、とかち帯広空港からは車で50分の距離です。

池田町は町の財政危機を救うために、昭和38年に国内最初の自治体経営によるワイン醸造を始めました。 冷涼な北国特有の酸味豊かなブドウで造られたワインは「十勝ワイン」として国際的に高く評価されています。ワイナリーの正式名称は池田ブドウ・ブドウ酒研究所ですが、中世のヨーロッパの古城に似ていることから「ワイン城」と呼ばれ、町のシンボルになっています。 見学や試飲、買い物、食事もできる人気の観光スポットで、屋上からは田園風景や日高山脈を眺めることができます。

北海道池田町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・町政一般に関する事業
・ワインの振興に関する事業
・子どもの育成及び教育、夢づくりなどに関する事業
・福祉及び医療などに関する事業
・町有林野の育成と振興に関する事業

出典:ふるさと納税で池田町を応援してください!/北海道池田町
(http://www.town.hokkaido-ikeda.lg.jp/gyoseijoho/zaisei/kifukin/779.html)

北海道池田町についてのイメージ調査

池田町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:池田町北海道池田町

【回答数】
自然:22
伝統:6
観光:14
経済:6
人情:1
閑静:0
便利:1



アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・北海道にある池田町はブドウ栽培・ワイン醸造を行っており、「ワインの町」として知られています。十勝ワインの名産地ですが、ぶどうやハスカップから作られるジャムもおいしくて有名です。また清見ヶ丘の嶋木牧場で搾った、新鮮な牛乳でつくるジェラートやチーズも人気があります。畑作とともに畜産も盛んな自然豊かな町です。(女性:40代)
・北海道の池田町は広大な農地が広がっており、自然が豊かな町という印象があります。池田町で有名なものと言えば、ワインです。町営でワイン醸造が行われており、北海道を代表するワインの町として人気を集めています。(男性:40代)

コメントからも分かるように、ワインが有名という理由で選んでいる人が多いようです。
池田町といえば「ワイン」です。自然豊かな土地でブドウ栽培からワイン醸造に至るまで町営として取り組み、池田町を代表する特産品となりました。そして広大で豊かな土地があることで農業や酪農も盛んであることから、葡萄・ハスカップジャムや新鮮な牛乳で作るジェラートやチーズも人気です。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・北海道池田町の観光スポットは池田ワイン城が有名です。正式名は池田町ブドウ・ブドウ酒研究所で見学コースなどもあり毎年多くの観光客で賑わっています。展示ルームではワインについて深く知ることが出来るので楽しめます。(女性:30代)
・池田町は、ワインのまちとして有名であり、 国内初の自治体ワイナリーとして知られていて、1974年に建設された歴史ある建物、ワイン城では、1日3回ガイドツアーを行っており、そこから見る夕日は「日本夕日100選」に選ばれるほどのとても美しい景観であることが有名で、観光というワードがしっくりきます。また、このエリアと言えば、やはりワインです。(男性:50代)

コメントからも分かるように、池田ワイン城が有名という理由で選んでいる人が多いようです。
池田ワイン城は1974年に建設された歴史的な建物であり、国内初の自治体ワイナリーとして知られています。ワイン城は毎年多くの観光客で賑わい展示ルームではワインの説明がありワインについての知識が得られます。またワイン城から見る夕日は「日本夕日100選」に選ばれるほど美しい景観です。


また、他にも伝統・経済という意見も見られました。
・池田町はワインが有名です。ふるさと納税にも池田町のワインが多数出品されています。昔からの製法で丹念に作られてワインは美味しいと評判です。ワインと一緒に食事するところも多数あり、一度は訪れてみたい町だと思います(男性:30代)
・北海道十勝総合振興局管内の中川郡にある町で、町営でブドウ栽培・ワイン醸造を行っており、「ワインの町」として知られているので、伝統的なイメージがかなりあります。ワインの名産となので、一度行ってみたいです。(女性:20代)
・池田町は、町営でブドウ栽培・ワイン醸造を行っていて、「ワインの町」として知られているので、経済のワードを選択しました。池田町では、地方公営企業である「池田町ブドウ・ブドウ酒研究所」が有名です。1963年(昭和38年)に、日本国内初の自治体によるワイナリーとして始まりました。独自の品種を開発し、酸味豊かなブドウで長期熟成タイプのワインを中心に製造しています。(女性:30代)
・池田市はワインの町として知られています。なぜなら、町営でブドウの栽培、ワインの醸造を行っているからです。ということは、経済活動も活発になると思います。ワイン好きな人にとっては気になる町なのではないでしょうか。(男性:20代)

池田町のワインは、ふるさと納税のお礼としてワインが出品され昔からの製法で丹念に作られていること。町営でブドウ栽培からワイン醸造を行っている「ワインの町」なので伝統を感じるということ。また町営でブドウ栽培からワイン醸造を行っているので経済活動が活発ではという意見もありました。


アンケート調査の結果、池田町は広大な大地と豊かな自然の中で熟成された「ワインの町」だといえるでしょう。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ