認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道むかわ町(むかわちょう)のふるさと納税・地域の情報

北海道むかわ町の地域情報

北海道むかわ町は北海道の道央圏に分類され、道央の中では南方に位置します。むかわ町の南側は太平洋に面し、隣接するのは西側が北海道厚真町、東側は北海道平取町、北側は北海道占冠村や夕張市です。町自体は南北に細長い形状となっており、面積のほとんどを日高山脈系の山地が占めています。そして、南流している一級河川鵡川は全国的に見ても屈指の清流度を誇ります。その豊かな水を生かして川沿いを中心に穀倉地帯をなしていましたが、近年は野菜や花卉、肉牛を含む複合経営が盛んです。また、8月の平均気温が20度ほど、冬の厳寒期には-25度以下になることもあるほど寒さの厳しい町です。しかし降雪量は少ないので、道央圏であるにも係わらず冬もビニールハウス栽培が行われています。

北海道むかわ町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・次代のふるさとを担う子どもたちを育てる事業
・自然環境の保全のための事業
・高齢社会・健康づくりのための事業
・都市と地方の交流を深める事業
・恐竜ワールド推進事業

出典:ふるさと納税制度
(http://www.town.mukawa.lg.jp/2375.htm)

北海道むかわ町についてのイメージ調査

このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。

北海道むかわ町はどのようなイメージを持たれているか、50人にアンケートをとってみました。
アンケートの結果、最も多かったのは自然というイメージでした。
・北海道むかわ町は河川や山、湖や海に囲まれているため自然豊かな街です。シシャモが全国的に有名でありシシャモの街としても知られています。また国内有数の恐竜の化石が発掘されることで知られており専門施設があります。(30代/女性)
・北海道の中央部の南方に位置するむかわ町は、国内最大級の恐竜の化石が発見された町です。東西及び北部の三方が日高山脈系の山々に囲まれ、南部は太平洋に面しています。町内を全国でも指折りの清流である鵡川が流れ、海・山・川そして平地と多彩な自然に恵まれた地域です。(60代/男性)
北海道むかわ町は山や湖、川などの多彩な自然に囲まれているので自然を選んだ方が多くいました。国内最大級の恐竜の化石が発見された場所でもあり、かつても壮大な自然が広がっていた地域であることが想像できます。

次に、観光というイメージを持った方が多くいました。
・北海道むかわ町はむかわ町立穂別博物館が人気の観光スポットです。地質と化石をテーマとした自然史博物館で穂別地区で出土したアンンモナイトやクビナガリュウの化石を展示しています。また、化石のクリーニング体験やレプリカづくりなども開催して大人気です。(30代/女性)
・むかわ町には旧中村平八郎家住宅やほべつ道民の森、むかわ町穂別地球体験館、穂別博物館などの観光名所があるので。道の駅むかわ温泉四季の館は温泉とホテルも兼ね備えており、プールや飲食店、お土産処などもあり地元の人から観光客まで訪れます。(30代/女性)
温泉や博物館などの観光名所が複数あるので観光を選んだ方が多いようです。恐竜やアンモナイトの化石を展示している博物館では、子どもの興味を引き出す体験イベントも行っており、子どもを連れてのファミリー旅行にも最適です。

他にも伝統や人情、経済という意見もありました。
・かつては鵡川町だったのが、穂別町と合併して新しい町名になりました。恐竜の全身骨格化石が出たということで大きな話題になり、むかわ竜と名付けられたことで町名も有名になりました。(50代/男性)
・北海道むわか町は自然豊かでありながら、住民も結構多いのでほのぼのしていてさみしい感じはしない町です。周りの方々と協力してお祭りを開催したりと地域での繋がりが多いので人情味が溢れていると思います。暮らしやすい町です。(30代/男性)
・むかわ町は、北海道胆振総合振興局東部に位置する勇払郡の町。農業は米・野菜・乳牛など。鵡川下流域ではシシャモが漁獲されるので、「シシャモの町」として知られる。(40代/男性)
恐竜の全身骨格発見によりむかわ町の歴史を感じられるという理由で伝統、地域が協力して祭りを開催することから人情を選んだ方もいました。多様な農産物と鵡川で獲れる美味しいシシャモが町の経済活性化につながっているようです。

アンケート調査の結果、北海道むかわ町は多彩な自然に恵まれ、ファミリー層の観光にもピッタリな町といえます。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年1月15日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

北海道むかわ町のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

北海道むかわ町でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

むかわ町といえば鵡川ししゃも! 珍しさとおいしさで大人気!
・ししゃもは北海道の太平洋岸でしか獲れない幻の魚です。特に鵡川産のものの旨さは他とは比べものになりません。特に子持ちししゃもがお薦めです(60代/男性/無職)
・ししゃもが、むかわ町の特産品で、しかもなかなか口にできないものだと知りました。そういえば、国内産のししゃもを目にする機会があまりないように思います。北海道から遠く離れた地では手に入れることが難しそうなので、ぜひ食べてみたいと思いました(40代/女性/個人事業主)
・むかわ町といえばししゃもが有名です。海外の代替品とは違って、とても高級でなかなか食べられないので選びました(40代/女性/専業主婦)
・鵡川=ししゃものイメージが大変強いからです。ししゃもは、今でこそ道外の百貨店や高級スーパーで見かけるようになったものの、まだまだ少なく、価格から手をのばすのをためらってしまいます。その特別感は、ふるさと納税のお礼品という条件に適しています。桐箱に入れて本物感を醸し出してほしいです(20代/男性/学生)
・以前お土産でもらったことがあります。とてもおいしかったので鵡川ししゃもを選びました。スーパーに売っているものとはまったく違いました(40代/女性/専業主婦)
国産のししゃもが珍しいからという回答が最も多く、むかわ町がししゃもで有名だから、おいしいからという声が続きました。ししゃもというと海外で水揚げされたものが多く、国内のものは珍しく感じられるようです。特に、むかわ町では町魚がししゃもに定められ、「鵡川ししゃも」は地域団体商標登録もされています。旬の時期に特産のししゃもを一度食べてみたいということなのでしょう。なかなか手に入らないことから、高級品のイメージもあるようです。以前食べたことがある人にとっては、繰り返し食べたくなるおいしさであることもうかがえます。
みんなが好きなメロン! 高い糖度と爽やかな口当たりが魅力
・北海道といえばメロンなので、ぜひほべつメロンを食べてみたい(40代/男性/正社員)
・ほべつメロンという名は初めて聞いたので、ぜひここのメロンを食べてみたいと思うからです(30代/男性/正社員)
・妻の一番好きな果物がメロンで、毎年箱で取り寄せています。特産品のおいしいほべつメロンをぜひ食べさせてあげたいです(30代/男性/正社員)
・名前からして、すごく熟しておいしい感じがします。メロンは子どもたちが大好きなので食べたいです(30代/女性/パート・アルバイト)
・気候が糖度の高いメロンを栽培するのに適しており、また農林水産大臣賞を取るなど品質も高そうだから。以前、鵡川町に立ち寄った時に食べてみましたが、とてもおいしかったのでまた味わってみたいです(40代/女性/専業主婦)
「北海道といえばメロンのイメージがあるから」という回答が最も多く、「ほべつメロンは食べたことがないから」「メロンが好きだから」「家族が好きだから」という声が続きました。北海道産メロンにおいしいイメージを持つ人が多い一方、ほべつメロンは知らなかったという人が多数を占めました。旧穂別町にあたる現在のむかわ町では、昼夜の温度差を活かして甘みの強いメロンが栽培されており、1996年には農林水産大臣賞を受賞しています。おいしさで実績のあるメロンを一度味わってみたいということなのでしょう。メロンが好きだったり、家族がメロン好きだったりして、みんなで食べられるメロンを選ぶ傾向もあるようです。
みずみずしくて甘さたっぷり 穂別のホワイトアスパラ
・北海道のホワイトアスパラは料理を引き立ててくれるので大好きです。上品な味わいを楽しみたいです(40代/女性/個人事業主)
・普段、缶詰に入ったものしか食べていないですが、生のものを入手し、味と食感を堪能したいから(50代/男性/正社員)
・ホワイトアスパラは珍しいので、お礼品にするのにぴったりだと思うからです(30代/女性/無職)
・大好きなのに、なかなか手に入らないホワイトアスパラ。みずみずしい新鮮なものを期待します(40代/女性/専業主婦)
・以前穂別のホワイトアスパラを食べておいしかったので選びました。むかわ町の方が実践している食べ方などがあればぜひマネしたいです(40代/女性/専業主婦)
穂別のホワイトアスパラが、ほべつメロンと並ぶ結果となりました。「生のホワイトアスパラはめったに食べられないから」という回答が多く、「ホワイトアスパラが好きだから」「料理に合うから」「以前食べておいしかったから」という声が続きます。缶詰なら食べたことがあっても、生のホワイトアスパラは食べたことがなく、珍しいと感じる人が多いようです。また、さまざまな料理の付け合わせに便利で、おいしいことも選ばれるポイントなのでしょう。実際に食べておいしかった記憶のある人が、もう一度食べたくなることもあるようです。
そば好きにはたまらない! 地元産のそば粉&石臼の丁寧な作業
・そばが大好物なので、いつも良質の物を買います。石臼で挽いたという粉を使ったおそばをぜひ食べてみたいと思いました(40代/女性/正社員)
・北海道はラーメンのイメージが強かったが、北海道でとれるそば粉を使っているそうなので、味が気になったから(20代/女性/無職)
・無類の蕎麦好きなので、鵡川そばがいいです。つゆもこだわっているようでおいしそうです(40代/女性/専業主婦)
・北海道にそばのイメージが無かったので、新鮮さに惹かれました(30代/男性/無職)
「そばが好きだから」という回答が最も多く、「北海道でそばを生産していることを知らなかったから」という声が続きました。そばが好きでよく食べる人にとって、鵡川産のそば粉を使っていることや、石臼でじっくり実を挽いていることなどが魅力的に感じられるようです。ぜひ一度味わってみたいという気持ちがそそられるのでしょう。地元店自慢のそばつゆがセットになっているため、地元の味を丸ごと楽しめるのも人気の理由です。北海道でそばを生産していることが意外に感じられた人もいました。穴場的感覚で、新たなおいしいものを見つけたい気持ちがあるのかもしれません。
ししゃも・メロン・ホワイトアスパラ むかわ町ならではの味覚に人気集中!
最も人気が高かったのは鵡川ししゃもで、次にほべつメロンと穂別のホワイトアスパラが並び、鵡川そばが続く結果となりました。むかわ町の特産品として、ししゃもが広く認識されていることがうかがえます。珍しさやおいしさから、ふるさと納税ならではのお礼品として選ばれるのでしょう。ほべつメロンと穂別のホワイトアスパラについても、珍しさやおいしさの点で人気を集めているといえそうです。また、鵡川そばは、そばの生産があまり知られておらず、お礼品として斬新に感じられた面もあるようです。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ