認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道遠別町(えんべつちょう)のふるさと納税・地域の情報

北海道遠別町の地域情報

北海道遠別町は、北海道の北西部に位置する町です。そして道内では留萌地方に当たり、その中では北に位置します。町の西は日本海に面していて、北に天塩町、東に中川町と幌加内町が接しています。そして、南西にある町が羽幌町と初山別村です。留萌総合振興局庁舎のある留萌市からは、約92.9km北上したところにあり、道庁を置く札幌市からは北北東に直線距離で約190km進んだところにあります。

遠別町の誕生は、遠別原野等に入植してきた明治30年まで遡ります。当時密林だった土地の手作業での開拓は困難を極めましたが、続けて土地を開墾し耕作も行うこと数年、馬鈴薯や麦、豆などを作れるようになっていきました。水稲栽培は難しかったものの、果敢に挑戦し、明治36年には豊作となりました。これを発端に「稲作北限のまち」として町は発展を遂げます。

北海道遠別町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・保健及び福祉の充実に関する事業
・子どもたちの健全育成及び保全に関する事業
・環境の保全及び景観の維持、再生に関する事業
・消費者と生産者を結ぶ元気な農林漁業推進に関する事業
・地域コミュニティの推進に関する事業
・遠別農業高等学校の存続・活性化に関する事業
・その他まちづくりに資する事業

出典:遠別町ふるさと納税まちづくり応援寄附金
(http://www.town.embetsu.hokkaido.jp/docs/2017022300016/)

北海道遠別町についてのイメージ調査

北海道遠別町について、どんなイメージがあるのかをアンケート調査してみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道遠別町

【回答数】
自然:32
伝統:1
観光:11
経済:0
人情:0
閑静:5
便利:1


アンケート結果は、自然をイメージする人が非常に多いという結果でした。
・遠別町は北海道の留萌管内北部にある風光明媚な町です。緑豊かな町内には「金浦原生花園」や「樹遠大橋」といった景色の良い場所がたくさんあります。「富士見ヶ丘公園」ではキャンプやゴルフを満喫することが出来ます。また二種類の温泉が楽しめる「森の中の温泉旭温泉」も人気です。町の特産品には米・ホタテ・タコ・鮭・ヒラメ・カレイ・貝柱・メロン・ジャガイモがあります。(40代/女性)
・北海道遠別町といえばやはり、風景がとても美しい地域であり、自然が豊かな場所であると思うからです。また、遠別町といえばその他には、美味しいジャガイモが特産品の一つであると思うので、このエリアといえばジャガイモだと思います。(20代/女性)

コメントの通り、風景が美しく自然と楽しむことができるスポットが多いことから、このイメージを持つ人が多く見られました。また、農産物や海産物などが特産品で自然の恵みが溢れている印象もあるようです。

次いで多く見られたのは、観光というイメージでした。
・遠別町の旭温泉は、昔からの建物の雰囲気を残して作られていても中はとても綺麗な施設です。真っ黒な湯と朱色がかった湯という珍しい浴槽と、露天風呂や歩行湯も有ります。シャンプーやドライヤー等もしっかり設置されている為、手ぶらで行ける温泉施設ともされています。(30代/男性)
・人気のフォトスポット「金浦原生花園」や、広い芝生がずっと続いてる「富士見ヶ丘公園」など自然豊かな北海道ならではの観光名所がたくさんあります。観光以外にも特産品が人気あります。日本最北の純米酒・遠別町の米粉で作るロールケーキなど、遠別町ならではの特産品も有名です。(30代/女性)

温泉やフォトスポットとして有名な美しい風景などがあるため、観光で訪れるのにも良い町というイメージがあることがわかります。

ほかの回答は、閑静や伝統といったものでした。
・いい意味での閑散とした土地ですが、ここ最近では、ふるさと納税でも有名となりました。農業高等学校は規模が小さいけれど、しっかりとした教育過程のなかで指導されていて、人気がある高校となっており、ふるさと納税返納品のお肉の加工もしている(40代/女性)
・過疎化が進んでいる農業の町という印象ですが、農業高校もあり、若い人材を育てています。特にメロンが美味しいです。また町内にある旭温泉に泊まったことがありますが、落ち着いた雰囲気のこじんまりとした温泉でした。また行きたいです。(50代/女性)
・エゾモモンガの「モモちん」というマスコットキャラクターが、遠別町のホームページに登場しています。日本最北端の稲作が行われています。旭温泉は、北海道天塩郡遠別町字旭にある温泉があり、観光客が多く来られます。(30代/女性)

静かで落ち着いた雰囲気のある農業の町という印象を持つ人もいました。また、温泉などのんびりできる施設もあるため、ゆっくりと静かに過ごすには良い町であるということのようです。

アンケート調査の結果、観光スポットなども自然を感じることのできる場所が多く、美しい景色と美味しい特産物を楽しめるのどかな町といったイメージを持つ人が多いのがわかりました。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ