認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道占冠村(しむかっぷむら)のふるさと納税・地域の情報

北海道占冠村の地域情報

北海道占冠村は、四方を山に囲まれ、村の面積の9割以上が山林となっています。占冠村は、北海道のほぼ中央に存在し、近隣の村との境がほぼ分水嶺になっている自治体です。複数の水系が利用できることから、占冠村は水資源が豊かで、トウモロコシやカボチャなどの農地も見られます。村の中心を石勝線と道東自動車道が横断し、石勝線の「トマム」駅には、スキー場が運営され、リゾート地としても有名です。また、占冠村では、「自然体感占冠」をキャッチフレーズとして自然が豊かであることをアピールし、近隣の市町村と「富良野・美瑛観光圏」を形成しています。一級河川の「鵡川」を利用したラフティングは、上級者も満足できるもので、景色も奇麗です。

北海道占冠村のふるさと納税寄付の使い道一覧

・豊かな森林資源を活かした「林業の振興」に向けた取組(例:森林整備、木質バイオマスの利活用推進など)
・地域の特徴を活かした「農業の振興」に向けた取組(例:新規就農対策、農業被害対策など)
・安心して暮らせる村であるための「福祉の推進」に向けた取組(例:高齢者支援、子育て支援など)
・大自然の恵みの保全と活用を推進する「環境保全と観光の振興」に向けた取組(例:村立自然公園の整備など)

出典:北海道占冠村|ふるさと寄附金| しむかっぷ・村づくり寄附金(ふるさと納税)のお知らせ
(http://www.vill.shimukappu.lg.jp/shimukappu/section/kikaku/nmudtq000002m2or.html)

北海道占冠村についてのイメージ調査

北海道占冠村にどのようなイメージを持っているか、50人に聞いてみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道占冠村

【回答数】
自然:29
伝統:4
観光:12
経済:1
人情:1
閑静:1
便利:2


アンケートの結果、最も多かったのが自然というイメージです。
・北海道占冠村は北海道の山あいに位置している村なので、自然という言葉がぴったりだと思います。そして有名なものと言えば、エゾシカ料理です。ヘルシーで高たんぱくなので、健康志向の人々の間で人気が高まっています。(40代/男性)
・豊かな自然に恵まれており、とりわけ狩振岳やトマム山、国境山などの山々に囲まれていることで知られています。また、鵡川など、美しい水資源にも恵まれているエリアです。アウトドアを堪能することもできます。(50代/女性)
北海道占冠村は山々に囲まれている地域で、鵡川の美しい水源があるという理由で自然を選んだ方が多くいました。大自然のなかでアウトドアアクティビティを満喫することができます。北海道占冠村のヘルシーなエゾシカ料理は、健康志向の方々から人気のようです。

次に多かったのは、観光というイメージです。
・占冠村を訪れるなら冬がお勧め。星野リゾートトマム内につくられる「アイスビレッジ」は、トマムに冬だけ現れる氷の街。-20℃にもなるトマムの環境だからこそ作り出せる幻想的な「氷のオアシス」が広がります。寒さも忘れて見入りたくなる美しい氷の芸術です。(40代/女性)
・雲海がみれるからです。晴れているときはきれいな雲海をみることができます。占冠村といえば、星野リゾートトマムだと思います。スキー場が非常に広く、イベントも行っておりアイスビレッジが楽しめます。アイスビレッジでは教会や家、飾り物まですべて氷で作られているので、一度訪れてみると良い思い出になります。(20代/女性)
コメントからも分かるように、北海道占冠村では冬のアクティビティが多数あることから観光を選んだ方が多くいました。教会や家など、すべて氷で作られた幻想的なアイスビレッジや晴れた日にはきれいな雲海を一望できます。また、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツにも最適な場所です。

他にも伝統や経済、人情という意見もありました。
・「自然体感占冠」をキャッチフレーズとしており、占冠村を含む1市6町村で「富良野・美瑛観光圏」を形成しています。村名の由来は、アイヌ語の「シモカプ」(shimokap、とても静かで平和な上流の場所)です。(20代/女性)
・北海道占冠村は、農業や林業、酪農も盛んな地域で、観光地としても有名な地域です。ジャガイモやかぼちゃ、とうもろこしやメロンやなどの様々なタイプの食物を栽培しています。また自然を利用したアウトドアを体験できる施設もあるようなので、経済を選びました。(40代/女性)
・小さ町ですが、地域の人たちは優しい人が多いです。占冠は田舎な為に塾や習い事をする場所がないので、その代わりに村主体で教育には熱心な取り組みがされています。(40代/女性)
アイヌの名残があることから伝統、農業が盛んで観光地としても知られているので経済を選んだという方もいました。優しい村人が多く、教育にも力を入れているようです。

アンケート調査の結果、北海道占冠村は冬に観光するのに最適な場所といえます。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ