認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道登別市のふるさと納税・地域の情報

登別市/のぼりべつし

北海道登別市の地域情報

北海道登別市は、北海胆振総合振興局の管轄エリアにある市です。市域は北海道の南西部に位置し、東西南北それぞれに角を持つひし形に近い形状をしています。
登別市は北東側で白老町、北西側で壮瞥町、南西側で伊達市及び室蘭市とそれぞれ境を接しています。南東側は海に面しています。室蘭市とは海岸線を走るJR室蘭本線で結ばれており、両市の中心駅である幌別駅と東室蘭駅との間は特急を使えば10分弱で行き来できます。道庁所在地である札幌市からは、直線距離にして約60キロメートル南西にあります。
登別市の名は同名の温泉地とともによく知られており、観光都市として発展を続けています。南部の海岸沿いは室蘭工業圏の一角をなす工場地帯となっています。

北海道登別市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・市民活動の促進に関する事業
・安全安心な市民生活の充実に関する事業
・地域経済の振興に関する事業
・観光の振興に関する事業
・保健福祉の充実に関する事業
・環境保全と景観の形成に関する事業
・教育の充実に関する事業
・文化・スポーツの振興に関する事業

出典:登別市ふるさとまちづくり応援寄附金|【ふるさと納税】寄附金活用事業
(http://www.city.noboribetsu.lg.jp/categories/bunya/zei/furusatonozei/)

北海道登別市についてのイメージ調査

登別市はどんな印象を持たれているでしょうか。50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道登別市

【回答数】
自然:16
伝統:4
観光:28
経済:0
人情:0
閑静:0
便利:2



アンケート結果から、半数以上の人が観光と答えました。
・登別は温泉街として知られ、旅館やホテルも多く地獄谷や天然足湯などもあり多くの観光客が訪れるので。登別にある「のぼりべつクマ牧場」はロープウェイでアクセスするところから始まり到着前から楽しめます。人間が織の中に入っているような感覚になる人のオリはクマを間近でじっくり観察できます。(30代/女性)
・登別市といえば、「のぼりべつクマ牧場」。ここでは、主にヒグマが飼育されており、ヒグマ博物館とアイヌ生活資料館も併設されています。秋にドングリを持って行くと入場料が割引になります。ドングリはクマのえさになるそうです。(40代/女性)
地獄谷や天然足湯などもあり、アイヌ生活資料館もあることから観光を選んだようです。

次に自然と答えた人が多かったです。
・登別市は北海道の南方に位置している市です。日和山の噴火活動によりできた「登別地獄谷」と「大湯沼」やその近くの川を流れる天然足湯など、見所の多い観光名所となっています。特に登別温泉は全国でもその名を知られている名湯です。特産品は海産物やそれらの水産加工品、牛乳で作られたプリンやチーズなどがあります。(40代/女性)
・自然を満喫できるスポットが沢山あるから自然を選んだ。「地獄谷」にぜひ一度行ってみたい。自然のすごさを感じたい。「大湯沼川の天然足湯」も行ってみたい。天然の足湯に行ったことがないのでどんなところか気になる。(20代/女性)
日和山の噴火活動でできた登別地獄谷、大湯沼、天然の足湯など、自然が生み出した地形を指摘しているようです。

少数意見はこんなものがありました。
・登別と言えば、迷うことなく地獄谷温泉という印象なのですが、実は他にも結構知られているのが、クマ牧場だと思います。印象としてエサをもらう時の、クマたちのパフォーマンスがとても可愛いかったです。ほかの催しとしては、クマ総選挙をやっていたと記憶していますが、今もやっているのでしょうか。(50代/男性)
・のぼりべつクマ牧場では高低差300mをロープウェイでつないだ山頂から無料シャトルバスで移動できます。そこでは100頭以上のさまざまなクマが生息しており、成獣のオス群れではボス争いに関わる威嚇マーキング行動が発情期が始まる5月頃から発生するします。(30代/男性)
・の、ぼ、り、べ、つ!といえば、く、ま、ぼ、く、じょ、う!登別くま牧場のCMは、一度見たら忘れられません。YouTubeでみれるので、チェックしてください。くま牧場の中でも覇権争いがあり、飼育係の方のブログが大変面白いです。(20代/男性)
登別の由来、クマ牧場のボス争いなど、伝統として考えている人も少なからずいました。


登別市のイメージ調査の結果、日和山の噴火活動でできた登別地獄谷、大湯沼、天然の足湯など温泉地として有名で、観光先として訪れる人がいる他、登別の由来、クマ牧場のボス争いなど伝統がある地域だということがわかりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月29日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月29日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ