認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道赤平市のふるさと納税・地域の情報

赤平市/あかびらし

北海道赤平市の地域情報

北海道赤平市は、北海道中央部より、やや西寄りの空知総合振興局管内に所属しています。同局管内では、「中空知」と呼ばれる中央部分に位置し、市域には、空知川が東から西に向かって流れています。市街地は、空知川流域に沿って発展していて、川に並行する形で、JR根室本線と国道38号線が走り、かつては道東と道央を結ぶ重要な交通路となっていました。市街地を外れると山地が広がっていて、キャンプ場や温泉などもあり、自然が豊かな環境となっています。石炭産業で栄えた歴史を持ちますが、近年では炭鉱産業遺産を活用した観光産業に力を入れて取り組んでいるところです。隣接する自治体には、滝川市や深川市、芦別市などがあり、海には接していない内陸の自治体となっています。

北海道赤平市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・命と健康守るため地域医療の充実を図る事業
・子どもたちが元気で健やかに育つための事業
・市民自らのまちづくりに資する事業
・炭鉱遺産を保存・継承したまちづくりに資する事業
・その他まちづくりに資する事業
・使途を指定しない

出典:あかびらガンバレ応援寄附金(ふるさと納税)|赤平市ホームページ
(http://www.city.akabira.hokkaido.jp/docs/2018022000029/#tukaimiti)

北海道赤平市についてのイメージ調査

赤平市はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道赤平市

【回答数】
自然:20
伝統:10
観光:10
経済:2
人情:2
閑静:4
便利:2



アンケートの結果から自然と答えた人が多かったです。
・私は冬のスポーツがとても大好きで、良くスケートやスキーをやります。今年はスノボーにも挑戦しようと思っているのですが、かもい岳国際スキー場が気になっています。口コミも評価が高いようですし、斜度なども絶妙なのようです。行けることをとても楽しみにしています!(20代/男性)
・北海道赤平市は炭鉱産業などで栄えていましたが、近年ではそれらの跡を生かした観光に力を入れているという印象が強くあるので、観光というワードも合っていると思います。一方で、赤平市は自然や緑が多く山に囲まれているということもあるので、このエリアを表していると思うワードは「自然」だと思います。(30代/男性)
自然や緑が多く山に囲まれており、冬シーズンは、口コミの評判が高い斜度なども絶妙なかもい岳国際スキー場がオープンしています。地形を生かしたスキー場があることから自然と選んだようです。

次に多かったのが、伝統と観光でした。
・北海道赤平市は、昔は炭鉱の町だったようです。今はズリや立杭などの炭鉱産業の遺産を生かした町作りを進めているようです。昔の遺産を生かして町作りをされているので伝統の言葉がピッタリかなと、思い伝統を選びました。(40代/女性)
・炭鉱の町として栄えた歴史を、ズリ山や立杭やぐら、そして炭工場跡などから見ることができます。またエルム高原で森林を楽しみながら、温泉やキャンプなどを楽しむこともできます。あかびら火まつりも勇壮で見応えもあるので、時期を合わせて訪れても良いでしょう。(50代/女性)
炭鉱の町だったのですが、衰退した結果、ズリや立杭などの炭鉱産業の遺産を生かした町おこしをしていることから、伝統を選んだのではないでしょうか。

・旧赤間炭鉱のズリ山が展望台になっています。 頂上までは777段の階段を登らないとなりません。 熊出没注意の看板もある通り、周辺はヒグマの生息域ですので単独行動は控えた方が良いでしょう。 上より手前の辺りが一番眺望が良かったです。(40代/男性)
・地域経済の建て直しに取り組み、ズリ山・立坑などの炭鉱産業遺産を生かした観光に力を入れています。ズリ山階段として日本一だった長崎県のボタ山階段を抜いて日本一となりました。階段を登ると頂上から赤平市街地のほか、暑寒別岳や十勝岳を一望することができます。(30代/女性)
旧赤間炭鉱の頂上まで777段のズリ山が展望台になっており、ズリ山階段として日本一となっています。暑寒別岳や十勝岳を一望することができるので観光と選んだのでしょう。

その他の回答はこちらです。
・赤平オーキッドの胡蝶蘭が有名だと思います。環境にやさしいエコな取り組みを推進していて、地熱を使って栽培施設に熱を送り栽培していると聞いたことがあります。市民のごみの排出量も少なく市民が環境にかんして意識が高い市です(40代/女性)
・工業が盛んだから。大正6年以降は次々に炭鉱が開かれ、昭和14年には住友赤平鉱の開坑で本格的な炭都に成長した。戦後の炭鉱好況期には人口も5万を超えた。しかし、炭鉱不況を迎えて閉山が相次ぎ、最後に残った住友赤平鉱も、平成6年に閉山した。その後は産炭地振興対策として企業誘致に力を入れ、鞄、木材、食品などの工業があり、平成7年には第二工業団地が分譲開始された。(20代/男性)
・北海道赤平市はおためし暮らし住宅がありますが、一定の期間くらせるみたいです。一度田舎で暮らしたいと思ってて、探したことがありますが、素敵な場所かなと思いました。旅行でまた行ってみてじっくり先を考えたいです。(40代/女性)
赤平オーキッドの胡蝶蘭が有名で、環境にやさしいエコ活動に力を入れている地域です。地熱を使って栽培施設に熱を送ったり、市民のごみの排出量が少ないことが挙げられます。

赤平市のイメージ調査の結果、炭鉱の町として栄えましたが、衰退後はズリや立杭などの炭鉱産業の遺産を生かした町おこしをしたり、ズリ山の頂上から見える暑寒別岳や十勝岳を一望できる観光スポットを作ったり、エコ活動に力を入れている地域と結論付けます。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ