ランキングとレビューで探せる利用率No.1ふるさと納税サイト

北海道安平町(あびらちょう)

  • 北海道安平町のご紹介
  • お知らせ
  • ふるさと納税のお礼品
  • ふるさと納税の使い道
  • ふるさとサポーター制度について

ふるさと納税の使い道

 1. 役場による町民のための事業資金(行政サービス・公共事業へ活用されます)

区分 内容
1. 町長おまかせ事業 平成30年に発生した「北海道胆振東部地震」により、町内の中学校は使用できなくなり、現在も生徒たちは仮設校舎での学校生活を余儀なくされています。
子育て・教育を柱としたまちづくりを進めている当町では、安平町の未来へつながる復興のシンボルとして、「小学校・中学校の施設一体型」による魅力ある学校整備を目指しています。これら学校再建への活用をはじめ、地域づくりへ役立てていきます。
2. まちづくり事業 自然環境の保全、快適な生活環境の整備、地域社会福祉の充実など暮らしやすいまちづくりの推進に活用します。
3. 産業づくり事業 農林業の振興、活力ある地域産業の育成に活用します。
4. ひとづくり事業 文化・スポーツの振興を奨励、地域の個性を発揮できる輝く人材づくり事業に活用します。

 2. 町民の町民による町民のための応援資金(町民の主体的な活動に活用)

この故郷を守り、この故郷を元気にするため活動する町民を応援する資金(あびら まちづくりファンド)として活用

 北海道安平町は、ふるさと納税を通じていただいた寄付金を、上記の『ふるさと納税の使い道』に活用させていただきます。
 北海道安平町では、ふるさとの元気をフルにする「使い道(政策/事業)」を定め、地域振興を推進します。ふるさとを活性化することで、みなさまの笑顔の輪を広げられるよう、いただいた想いを大切につないでまいります。
 北海道安平町の住民たちが思い描き、創出しようとしている「ふるさとの未来像」に共感をいただいたり、まちづくりへの姿勢や施策に賛同してくださる方は、ぜひ、寄付先を生まれ故郷以外からも自由に選べる、ふるさと納税の利用をご検討ください。

"ふるさと納税"に関するお問い合わせ

ページ上部へ