認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県座間味村(ざまみそん)のふるさと納税・地域の情報

沖縄県座間味村の地域情報

沖縄県座間味村は沖縄本島から約40kmほど離れた西側にある島にある村です。周辺にある慶良間諸島の西側の大半の面積を占めている大きな村になります。沖縄県の県庁所在地に当たる那覇市から西側に位置していて、本島との行き来は船が中心です。そのため、那覇市から座間味村へのアクセスは高速フェリーを利用して1時間程度で行くことができます。
座間味周辺は南国特有の珍しい魚も多数泳いでいることから、ダイビングや釣りの名所としても人気です。そのほかにも、海の透明度の高さから国内でも有数のサンゴの生息場所として知られています。村には観光用のグラスボードが用意されていて、泳げない人でも船の中から数種類にも及ぶさまざまなサンゴを見ることが可能です。

沖縄県座間味村のふるさと納税寄付の使い道一覧

・ラムサール条約に指定された海域などの豊かな自然環境を次世代に残す為に、サンゴの保全・森林の保護、村内集落の美化活動を推進する事業
・次世代を担う子供達を健全に育成する為に、地域間交流や国際理解・循環・平和などの教育を行う事業
・住民が健康で安心した生活を送る為に、医療の推進と介護や福祉の充実を図る事業
・住民の豊かな暮らしを支える為に、生活環境の整備や産業振興を図る事業
・その他村長が必要と認める事業

出典:座間味村ふるさと納税|座間味村インフォメーション 座間味村公式webサイト
(http://www.vill.zamami.okinawa.jp/info/furusato.html)

沖縄県座間味村についてのイメージ調査

沖縄県座間味村はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県座間味村

【回答数】
自然:28
伝統:0
観光:18
経済:0
人情:0
閑静:1
便利:3



アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・座間味といえば、海か綺麗でダイバーが集まるところです。なので、便利とかそうゆうイメージよりも自然が素敵なイメージです。実際に潜ったことありますが、海が青くて亀や魚も沢山いてとても素敵な海でした。日本人だけではなく、海外からもダイバーが集まる所です。(40代/女性)
・座間味村といえば、慶良間諸島。日本一、いや、世界一綺麗とも言われている沖縄県のコバルトブルーの海の中でも一際美しいと言われているのが「慶良間ブルー」の愛称で親しまれている青い海です。冬には多くのクジラが押し寄せます。(30代/男性)

コメントからも分かるように、コバルトブルーの海があるという理由で選んでいる人が多いようです。
座間味村は言わずと知れた世界的にも有数のダイビングスポットがあります。とにかく海が綺麗でサンゴ礁に集まる熱帯魚を間近で見ることができます。また座間味は慶良間諸島を含んでおり大自然を満喫するには最高のエリアと言えるでしょう。タイミングが良ければクジラを見ることもできるため座間味村と言えば「自然」とイメージした人が多いのにも納得ですね。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・沖縄県座間味村は、20余りの島からなる村になるそうです。大自然がそのまま残っている地域フィルタが多く、ビーチやホエールウォッチングも楽しむことができるようで、観光客に大人気の観光スポットになっているようです。(40代/女性)
・座間味村は、沖縄本島那覇市の西方約40kmに点在する慶良間諸島のうち座間味島ある村で、周辺にはビーチや、展望台などの観光スポットがいっぱいあります。特におすすめの観光スポットは、高月山展望台で、展望台からの景色は最高です。(40代/男性)

コメントからも分かるように、人気ビーチや展望台があるという理由で選んでいる人が多いようです。
座間味村には大自然を活かした観光スポットがたくさんあります。離島を含む座間味村そのものが貴重な観光資源となっておりどこに行っても壮大なパノラマが広がります。特にコバルトブルーの海を高台から眺めることができる展望台は座間味村でも有名な観光スポットとなっているようです。観光客を対象にしたお店も多いことから観光というイメージを持つ人が多いのも不思議ではありません。

また、他にも便利や閑静という意見も見られました。
・座間味村は慶良間空港が有名です。そのため便利のワードを選択しました。座間味村は、1982年(昭和57年)2月に民間が設置・管理する非公共用飛行場としての設置許可および開発許可を受け、同年3月に第1期工事に着手しました。同年7月にケラマ飛行場として運用が開始され、民間航空により運航が開始されました。(30代/女性)
・慶留間島にある国指定重要文化財。 高良家は船頭主屋と呼ばれる旧家だった。 珊瑚の石垣で囲まれ、ひんぷんが建ち、赤瓦葺きが見事な沖縄離島独特の住宅です。慶留間島の集落内にあり、案内が数カ所に出ているので、迷わずに行けます。(40代/男性)
・那覇市から高速船で約50分、西へ約40kmの東シナ海に浮かぶ亜熱帯の慶良間諸島の西半分の島々からなる離島の村が、座間味村です。透明度抜群の海と世界屈指の珊瑚礁、数々の熱帯魚にいろどられた美しい海中景観で知られ、3つの有人島はいずれも亜熱帯の森に覆われています。(60代/男性)

座間味村にある慶良間諸島は高速フェリーで結ばれているので大変便利です。沖縄本島からも短時間でアクセスできるので不便を感じることはなさそうです。また飛行場も整備されているので緊急時でも安心して生活することができます。大自然に囲まれながら都会の喧騒を忘れてゆっくりと過ごすには最適な場所です。座間味村は観光地としても知られているので分かりやすい標識があるので車の運転も心配する必要がなさそうです。

沖縄県座間味村のイメージ調査の結果、自然と答えた人が大半を占め、残りは観光という意見が目立ちました。 数々の離島から成る座間味村には多くの自然が残っており、毎年大勢の観光客が訪れます。ダイビングやホエールウォッチングは座間味村で味わえるアクティビティです。観光地のゆえに交通が整備され地元の人も暮らしやすい地域と言えます。座間味村なら自然に囲まれながら静かに過ごせそうです。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ