認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県南風原町のふるさと納税・地域の情報

南風原町/はえばるちょう

沖縄県南風原町の地域情報

沖縄県南風原町(はえばるちょう)は、沖縄本島南部のほぼ中央に位置するまちで、那覇市の東側に隣接しています。沖縄自動車道や那覇空港自動車道といった主要な高速道路や幹線道路が通っているため、那覇市をはじめ、各方面への交通アクセスが便利です。南風原町は周囲を6つの市町で囲まれ、沖縄県で唯一海に面していない町です。面積は10.76平方キロメートルとなっており、県内で4番目に面積の小さな町となっています。南風原町には12の字(あざ)があり、各エリアごとに多くの伝統芸能や文化財が残され、各地域の伝統文化は継承されています。織物のまちとしても知られており、琉球かすりや南風原花織などの伝統織物の製作所が残っています。

沖縄県南風原町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・(1)教育、文化、スポーツ活動の充実に関する事業
・(2)町民の健康増進及び福祉の向上に関する事業
・(3)産業の振興及び魅力ある観光地づくりに関する事業
・(4)自然環境の保全及び景観の維持、再生に関する事業
・(5)町民によるまちづくり活動の推進に関する事業
・(6)その他目的達成のために町長が必要と認める事業

出典:南風原町へのふるさと納税(寄附)
(http://www.town.haebaru.lg.jp/docs/2018040500013/)

沖縄県南風原町についてのイメージ調査

沖縄県南風原町とはどのようなところでしょうか。アンケートで50人に聞いてみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県南風原町

【回答数】
自然:20
伝統:6
観光:11
経済:4
人情:2
閑静:2
便利:5


1位は自然という結果になりました。
・南風原町は、沖縄本島南部に位置する町である。那覇市など6市町に囲まれ、沖縄県では唯一、海に面していない自治体である。まぶしいほどの豊かな自然につつまれたまちです。交通の便などは今一つですが、それを補ってあまりある素晴らしいところです。穏やかな気候と南国特有のおおらかな人情に包まれて、ゆっくりと時を過ごすにはとてもいいところです。(50代/男性)
・ここは、沖縄本島南部に位置する町ですね。沖縄県では唯一海に面してない自治体ですね。観光名所は、中央公民館、沖縄県公文書館などですね。特産物は、琉球かすり、チィーガ、かぼちゃ、スターフルーツなどですね。(40代/男性)

沖縄県で唯一海に面していない自治体ということで意外性を感じる人も多くいました。沖縄の強い日の光を浴びて育った農産物がよく知られていました。

2位は観光という結果になりました。
・沖縄本島の那覇市の隣に位置する南風原町は、観光地であるイメージです。琉球かすりやエイサーや獅子舞など伝統文化が多数あり、その見学なども可能です。また、戦時中の激しい地上戦があった地域でもあります。その遺構や経験者からの話など、改めて平和に関して考えることのできる場所です。(30代/女性)
・南風原町は、トロピカルフルーツの産地です。形の切り口と爽やかな甘さで人気のスターフルーツは、県内生産量のうち約70%を南風原町でつくっています。また、マンゴーもおいしいです。沖縄そばに名産のかぼちゃを練りこんだ「南風原かぼちゃ黄金そば」は、鮮やかな黄金色の麺で、つるつるとなめらかな舌触りです。(40代/女性)

南風原町には琉球かすりやエイサー、獅子舞などの伝統文化があることが知られていました。トロピカルフルーツが美味しいことでも知られていて、マンゴーやスターフルーツなどの魅力が語られていました。戦争中は激しい地上戦があったことも知られていて、平和への思いを強くした人もいました。

その他には伝統、便利、経済などのキーワードが挙げられていました。
・沖縄県南風原町は、おきなわけんはえばるちょうと、読む町である。読み方が独特で、すぐに覚えることができた、琉球語が大変影響している町である。南風原町は、沖縄ならではの豊かな自然と伝統文化を伝える施設になっている沖縄そばなどのご当地グルメもあれば、沖縄戦争の名残ものこっている(30代/男性)
・沖縄県南風原町は新春マラソン大会です。夫婦でスポーツを始めて、沖縄なのであんまり寒くないことも考えて参加するなら旅行がてら行きたいね。と計画していて話し合っています。テニスをしていますが、マラソンも初めて健康を考えてスポーツしたいです。(40代/女性)
・海のイメージが強い沖縄県において、唯一海に面していない自治体が南風原町です。その代わり織物の町として有名で、琉球かすりや南風原花織などの伝統工芸が盛んです。かすりロードはその機織りの際にでる音が響き渡る場所として、観光客お勧めの散歩道になっています。(30代/男性)
・沖縄県南風原町は沖縄本島にある町で、経済が発展しているイメージがあります。そして欠かせないお店と言えば、上原そば店です。オリジナリティのある美味しい蕎麦が揃っており、地元の人気店になっているようです。(40代/男性)
・南風原町は那覇空港からも近く、沖縄自動車道も通っておりインターも南風原北と南風原南2か所ありアクセスが便利なので。住宅街も多くショッピングセンターもあり、買い物も便利なので。南風原といえばかぼちゃ。沖縄県内ナンバーワンの生産量です。(30代/女性)

南風原町の町名について述べられていました。織物の町として知られていてかすりロードは観光客にも人気があります。交通アクセスも良く、経済的に潤っているイメージがありました。

アンケート調査の結果、沖縄県南風原町は沖縄で唯一海に面していない自治体として知られ、注目を集めていることがわかりました。琉球かすりなどの伝統産業が盛んでトロピカルフルーツの美味しいところとしても知られていました。沖縄戦の記憶に注目した人もいました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月13日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月13日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ