認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

沖縄県今帰仁村のふるさと納税・地域の情報

今帰仁村/なきじんそん

沖縄県今帰仁村の地域情報

沖縄県今帰仁村は沖縄半島の北部に位置し、2005年には屋我地島と橋で結ばれ2010年にはワルミ大橋の開通で屋我地島と村内側の本島がつながりました。今帰仁村は真っ青な海、手つかずの森林などの美しい自然に囲まれた観光地です。その中でも古宇利大橋や乙羽岳、沖縄本島北部で雄一の世界遺産である今帰仁城跡が有名です。また今帰仁城跡は桜祭りも有名で1月中旬から2月初旬にかけ幻想的な夜桜が楽しめます。新鮮な野菜、フルーツが豊富にとれ交通の便がよくなってきたことやインターネットの発達により近年は観光地のみならず移住先としても人気を集めています。那覇から沖縄自動車道を経由し、一般国道を利用して約2時間くらいで到着します。

沖縄県今帰仁村のふるさと納税寄付の使い道一覧

・未来を担う子どもの育成及び子育て支援に関する事業
・美しい自然環境の保全と地域資源を活かした観光むらづくり及び地域産業の振興に関する事業
・世界遺産・今帰仁城跡の保全並びに教育、文化、スポーツ活動の充実に関する事業
・健康で安らぎのある福祉のむらづくり並びに村民主体のむらづくりに関する事業
・その他目的達成のために村長が必要と認める事業

出典:今帰仁村ふるさと納税へご協力をお願いします!
(http://www.nakijin.jp/nakijin.nsf/doc/furusato-nouzei?OpenDocument)

沖縄県今帰仁村についてのイメージ調査

自分が住んでいる地域から離れた場所の情報や、自分の暮す地域の情報を集めようとすると、中々そのエリアを表す言葉が分からず検索しづらいことがあります。
そこで50名の方に7つのワードの中から、そのエリアを表していると思うワードを1つ選んでもらい、同時に理由を書いてもらうというアンケート調査を行いました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:沖縄県今帰仁村

【回答数】
自然:25
伝統:4
観光:19
経済:0
人情:0
閑静:1
便利:1


最も多くの人が選んだワードは、自然でした。

・今帰仁村には、沖縄でも屈指の美しさのビーチを持つ古宇利島がある地域であるため、自然というイメージがあります。古宇利島への橋を渡ると、そこは美しい自然に溢れた別世界です。古宇利島にはおしゃれなカフェや、古宇利島の美しい自然を一望できるオーシャンタワーがあります。(30代/女性)
・今帰仁村は沖縄県の国頭郡にある村です。「古宇利島」はエメラルド色の海が広がる美しい場所で、散歩や海水浴にもってこいです。「古宇利大橋」から見る海原も格別で、ドライブを楽しむ観光客が多くいます。またスキューバダイビングやシュノーケルといったマリンスポーツも体験できます。特産品はスイカ糖蜜「のーいん」です。(40代/女性)

コメントにある古宇利島が、自然というワードを選ぶ決め手になっているようです。
沖縄でも屈指の美しさを誇るビーチや、エメラルドグリーンの海でのマリンスポーツ体験など、実際に自分で見て触れて体験できる自然が豊富にあるのも理由の1つと考えられます。また国の天然記念物に指定されている諸志御嶽の植物群落もあり、自然というワードに事欠かないエリアであることが分かりました。

次に多かったのは、観光というワードを選んだ人です。

・サーターアンダギーを食べながら、コバルトブルーの海を眺め続ける。夕暮れ時の今帰仁城に昇って、三線を弾きながら古びれた城壁の上で佇む。本当の中でもゆっくりとした時間が流れる場所です。那覇市から遠いけど、是非足を運んで欲しい観光名所だと思います。(30代/男性)
・古宇利島がいいと思います。海がとんでもなく綺麗です。島自体はそこまで注目すべき観光スポットがあるわけではありませんが、何回も沖縄に行っている中で一番美しいと思える風景でした。思わずシャッターをきってしまうほどです。(20代/女性)

島の存在そのものが、観光地として多くの人に強い印象を与えていることが分かりました。特に古宇利島の人気の高さは、コメントからも分かる通りで、美しさもさることながらゆっくり過ごせる点が、より魅力的に映るようです。

この他には、伝統というイメージを持つ、という意見が寄せられました。

・沖縄県今帰仁村といえばやはり、日本国内でも非常に貴重な遺産として知られている琉球のグスク及び関連遺産群の一つである今帰仁城がある場所であって、とても歴史を感じることのできる場所であると思うからです。また、今帰仁村といえばそのほかには、とても美しい海が見える場所でもあると思います。(20代/女性)
・沖縄県今帰仁村では、伝統的な飼育法で豚を飼育していて豚料理が有名だったりするので、伝統というワードを選びました。沖縄県の首里エリアといえば首里城でしょう。首里城は沖縄らしい城や文化を見学することができます。(20代/男性)
・琉球王国以前に存在した国王北山王の居城跡。万里の長城を思わす特徴的な石垣は石灰岩で積まれ見事な曲線の美しさに思わず息を飲みます。別名北山城とも呼ばれています。当時の琉球の文化を調べたくなるような興味深い観光地の一つです(30代/女性)

今帰仁城をはじめとする、日本国内でも貴重な遺産である琉球王国に関わる遺跡群が、伝統をイメージさせる理由であることが分かりました。歴史を学びたくなるような文化遺産に触れられるのは、その土地の人々が伝統を守り継いできたからこそです。観光だけでなく、こうした歴史や伝統に触れられる場所というイメージを持つ人が多くいました。

アンケート調査の結果、沖縄県今帰仁村というエリアに対して、自然や観光というワードを選ぶ人が多いことが分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ