認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

長崎県佐々町(さざちょう)のふるさと納税・地域の情報

長崎県佐々町の地域情報

長崎県佐々町は、長崎県北部、北松浦半島の南西部にある町です。佐々町は北松浦郡に属し、周りを佐世保市に囲まれています。町の東境に韮岳から牟田原に連なる山々があり、西の境の盲ヶ原から北境の鷲尾岳までは江里山脈が連なっています。この間に形成される佐々谷、また佐世保市にある国見山を源流とする町の中心部を流れる佐々川沿岸に展開した町です。

佐々町は古くは炭鉱の町として栄えてきました。温潤な気候にも恵まれ、現在は農業が盛んで、平野部や中山間地で水稲や野菜、いちごなど果樹の栽培が行われています。

佐々町には、松浦鉄道西九州線や国道204号などがある他、近年、西九州自動車道佐々インターチェンジが開通し、佐世保市への交通の便がよいことから、ベッドタウンとしての宅地化も進んでいます。

長崎県佐々町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・町民団体との協働のまちづくり促進事業
・子どもたちの教育関連事業
・指定なし

出典:寄附金の使いみち|寄附金の活用方法|佐々町応援ふるさと寄附金
(http://www.sazacho-nagasaki.jp/one_html3/pub/default.aspx?c_id=49)

長崎県佐々町についてのイメージ調査

このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。

佐々町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。
アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・お茶の栽培が盛んで、佐々川では鮎釣りをすることができるので、自然が豊かな町だと思ったので選択しました。佐々町といえば、牟田原高原だと思います。個人的には、佐々川や皿山公園、千本公園等の桜の名所を見に行ってみたいです。(女性・20代)
・海に接している上に、佐々川などの河川が流れていますので、水資源が豊富なエリアとして知られています。アユ、シラウオなどの特産品があります。鷲尾岳などの山々もそびえていますから、風光明媚な景観を堪能することができます。(女性・50代)

コメントからも分かるように、鮎釣りが有名な「佐々川」や風光明媚な景観を堪能できる「鷲尾岳」という理由を選んだ人が多い傾向があります。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・町内の中山間地域には支石墓や古墳が残り、古来の人々の暮らしの跡が見られます。佐々川の水質回復もあり、早春のシロウオ漁や毎年6月1日に解禁されるアユ釣りは佐々町の風物詩のひとつとなっています。(女性・30代)
・佐々といえば、春の桜が有名です。とくに、2月頃になると、佐々川沿いで河津桜が咲き始め、それと同時期にシロウオ漁が解禁になり、テレビで桜とシロウオを楽しむ姿を目にします。一度は訪れてみたくなるところです。シロウオの踊り食いも美味しそうです。このエリアといえば、シロウオです。(女性・40代)

毎年早春に解禁される「シロウオ漁」や、夏に解禁される「アユ釣り」というコメントを理由として選択した人が多いことが分かります。

また、他にも閑静なイメージのある地域という意見も見られました。
・長崎県佐々町は長崎県の北部にあり、14,000人ぐらいの人が住んでいます。面積も広いので、閑静なイメージがあります。そして欠かせないのが、「ビッグマン 佐々店」です。美味しい佐世保バーガーを食べられます。(男性・40代)
・佐々町は、長崎県の北部、北松浦半島中南西部に位置する町である。北松浦郡に属する。隣接していた各町が佐世保市へ編入する中、佐々町は単独町制を続ける。海岸線以外は佐世保市に囲まれる地勢となった。(女性・20代)
・佐々町はさざちょうと読みます。長崎県の 北部に位置しています。町の、南西部の一部は海岸線になっています。その他の隣接地域は、佐世保市に囲まれています。佐々川の流れに沿って農耕地や住宅地等が広がっています。かつては、石炭産業で栄えましたが、無くなった今は、水稲栽培やイチゴ栽培などが盛んです。交通網は、鉄道やバス、高速道路や、国道や主要な一般道などよく整備されています。(男性・40代)


コメントから、「町の一部が海岸線になっている」ことや、「佐々川の流れに沿って農耕地や住宅地等が広がっていること」を理由として選んだ人が多いようです。

アンケート調査の結果、長崎県佐々町は「佐々川」などの自然や「シロウオ漁」の観光、そして「町の一部が海岸線になっている」という閑静なイメージのある地域といえるでしょう。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年2月26日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月26日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

長崎県佐々町のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

長崎県佐々町でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

長崎といえば長崎カステラ! 歴史も感じさせる銘菓が人気
・長崎の銘菓と言えばカステラ。家族みんなで食べられるので、これを選びたいです(40代/男性/正社員)
・長崎といえば「カステラ」と想像できるほど定番の特産品だと思います。幼い時、父が長崎出張の時に買って家族で食べた想い出があります。ふるさと納税のお礼品として 長崎カステラ独特のほど良くザラメのカステラを家族で楽しみたいと思います(40代/女性/個人事業主)
・長崎愛野町の自然卵「太陽卵」を使い、手焼きされた長崎カステラなら、食べてみたい(50代/男性/個人事業主)
・長崎といえば、出島から伝わったカステラが有名なので食べたいです(40代/女性/パート・アルバイト)
・横浜在住ですが、長崎は宇横浜と同じく異国情緒豊かな土地柄、ポルトガルから初めてカステラが伝わったのも長崎ですよね、本場のカステラ、楽しみです! (60代/男性/個人事業主)
長崎といえばカステラをイメージする人が多く、長崎カステラが2位以下を大きく引き離して最も人気でした。長崎愛野町の自然卵「太陽卵」を使って手焼きで焼き上げられた本格的な一品です。カステラは、長崎港にポルトガル人が初めて上陸した時に日本に伝わったといわれています。その歴史を感じさせる本場の銘菓を食べてみたいという人がたくさんいました。家族みんなで食べたいという人が多く、団らんのひと時にぴったりです。
熟練した技術で造られる! 本醸造酒「皿山槽しぼり」
・あまり高級な日本酒を飲んだことなかったので。佐々町は水がきれいなイメージなのできっとおいしい日本酒ができるだろうなと思いました(30代/女性/無職)
・本醸造酒皿山槽しぼりは、今では数少ない木で出来た搾り機を使用してお酒のもろみを搾ったプレミアなお酒だから(30代/女性/個人事業主)
・今ではあまり行われていない槽しぼりのお酒が特産品であるため、一度飲んでみたいと思いました(40代/女性/専業主婦)
・冷またはお燗で飲む甘口なお酒ということなので、これから夏にかけて冷酒といきたいと思いました(40代/男性/無職)
・日本酒が好きな仲間が多いので、全国の美味しいお酒を楽しみたいと思っています。刺身に合わせて楽しみたいです(40代/女性/個人事業主)
木でできた搾り機でお酒のもろみを搾る方法で造られる、本醸造酒「皿山槽しぼり」。希少な製法が受け継がれていて、そのプレミアムなお酒を味わってみたいと多くの人から選ばれています。もろみを酒袋に詰めてからお酒を搾り切るまでは3日ほどかかり、熟練した技術で手間暇をかけて造られる贅沢な一品です。佐々町にはきれいな水が流れるイメージがあるため、美味しい日本酒ができそうという意見も目立ちました。やや甘口で雑味が少なく、繊細な味わいのお酒のため「夏に冷やで」「刺し身と合わせて」楽しみたいという声が寄せられています。
上質な豚肉に甘味噌がマッチ! お酒の肴にもなる豚みそ漬け
・長崎県産の豚を使用し、肉の柔らかさと脂の旨みが自家製味噌とマッチして美味しいようなので、ぜひ賞味してみたいです(50代/男性/個人事業主)
・家で手軽に焼いて食べられる豚みそ漬けがいちばん手軽なのに贅沢でいいと思います(40代/男性/正社員)
・長崎県産の若豚は、肉質も脂身も上質で非常に美味しいようです。その豚肉のみそ漬けという事で、ご飯にもお酒にもピッタリなのではないかと思い選びました(40代/男性/正社員)
・長崎県佐々町には、静かで落ち着いたイメージがあります。そこで育てられた豚はきっと質も良くおいしいと思い、選びました(50代/女性/パート・アルバイト)
・家族みんなでおいしく食べることができそうなので、選びました(40代/男性/正社員)
長崎県産若豚を使用した豚のみそ漬けは、家族みんなで美味しく食べられそうという理由が目立ちました。長崎県産の豚肉はきめの細かい肉質としっかりしたうま味が特徴で、脂身が甘く肉質も柔らかい上質な豚肉をぜひ食べてみたいという声が寄せられています。夕食のおかずの一品としてもお酒の肴にもぴったりでしょう。贅沢感がありながら、自宅で焼くだけで食べられる手軽さも評価されています。豚肉を漬け込んだ自家製甘みそが美味しそうという意見もありました。
佐々町の魚のイメージから連想! いろいろな料理に使える便利な煮干
・海はないけれど、海のイメージが強いから煮干しを選びました(40代/男性/個人事業主)
・いりこの大きさが大きく、そのまま食べても食べ応えがありそうだから(30代/男性/無職)
・市販の煮干は産地がはっきりしていませんが、長崎県西海の海で獲れたと分かる、安心で新鮮な煮干は貴重だと思いました(40代/女性/専業主婦)
・煮干を選んだのは、佐々町の名物の「シロウオ」からの連想です(40代/男性/個人事業主)
長崎県佐々町を流れる佐々川では、毎年シロウオ漁やアユ釣りが行われています。市販の煮干しは産地が書かれていないこともあるため、長崎県西の海で獲れたいりこを乾燥させた煮干しは産地がはっきりしていて安心という人もいます。きれいな海で育った新鮮ないりこを丸ごと使った煮干しは、栄養豊富でうま味もたっぷりです。長崎の海の恵みを、いろいろな料理で感じることができるでしょう。
長崎県の自然や歴史を感じられるお礼品が人気
長崎県佐々町といえば、自然豊かな環境や海に近い場所にあるというイメージを持つ人が多くいます。そのため、豊かな自然の中で育った長崎県産豚肉や、長崎西海で獲れたいりこを使った煮干しなどがお礼品で人気です。長崎は江戸時代に貿易の拠点として栄えたため、長崎カステラを味わいながらかつての繁栄や異国の文化に思いを馳せるのも、情緒のあるすてきなひと時となるでしょう。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ