認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

徳島県徳島市のふるさと納税・地域の情報

徳島市/とくしまし

徳島県徳島市の地域情報

県内東部に位置する徳島県徳島市は、人口約26万人を有する県都であり、政治や経済をはじめ教育や文化に至るまで、四国地方でも有数の中核的都市です。瀬戸内海気候の温暖な自然環境に恵まれ、農業や漁業などの1次産業が古くから盛んです。特に農業ではカリフラワーやニンジンといった近郊野菜が、全国でも最大の出荷量を誇ります。その一方で、臨海部では化学薬品メーカーをはじめ、製紙や木材メーカーなどの大規模な工場が集積し、一大工業地帯を形成します。交通の利便性も高く、主要駅の徳島駅にはJR高徳線や牟岐線など複数の路線が往来する他、道路インフラも徳島自動車道の徳島ICや、地域高規格道路である徳島環状道路が整備されるなど、四国地方の交通拠点として重要な機能を果たしています。

徳島県徳島市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・阿波おどり応援団
・トクシィ応援団
・ひょうたん島応援団
・あわっこ応援団
・いざに備える応援団
・とくしまグルメ応援団
・エコな生活応援団
・元気いきいき応援団
・水都とくしま応援団

出典:寄附金はどう使われるの|使い道(2016年6月1日更新)
(https://www.city.tokushima.tokushima.jp/shisei/furusato/furusato_for.html)

徳島県徳島市についてのイメージ調査

四国四県のひとつである徳島県。その県庁所在地の徳島市について、どんなイメージがあるか、アンケート調査を行ないました。



このエリアを表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:徳島県徳島市

【回答数】
自然:15
伝統:7
観光:16
経済:1
人情:2
閑静:4
便利:5



「自然」「観光」というワードに票が集まりましたが、もっとも多かったのは「観光」でした。

・徳島市は四国の北東に位置している、徳島県の県庁所在地です。全国的に有名な「阿波踊り」で知られています。市内には「瑞巌寺」や、蜂須賀家藩主の菩提寺「興源寺」などの歴史的建築物も多くあり、たくさんの観光客が訪れています。また平成8年には国土交通省により「水の郷百選」として認定されました。特産品は竹ちくわ、祖谷そば、鳴門わかめ、半田そうめん、なると金時、阿波尾鶏、三盆糖など豊富に揃っています。(40代/女性)
・徳島市は映画のタイトルにもなった眉山や吉野川の眺めが美しい街です。夏には全国的に有名な阿波踊りが開催され大変賑わいます。阿波踊り会館では年間を通して阿波踊りを楽しむことができます。また、阿波十郎兵屋敷では国の重要無形民俗文化財である阿波人形浄瑠璃が上演されています。とくしま動物園や様々なイベントが催される新町ボードウォークもあり家族で楽しめます。(40代/女性)

やはり徳島市といえば、全国的に有名な阿波踊りを思い出す人が多いようです。
ほかにも、伝統芸能や歴史的建造物、眉山や吉野川といった自然など、見どころが多いことがアンケートから分かりました。

次に多かったのが、「自然」というイメージです。

・都会であるとも田舎であるともいえる場所ですが、自然にはかなり恵まれていると思います。交通機関も優れているので生活していくうえでかなり便利なエリアです。ショッピングにも恐らく困ることはないことでしょう。(20代/男性)
・まわりの市町村と比べても自然には恵まれている方なのではないかと個人的には思っています。都会のあわただしい感じがあまり好きではない人にとっては良いところになるでしょう。ショッピング施設もたくさんあります。(20代/男性)

県庁所在地でありながら、自然に恵まれたのんびり過ごせる街というイメージが、アンケート結果から伝わってきます。

次いで多かったのが、「伝統」というイメージでした。

・徳島県徳島市は、人形浄瑠璃・阿波十郎兵衛屋敷や、藍染めなど昔から受け継がれている伝統が多い地域です。また、徳島市で一番の伝統といえば阿波踊りで、毎年8月12日~15日まで徳島の繁華街数ヶ所に桟敷席ができ、賑わいを見せます。(40代/女性)
・在住しています。徳島と言えば阿波踊りと吉野川と美味しい魚ですのでどれを選ぶべきなのか絞り切れません。自然と伝統と頑張っている観光も選びたいところです。しかし代表する阿波踊りのことを考えると観光ではなく伝統というイメージであってほしいという希望から伝統を選ばせていただきました。(40代/女性)
・徳島市は徳島市阿波おどりが有名です。そのため伝統のワードを選択しました。徳島市阿波おどりは、徳島県徳島市で毎年8月12日から15日のお盆期間に開催される踊りです。江戸開府より約400年続く日本の伝統芸能のひとつとなっています。阿波踊り発祥の地である徳島県では、8月になると各地で阿波踊りが開催されますが、その中でも突出した規模と知名度を誇っています。(30代/女性)

約400年の歴史がある阿波踊りをはじめ、人形浄瑠璃や藍染めといった伝統芸能が多いという意見が、多数挙げられていました。

アンケート調査の結果、徳島市は「阿波踊りの本場であり、伝統を守り続ける街」と言えるでしょう。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ