認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

新潟県見附市(みつけし)のふるさと納税・地域の情報

新潟県見附市の地域情報

新潟県見附市は、南北に伸びる縦長の形をした新潟県の中心に位置します。新潟県にある20市の中で、見附市は最も小さい面積を有する市でありながらも、交通網が優れています。市の中心駅である信越本線見附駅から新潟駅まで約1時間、長岡駅までは約12分、東三条駅へは約13 分という便利さです。北陸自動車からも中ノ島見附インターチェンジから、見附市へアクセスすることが出来ます。
見附市民の暮らしと切り離せない刈谷田川は、信濃川水系の河川で、見附市の市街地を囲むように流れています。見附市の東南には、海抜60メートルほどの小高い山に水道山・観音山公園があります。この公園からは、東方に守門岳と粟ケ岳が望め、西の眼下には市街地が広がっています。

新潟県見附市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・人と自然が共生し健やかに暮らせるまちづくり(子育て、福祉、医療、環境等)
・安心安全な暮らしやすいまちづくり(防災、交通、住環境等)
・産業が元気で活力あるまちづくり(産業振興等)
・人が育ち人が交流するまちづくり(教育、生涯学習、地域間交流)

出典:ふるさと納税(ふるさと見附応援寄付金)を募集しています/見附市役所
(http://www.city.mitsuke.niigata.jp/6127.htm)

新潟県見附市についてのイメージ調査

このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。

見附市はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。
アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・新潟県のほぼ中央に位置し、新潟のヘソと見附市では言っています。刈谷田川の豊かな水、小栗山、水道山の自然を活かした公園がいくつかあり、四季折々の植物・景色を楽しんだりすることができる。英国風庭園様式のみつけイングリッシュガーデンがあり、春から秋にかけて色とりどりの美しい花を観賞できる。他にはニット製品と毎年行われる大凧合戦が有名です。(女性・40代)
・新潟県見附市のイメージは自然です。新潟県見附杉沢の森というところがあってここはイベント広場やクラフト木工などに利用できる作業棟がありますし、遊歩道も整備されています。天気の良い日には見晴らし東屋から越後三山を一望できます。 里山の自然体験や環境学習もできる場所なのでいろいろな方が来ています。(女性・30代)

コメントからも分かるように、山河や里山の自然という理由で選んでいる人が多いようです。見附市には、その豊かな自然環境が活かされた植物や景色を楽しめる公園や森などが多い印象です。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・新潟県見附市の「観音山公園・水道山公園」は、ソメイヨシノを中心に、しだれ桜や八重桜が咲き乱れる市内有数の桜のスポットです。また、梅雨時には約四千株のあじさいが幻想的に花開き、市内外から大勢の方が訪れます。東に守門岳と粟ヶ岳、西の眼下には市街地が眺望できます。(男性・30代)
・新潟県の見附市のコレというものは、中之島大凧合戦です。美濃紙を100枚以上貼りあわせた大凧を使っての大凧どうしを絡めて綱を切る合戦で、大凧の壮大さと大凧の綱を絡ませる技術は見物人を興奮させます。大空を舞う大凧の雄大さが素晴らしいです。(男性・50代)

コメントからも分かるように、桜や花の見どころ、大凧合戦という理由で選んでいる人が多いようです。見附市の観光は、四季折々の花々や景観を楽しめる公園や、中之島大凧合戦などで知られています。

また、他にも便利・閑静・経済のような意見も見られました。
・新潟県見附市には、道の駅『パティオにいがた』があり地場野菜など売っているマルシェがとても便利だから。『パティオにいがた』にはマルシェの他にも農家レストランや家族で楽しめるバーベキュー広場などがあります。(女性・30代)
・見附市は、新潟県中央部に位置する市であり、中越地方に属していて、県内にある市で最も小さい面積となっているということくらいしか知りません。他にはこれと言ってイメージがないというのが現状です。自然が多そうです。(女性・20代)
・見附市は、新潟県の中央部に位置している地域です。この地域は、農業、商業、製造業が盛んとなっています。製造業のうち、特に、一般機械器具製造業やプラスチック製品製造業、金属製品製造業等の出荷業績が高くなっています。よって、経済というワードを選択しました。(男性・50代)

コメントからも分かるように、道の駅、小さい面積、産業が盛んという理由で選んでいる人が多いようです。見附市は、地元の農産物が豊富な道の駅の他、製造業が盛んというイメージがあります。

見附市のイメージ調査の結果、苅谷田川や里山など豊かな自然に恵まれた地域で、花の名所の公園や大凧合戦などの観光で知られていることが分かりました。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年1月15日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

新潟県見附市のふるさと納税お礼品に関するアンケート調査

新潟県見附市でふるさと納税するなら次のうちなにがいい?

新潟といえばやっぱりこれ
・新潟県といえばコシヒカリといったブランドのお米が全国的に有名で間違いありません(40代/男性/正社員)
・新潟といえば、日本有数の米どころなので、やはりコシヒカリを選びたいです。人気も味も生産量も日本一なので、文句なしに魅力あふれる新潟の特産品だと思います(30代/女性/専業主婦)
・新潟県産コシヒカリはやはりあこがれのネーミングです。もらえるなら是非ほしいです。
・この地域の特色を活かしながら、保存のきくものがいいと思ったから(20代/男性/学生)
・新潟県といえば、日本の中でも有数の米どころです。しかし、普段買い物に行くところで新潟県産のお米を見たことが無いなと思い、食べてみたくて選びました(30代/女性/専業主婦)
新潟といえば米どころだと認識している人が多いことがわかりました。また、コシヒカリというネーミングは全国的に知られていますので、これを選んでおけば間違いないだろうという回答者の意見にも納得できます。せっかくお礼品がもらえるなら損はしたくないということでしょう。さらに、保存がきくというのも新潟県産コシヒカリを選ぶ理由のひとつです。あわてて食べる必要がないというのも、もらう側からすればうれしいメリットと言えるでしょう。
味付けに期待大の鮭の味噌漬け
・新潟県の手作り味噌に付け込んだ鮭は、味がよくしみ込んでいて美味しいです(40代/女性/パート・アルバイト)
・新潟の親戚が、新潟の山あいの町は、雪が積もって外出がままならない時でも保存食としても使えるような、味の濃い鮭を食べると聞いていました。ぜひ食べてみたいです(40代/女性/専業主婦)
・味噌付けはその土地のお味噌の特色がよくでているので、見附市のよいアピールになると思う(20代/女性/正社員)
・日本一の米どころと言われる新潟県ですが、米はどこでも手に入るのでこの中では鮭のみそ漬けが興味があります(30代/女性/パート・アルバイト)
地域色の出る味噌を使った加工品というところに魅力を感じている人が多くいるように見受けられました。せっかくお礼品をもらえるのですから、できれば地域の特色のあるものが欲しいという意見にも納得できます。すでに米どころとして有名な新潟県ですが、お米はどこでも手に入るものです。ちょっと変わったものを求める人には、鮭の味噌漬けはお礼品として良いアピールとなるのではないでしょうか。
地元民のソウルフード、アイスを試してみたい
・新潟県見附市のソウルフードとまで言われる本格的なアイスがどれほどおいしいのか食べてみたくなりました(40代/女性/専業主婦)
・地元住民から愛されている、有名なアイスらしいので、自分も一度食べてみたい(20代/女性/無職)
・昔ながらのアイスのお店のアイスということですので、アイス好きとしては見逃せないです。新潟まで行く機会がなかなかないので、ふるさと納税のお礼品という機会があるなら是非これを選びたいと思いました(40代/女性/個人事業主)
・地元では有名な1年を通して美味しく味わえるアイスなので食べてみたいから(30代/女性/専業主婦)
新潟県見附市のソウルフードといわれるアイスを、ぜひ味わってみたいという声が多くあがりました。地元では有名だというのも回答者が惹かれる要因のひとつでしょう。新潟まで行く機会がなくとも、お礼品として食べることができるなら食べてみたいという意見にもうなずけます。このことから、ふるさと納税は地域ならではの特産品を全国の人々に知ってもらうための有効な手段であることがうかがえます。
意外な新潟の特産品、すじこ
・新潟県といえば日本有数の米の名産地として有名です。見附市は海に面していないのに、すじこという海の幸の候補がありましたので、よほど自信があるのかと思い今回はすじこを選びました(30代/男性/個人事業主)
・新潟は米どころだが、ごはんのお供として、すじこの返礼品というのも面白そう(30代/男性/正社員)
・ご飯のお供になるすじこがベストだと思います。ふるさと納税の返礼品にぴったりです(40代/男性/個人事業主)
海に面していない新潟県見附市の特産品としては意外にも思えるすじこが選ばれました。しかし、そういった条件の中でも、あえて特産品として押し出すところに魅力を感じるという意見も挙がりました。また、日本人の主食であるご飯のお供になるというのも、魅力的であったようです。毎日の食卓に彩りを添えてくれる品というのは、お礼品を選ぶ際のひとつの基準になるのではないでしょうか。

※本アンケートはサグーワークスにて2018年6月1日よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年6月1日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ