認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

新潟県新発田市のふるさと納税・地域の情報

新発田市/しばたし

新潟県新発田市の地域情報

新潟県新発田市は、新潟県の北部に位置し、下越地方に分類されています。新発田市は、北西部が日本海にも接し、東部が高知山や二王子岳などの山々が連なっている自治体です。北股岳付近は、山形県との県境にもなっています。越後平野の一部が新発田市に含まれ、加治川などの豊富な水資源を利用した水田が広がっている地域です。良質なお米が収穫できるので、県内でも有数なお米の産地となっています。市の平地部分には羽越本線が通り、市街地を形成している新発田駅周辺にあるのが新発田城です。新発田城は市のシンボルとして扱われており、城下町だった頃の区割りや水路なども残されているため、周辺一帯が歴史を感じられる雰囲気となっています。

新潟県新発田市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・子育て支援
・産業振興
・教育の充実
・市長に一任
・その他希望する事業

出典:寄付金の活用方法 | 新発田市ホームページ
(http://www.city.shibata.lg.jp/machidukuri/furusato/1002040.html)

新潟県新発田市についてのイメージ調査

新潟県新発田市はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:新潟県新発田市

【回答数】
自然:16
伝統:5
観光:16
経済:7
人情:1
閑静:2
便利:3



アンケートの結果、新潟はお米という印象を持っていることが分かりました。
・新潟県と言えばお米なんですが、このエリアもやっぱり良質なお米がとれるということだったのでやっぱり自然をプッシュしておくべきかなと思いました。そして、これだと思えるものに関してもやっぱりお米だと思います。(30代/女性)
・新発田市は、新潟県の北部に位置している市です。北東側の一部が日本海と面しており、白砂浜海岸が広がっています。東側には、飯豊山、二王子岳などの山々を有しています。この地域は、加治川等を利用した水田があり、コメの産地としても有名な地域です。そのため、自然というワードを選択しました。(50代/男性)

新潟はお米どころと全国的にも知られていますが、アンケートからも裏付けられています。

次に同じ票数で観光面のイメージもあります。
・自然が豊かでスキー場、新発田城跡、御屋敷や庭園、月岡温泉等、いつの時期に観光されても楽しめます。酒蔵がいくつかあり見学できたりするところもあるので、お酒好きな方には喜ばれると思います。1月に雑煮合戦というイベントがあり、いろいろなお雑煮を食べる事ができるため、毎年盛況のようです。(40代/女性)
・新潟県新発田市の観光スポットといえば新発田城です。その姿は圧巻そのものです。清水園も毎年多くの観光客で賑わいます。非常に美しい庭園でボランティアガイドが説明などをしてくれます。蔵の資料館もあり見応え十分です。(30代/女性)

歴史的建造物の新発田城や庭園などもイメージしている人が多く、自然と観光と両方を楽しんでいる人も多いのかもしれません。

その他にも人口が思っていたより多いと感じている人や、自然だけでなくショッピングセンターや交通の便がいいという意見もありました。
・新発田市は人口が少ないというイメージがありましたが、調べてみると10万人近くいるので、そこそこの人口があることが分かりました。経済を選んだのは、市内に大学が存在するからです。大学があると学生が集まるので、それなりに経済も発展していると思います。(20代/男性)
・新発田市は、新潟県の北部寄りにに位置し、新潟県北部の中心都市となっています。西側は、新潟市と隣接しています。新潟市のベッドタウンとしての機能も多少あります。また、北部の一部は日本海に面しています。市街地の回りは、田園風景が広がっていて、稲作が盛んです。新発田市は、昭和の戦後以降、商業都市として栄えてきました。今でも、昭和の風情が残る町並みがあります。(40代/男性)
・交通網はJR羽越本線や白新線、日本海東北自動車道、その他国道などが整備されており、新潟県内、東日本への移動が便利だから。又、観光名所として新発田城や月岡温泉などがあり、歴史や文化、日本海の味覚を楽しむには最適な都市の一つだと思います。(40代/男性)

自然がある場所というと山や田畑が広がり、田舎で閑静なところを想像しがちですが、交通の便が良く人口も多いという観点から、住みやすいエリアだと言えそうです。

アンケート調査の結果、新潟県新発田市は自然と観光とイメージが強く、新潟市へのアクセスも良いため、人口10万人以上が住んでいる地域だということがわかりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ