認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

茨城県茨城町(いばらきまち)のふるさと納税・地域の情報

茨城県茨城町の地域情報

茨城県茨城町は県中央部やや東寄りに位置し、県庁所在地・水戸市の南側に隣接しています。町の東部にある涸沼は多くの鳥や魚が生息するなど豊かな自然が守られていて、美しい景色も相まって人気の観光スポットとなっています。この涸沼に注ぐ涸沼川や涸沼前川が町を横断するように流れており、水と緑に包まれたのどかな風景が広がる町です。
東京都心から100km圏内にあり、水戸駅からはバスで40分。北関東自動車道茨城町西ICがあり、車での移動が便利で高速バスなら東京からおよそ1時間半でアクセスできます。茨城空港も車で20分程度と近いです。周辺には涸沼を挟んで大洗町や鉾田市があり、他に小美玉市や笠間市などと隣接しています。

茨城県茨城町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・水と緑の保全などの環境に関する事業
・人材育成に関する事業
・伝統文化の継承や文化財保護に関する事業
・スポーツの振興や健康増進に関する事業
・農業振興や観光などの地場産業に関する事業
・住民の福祉に関する事業
・その他目的達成のため町長が必要と認める事業

出典:茨城町ふるさと寄附金について/茨城町ホームページ
(http://www.town.ibaraki.lg.jp/topics/1453943848297.html)

茨城県茨城町についてのイメージ調査

茨城県茨城町と聞くと、どのようなワードを思い浮かべるのか、50人の方にアンケートを取りました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:茨城県茨城町

【回答数】
自然:25
伝統:2
観光:13
経済:0
人情:2
閑静:4
便利:4



アンケートの結果、自然というイメージを持つ人が一番多いという結果でした。
・農業が盛んだから。米やメロン、イチゴやラッカセイ、ゴボウ等に加えて、酪農が行われる。涸沼は漁業と釣り、シジミ採取で知られる。農民教育施設として県立農業大学校がある。大戸の桜は天然記念物に指定されている。(20代/男性)
・茨城町は涸沼自然公園が有名です。そのため自然のワードを選択しました。涸沼自然公園は、茨城県中部にある涸沼の北側湖畔にあり、園内に6つの異なった広場があるのが特徴で、展望広場からは涸沼を一望できます。毎年、こいのぼりをあげるイベントや、ひぬまあじさいまつりが開催されています。(30代/女性)

農業に力を入れており、酪農なども盛んであることから自然をイメージするといったコメントが多く寄せられました。また、涸沼が有名だということで、その周辺を中心に自然に溢れている印象も強いようです。

その次に多かったのは、観光でした。
・名所・旧跡の多い観光のエリアだと思います。名所としては水戸八景のひとつ広浦秋月の碑、大戸のサクラ、涸沼自然公園などがあります。旧跡は小幡北山埴輪製作遺跡、小幡城跡、上野山古墳などがあり、観光にもってこいの地域だと思います。(40代/男性)
・茨城町のポケットファームどきどきは、自然・農業・食べ物をテーマにしたJAの農業体験型レジャー施設です。季節により土曜日・日曜日には各種催しが開催されます。他、円福寺は、本尊の阿弥陀如来坐像は水戸の大照院から移されたものです。(30代/男性)

寄せられたコメントを見ると、涸沼を代表とする自然を楽しむ観光地や歴史のある遺跡、体験型の産業観光施設などバランスの良い観光地としての印象が強いことがわかります。

その他には、閑静や便利というイメージがあると回答して方もいました。
・茨城県の茨城町は自然が豊かなエリアです。しかし、ただ自然が豊かなだけではなく、生活環境も整っているのが魅力になっています。閑静な住宅街もあるので、小さいお子様がいる家庭でも安心して生活が出来るようになっているのも魅力のひとつです。(30代/女性)
・ここは、茨城県東茨城郡にある町ですね。物凄く静かなところで落ち着く町ですね。オリンピックのレスリングで金メダルを取った選手も輩出していますし、観光は、いろんな自然公園があり遺跡も見ると良いですね。いってみたいです。(40代/男性)
・この地域は商業施設が充実しており、生活していくにあたって必要になる日用品や食料品などが手軽に入手出来る環境にあります。車などの移動手段を用いることで行動範囲が広がりより便利に生活を送ることが可能になります。飲食店も豊富であるため活用することで利便性の向上をはかることが出来ます。(20代/男性)

このように、自然に囲まれていて静かな地域だという印象があるのがわかります。静かでありながら生活する上で重要なスーパーなどが揃っていて暮らしやすい町、というイメージを持たれているようです。

アンケート調査の結果、農業などが発展した自然豊かな町というイメージが一番強いということがわかりました。その自然を活かした観光地も整備されているといった印象を強く持たれている町のようです。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ