認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

  1. 「ふるさと納税」ホーム  > 
  2. 地域から探す  > 
  3. 関東  > 
  4. 茨城県  > 
  5. つくばみらい市

茨城県つくばみらい市のふるさと納税・地域の情報

つくばみらい市/つくばみらいし

茨城県つくばみらい市の地域情報

茨城県つくばみらい市は東京から約40km、茨城県西部に位置する市です。市域のほとんどが鬼怒川や小貝川流域の広大な低地で、古くから稲作が盛んにおこなわれてきました。昭和の中期から宅地開発が始まりましたが、つくばエクスプレスの開業後はみらい平から秋葉原まで45分と都心へのアクセスが便利になったこともあり、さらに開発が加速。主にみらい平駅を中心に新興住宅地が広がり、商業施設も整備されるなど生活環境は良好です。
周辺を取り囲むのは牛久市やつくば市・常総市などで、南に隣接する守谷市は利根川をはさんで千葉県に接しています。市内は急速な都市化が進む一方で自然も多く残されており、西は牛久沼に接し、東は小貝川沿いに昔ながらの田園風景が続いています。

茨城県つくばみらい市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・環境共生型まちづくり事業
・安心して暮らせるまちづくり事業
・地域の魅力をいかしたまちづくり事業

出典:つくばみらい市 ふるさとづくり寄附金(ふるさと納税)
(https://www.city.tsukubamirai.lg.jp/viewer/info.html?id=650)

茨城県つくばみらい市についてのイメージ調査

茨城県つくばみらい市とはどのようなところでしょうか。50人にアンケート調査して聞きました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:茨城県つくばみらい市

【回答数】
自然:9
伝統:2
観光:10
経済:6
人情:0
閑静:7
便利:16


1位は便利という結果になりました。
・つくばみらい市は、茨城県の南西部、東京都心から40Km圏に位置しています。道路網は、中央部を走る常磐自動車道と一般国道が結ばれて交通の便の優れた地域です。さらに鉄道網も、関東鉄道常総線に加えて、秋葉原とつくば市を結ぶ首都圏新都市高速鉄道「つくばエクスプレス」が開業し、みらい平駅から秋葉原まで最速で40分、つくばまでは12分で結ばれています。(60代/男性)
・郊外型の大型ショッピングモールがあったり、つくばエクスプレスが通ったりと暮らしやすいところです。車があればショッピングや外食、その他娯楽施設など選択肢が多いので困りません。自然も多く、子育てをするにも良い環境で人気です。(30代/女性)

つくばエクスプレスのおかげで都心とのアクセスが良くなったという声が多数挙げられていました。交通の便が良いだけではなく、住宅やショッピングなどの施設も揃っていて便利という印象でした。

2位は観光という結果になりました。
・つくばみらい市は、茨城県南部に位置する市です。「清安山不動院願成寺」は真言宗豊山派に属する寺院で、開創約1200年の歴史をもつ加持祈祷の道場です。関東三大不動尊の一つと言われ、北関東三十六不動尊霊場の一つでもあります。国指定重要文化財の不動明王を本尊とし、求子安産、子どもの成長安全に特に霊験あらたかと信仰され、安産祈願のお守りは有名です。(40代/女性)
・つくばみらい市には、関東三大不動尊の一つであり、開創から約1200年という歴史を持つ「板橋不動尊」や、昨年復元工事を終えドラマや映画の撮影によく使われている「古民家松本邸」など、多くの歴史観光スポットがあります。特に、時代劇のオープンセットが建ち並ぶ「ワープステーション」は国内随一の野外型ロケ施設で、当時の雰囲気を身近で楽しむことのできる場所となっています。(20代/女性)

1200人の歴史を持つ板橋不動尊は有名です。また、市内には映画のロケなどで使われる建物やオープンセットなどもあり、一味違った楽しみ方ができるところという印象があるようです。

その他には自然、閑静、経済などのキーワードも挙げられていました。
・つくばみらい市はつくばエクスプレスで東京の秋葉原から40分の距離にあり、通勤や通学に便利な街です。それにも関わらず豊かな自然が残っているところが大きな魅力です。このエリアといえばコレ!は、福岡堰の桜並木が一押しです。毎年桜の時期には多くの人でにぎわっており、先祖代々この土地で暮らす人も、新興住宅地に住む新参者も、自然を介してつながっていることが実感できます。(60代/女性)
・茨城県のつくばみらい市は昔は伊奈地区と谷和原地区と言われた所で近年合併してできた市です。この地域は川の恵みを受けているので田畑が多く、お米や野菜など農業が盛んです。自然が豊かなので公園も広く、小さな子供を育てるのにはとても良い環境です。(40代/女性)
・つくばみらい市は茨城県南部にある市です。市域の大部分は江戸時代に開発されて、かつては純農村として栄えていましたが、1960年代から住宅開発が始まり、現在では東京のベットタウンとして人気になっています。(30代/男性)
・つくばみらい市は、大企業の研究所などが数多くある地域です。そのため、若い人も多く住んでいますので、都市全体に活気があります。車での移動が多くなりますが、つくばみらい市内だけで多くのことが事足りてしまいます。(30代/女性)
・閑静な住宅地、ベッドタウンという印象です。つくば市の下にあって鉄道があり、移動には問題ないのと、都市部が周辺にあるので通勤にも便利な印象があります。経済的な発展というほどのイメージはなく、住宅地としての発展というイメージです。(30代/男性)

交通の便利なところでありながら自然にも恵まれ、農業も盛んなところというイメージがあるようです。住宅地としてのイメージが強いところですが、若い人が多く活気に満ちた町という意見もありました。

アンケート調査の結果、茨城県つくばみらい市には交通の便の良い、住みやすいところというイメージが強いことがわかりました。歴史あるお寺もありますし、映画などとの関わりも深く、一風変わった楽しみかたのできるところのようです。落ち着いて便利な住宅地というイメージもあり、住む人に活気があるという意見も見られました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ