認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

茨城県那珂市(なかし)のふるさと納税・地域の情報

茨城県那珂市の地域情報

茨城県那珂市は東京からおよそ100km、県庁所在地・水戸市の北に隣接する県北部の市です。海に近い東側には日立市や東海村、ひたちなか市が隣接し、北は常陸太田市、西は城里町といった自治体と接しています。市の交通の中心はJR水郡線の分岐点にあたる下菅谷駅で、水戸からは約20分と近く、ひたちなか市の勝田駅からも45分の通勤圏にあることから両市で働く人たちが暮らすベッドタウンとして発展しました。

市の北辺を久慈川、西側を那珂川が流れ、2つの河川に挟まれた市の中央部には那珂台地があって中心市街地をなしています。川沿いに当たる市の周辺部は大きな水田の続く田園地帯となっており、自然の恵みあふれるのどかな風景を見ることができます。

茨城県那珂市のふるさと納税寄付の使い道一覧

・自然環境の保全に関する事業
・福祉施策の充実に関する事業
・教育又は文化の振興に関する事業
・快適な生活環境の形成に関する事業
・協働のまちづくりに関する事業

出典:寄付の申し込みについて|那珂市公式ホームページ
(http://www.city.naka.lg.jp/page/page001957.html)

茨城県那珂市についてのイメージ調査

茨城県那珂市についてどんなイメージがあるのか、アンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:茨城県那珂市

【回答数】
自然:13
伝統:3
観光:16
経済:0
人情:2
閑静:3
便利:13


アンケートの結果、観光が多く選ばれました。
・静峰ふるさと公園は茨城県那珂市にある公園で、『日本さくら名所100選』に選ばれています。「ふるさとづくり特別対策事業」として、遊具施設、水上ステージ、水鳥の池などが整備され、園内の一角には、入浴設備などを備えた余暇活用施設「しどりの里」があります。(30代/女性)
・那珂市には静神社があります。この神社は織物、産業の神としてあがめられ、また社宝の銅印は国の重要文化財になっています。静のムクノキも有名です。この木は八幡太郎義家が奥州遠征の途中軍を休めたとき、鞭を神社の境内の土にさしてそれを忘れて出発してしまい、今のような大きな木になったといわれています。(50代/女性)

桜の名所として選ばれている公園が整備されていて、文化財として重要な神社などもあるため、観光地と言う印象が強いようです。

次に、自然という印象を持つ人が多くいました。
・那珂市は豊かな自然に囲まれた町で、その自然を利用した公園なども多く存在します。また、春になると綺麗な八重桜が咲く名所としても知られています。そして地域住民同士の交流を深めるべく、様々なイベントが催されています。(50代/女性)
・那珂市内の総合公園近隣には大きなひまわり畑があり、毎年夏になると一面ひまわりが咲きほこる。その迫力は圧巻で多くの観光客が訪れている。それほど多くのひまわりを維持するには良い環境が必要であり、この土地の雄大な自然が役割を果たしているのだと思う。(30代/女性)

春は桜、夏はひまわりと美しい花々を楽しめる場所として知られているようです。そのような美しさを保つことができるのは自然が豊かでいい環境があるからだろうといった印象が見られました。

自然と同票で便利、次いで伝統、閑静と続いています。
・那珂市は茨城県北部にある市で、2005年に那珂町の北西にある那珂郡瓜連町を編入合併、市制施行して那珂市となりました。近年は水戸市やひたちなか市のベッドタウンとして人気になっており、人口も増加しています。(30代/男性)
・茨城にあって水戸やひたちなかに近い、ベッドタウンとして発展してきたイメージがあります。交通面でも通勤通学に問題ないほどの機能を持っていると思いますし、便利な面が強いという印象ですので、便利を選びました。(30代/男性)
・茨城県那珂市といえば3年に一度行われる菅谷まつりです。3年に一度ですがとっても迫力のある祭りで、昔からの伝統を受け継いでいる素晴らしい地域です。数百個もの提灯をぶら下げた各地区9台の山車の繰り込みとご神刀による火切り神事など見どころが満載です。(20代/女性)
・那珂市は水田や畑地も多くのどかな風景が見られるので。またベッドタウンとして人口も増えてきており住宅街も多いので。なかひまわりフェスティバルでは25万本のひまわりが咲き誇り、一面黄色い景色になります。迷路などのイベントも充実しています。(30代/女性)

ベッドタウンとして交通網が発達しているので、生活には便利という印象のようです。また、昔から続く祭りが今でも行われていたりと、伝統的な面も大事にしているイメージがあることもわかります。

アンケート調査の結果、美しい花を楽しめる場所や歴史的価値のある神社などの観光スポットのある市で、交通面の整備もしっかりと行われている暮らしやすく便利な場所という印象があるようでした。

※本コンテンツについて

  • 記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
  • 記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
  • 無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ