認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道標茶町のふるさと納税・地域の情報

標茶町/しべちゃちょう

北海道標茶町の地域情報

北海道標茶町は、北海道東部に位置しています。東側は厚岸・別海・中標津の各町が、西側は鶴居村、南側は釧路市、北側は弟子屈町に隣接しています。東西に58.9キロメートル、南北に60.5キロメートル広がる、総面積1,099.37平方キロメートルの大きな町です。
地勢は、丘陵地帯と平野部で構成されています。町内には釧路川、別寒辺牛川および西別川が流れており、南東部には塘路湖とシラルト口湖が広がっており、釧路湿原国立公園の湿地帯が分布しています。
標茶町内には中標茶空港があります。また、JR釧網線が通っており、標茶駅があります。釧路駅からはおよそ1時間で標茶駅に到着するほか、網走方面からも標茶駅まで普通列車が運行しています。

北海道標茶町のふるさと納税情報

ふるさと納税は、生まれ育った「ふるさと」を応援したいという気持ちを寄附という形にしたものです。
なお、生まれ育った地域だけではなく、「第二のふるさと」として思い入れのある自治体へも寄附できる制度です。
具体的には、平成20年度税制改正により、地方公共団体に対する寄附金税制の見直しが行われ、地方公共団体への寄附金のうち、2,000円を超える部分の金額について、一定の額が、翌年度に、現在お住まいになっている市区町村住民税等の税額から控除を受けることができる制度です。


出典: ふるさと「標茶」を応援いただけませんか(ふるさと納税のご案内)
(http://www.town.shibecha.hokkaido.jp/gyousei/furusatoouendan/nouzei.html)

北海道標茶町についてのイメージ調査

北海道標茶町はどんな印象を持たれているか50人にアンケートをとってみました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道標茶町

【回答数】
自然:33
伝統:3
観光:9
経済:3
人情:0
閑静:1
便利:1



アンケートの結果、多くの人が自然という印象を持っていることが分かりました。
・標茶町は北海道にある自然豊かな町です。概ね丘陵地帯と平野部に大別され、釧路川、 別寒辺牛川および西別川の各流域は平坦形状 であり、南東部には塘路湖、シラルト口湖が広がり、釧路湿原国立公園の湿地帯が分布しています。(40代/女性)
・広大な土地にゆったりと過ごす牛たちのイメージが強いです。酪農が盛んなだけでなく、トンボやサンショウウオなどの天然記念物を有し、温泉も湧く豊かな自然が標茶町に適したワードだと思うからです。子供の頃に見た、仔鹿物語の情景も理由の一つです。(30代/女性)

コメントからも分かるように、標茶町が有する釧路川や釧路湿原などダイナミックな自然があるという理由で選んでいる人が多いようです。
四季折々の美しさを見せる自然環境が北海道標茶町の魅力です。都会では味わえない大自然を身近に感じることができ、絵に描いたような北海道の風景が広がります。野生の動植物が暮らす北海道標茶町は自然というイメージがピッタリです。

次に多いのが観光という印象を持っていることが分かりました。
・釧路市に近い町で非常に寒いところです。しべちゃとはなかなか読めませんが、川湯温泉などがありそれなりに有名な地域です。モール温泉という少しぬるっとした温泉が出ることでも知られています。ツルも見られる田舎町です。(30代/女性)
・北海道標茶町の「多和平」は、多和平展望台を中心とした多和育成牧場一帯で、西に阿寒の山々・北に摩周湖の外輪山が見え、北海道の広さを感じられる場所です。展望台のすぐ横にある水道からは摩周湖の伏流水が出ており、展望台の駐車場に隣接する「グリーンヒル多和」では標茶町の物産などを展示・販売・食事も出来ます。(30代/男性)

コメントからも分かるように、大自然という観光資源があるという理由で選んでいる人が多いようです。
標茶町には毎年大勢の観光客が訪れます。そのほとんどはこの地域で見られる美しい自然環境を目当てにしています。実際に標茶町では観光客向けに展望台や販売店を各地に設置しており、買物から温泉までを十分に満喫することができます。

また、他にも伝統や経済という意見も見られました。
・酪農が盛んだから。農家の戸数は年々減少しているものの、乳牛の頭数は増えている。 標茶町で酪農が開始されたのは昭和に入ってからで、各地で集乳所が建てられ、酪農が行われるようになった。(20代/男性)
・網走刑務所は、1885年に前身となる釧路集治監が開設されたのが始まりです。 戸長役場や郡役場、日本銀行の出張所も設置され、釧路に匹敵する規模の町となった。 服役する囚人は最盛期で2,000人ほどになり、釧路から網走間の道路の建設、釧路鉄道の建設、硫黄山での硫黄の採掘などを行った。(30代/男性)
・標茶町は、北海道釧路総合振興局管内の川上郡にある町。 戦後主に富山県、長野県からの満蒙開拓団の引揚者が多数移住した。町名の由来はアイヌ語の「シペッチャ」(大きな川のほとり)から。(40代/男性)

標茶町は酪農が盛んなことで知られ牛乳をはじめ様々な乳製品が生産および販売されています。標茶というブランド力もあり市場でも標茶町産の商品は高く評価されています。またこの地は刑務所や採掘場など歴史と共に様々な役割を担ってきたことから伝統というイメージを挙げた人もいました。標茶という町名もアイヌ民族の言葉から派生していることも伝統というイメージに繋がるのかもしれません。

北海道標茶町のイメージ調査の結果は自然が大部分の意見を占めました。古くはアイヌ民族が居住していたエリアで、雄大な自然がそのまま残されています。標茶町の自然を一目見ようと毎年大勢の観光客も訪れるようになりました。また地域特有の歴史や伝統文化があることも人を惹きつける魅力と言えるでしょう。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年2月26日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年2月26日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ