認知度・利用意向No.1ふるさと納税サイト

北海道浜中町のふるさと納税・地域の情報

浜中町/はまなかちょう

北海道浜中町の地域情報

北海道浜中町は北海道の東部、加えて釧路総合振興局管内の最東端にあります。隣接する町は、根室市や別海町、厚岸町です。釧路地方の中核都市となる釧路市から東にあり、道庁所在地の札幌市からも東に位置しています。

町の東南側は太平洋に面していて、海岸沿いに広がるのは北海道遺産に選定された霧多布湿原です。ここは霧多布半島が形成され、厚岸道立自然公園の一部を成しています。そして南部は森林と牧草地帯が、北部一帯に農村地帯が広がります。

昭和27年の十勝沖地震津波や昭和35年のチリ沖地震津波という二大災害に襲われたものの、災害後は長さ17kmという防波堤を建設し、驚異的な復興を果たしました。近年も地震災害を度々受けていますが、その度に復興し、防災力を高めています。

北海道浜中町のふるさと納税寄付の使い道一覧

・地域産業の振興に関する事業
・自然環境ならびに地域景観の保全および活用に関する事業
・医療および福祉の充実に関する事業
・教育および文化スポーツの振興に関する事業
・事業の指定のないもの

出典:寄付金の使い道|ふるさと納税|浜中町ホームページ
(http://www.townhamanaka.jp/furusato/2017-0221-furusato-tsukaimichi.html)

北海道浜中町についてのイメージ調査

広大な北海道、そのイメージは人により様々ですが、市町村単位になるとどう変わるでしょうか。
北海道浜中町のイメージについて、50名の方にアンケートをお願いしました。



このエリア表していると思うワードを1つ選んで下さい。
対象エリア:北海道浜中町

【回答数】
自然:31
伝統:2
観光:13
経済:0
人情:1
閑静:2
便利:1


アンケートの結果、31名の方が7つの中から自然を選び、自然というイメージを持つ人が最も多いと分かりました。

・花と霧の霧多布湿原があるから。訪れたときはやはり霧がかかって花の最盛期も終わっていましたが幻想的な雰囲気でした。小学校のときの担任が霧多布出身の先生で、子どもの頃昆布採りの手伝いをした話をよく聞かされました。日高昆布ほど知名度はありませんが、浜中町の昆布おすすめです。(50代/女性)
・浜中町は、地形が約67キロメートルに及ぶ海岸(砂浜)の曲線美と大自然が創りあげた奇岩・絶壁、大小の島々など比類のない景観を呈していることから、自然というワードがしっくりきます。また、このエリアと言えば、昆布です。(50代/男性)

コメントから分かるように、霧多布湿原や長大な砂浜が作り出す、ここにしかない景色が見られることに注目して自然というイメージを持つ人が多いようです。太平洋に面した地域であり、自分が聞いた浜中町での昆布採りの印象から、自然を選んだ人もいるようです。

そして、観光というワードを選んだ人は13名で、自然の次に多いことが分かりました。

・「ルパン三世」の原作者出身地として、ルパンにちなんだコレクションやラッピングバスなどを見ることができます。また高品質の乳製品やウニが特産であり、本場の味を楽しむために訪れるのも良いと思います。海辺に面しているので、海の景色も楽しめます。(50代/女性)
・浜中町には霧多布岬や霧多布湿原、琵琶瀬展望台、アゼチの岬、MGロード、北太平洋シーサイドラインなどの景勝地が多く、たくさんの観光客が訪れるので。浜中町にはたくさんの美しい朝日が観賞できる絶景スポットがあり、写真家などが多く訪れます。(30代/女性)

コメントから、水辺に関する景勝地が多いこと、漫画を通じた町おこしをしている点が、観光というイメージを挙げる人が多いことが分かりました。
北海道らしい自然から、漫画関係のイベントまで、見所の幅が広いのも特徴です。

この他には、伝統、閑静、人情、便利というイメージについて、意見が寄せられました。

・浜中町は、北海道釧路総合振興局管内の厚岸郡にある町で、 町名の由来は、アイヌ語「オタノシケ」を意訳したものだということで、伝統が息づいている町なのではないかというイメージがあります。砂浜は、現在の榊町から暮帰別にかけての海岸をあらわしているのも印象的。(20代/女性)
・北海道の浜中町のイメージは、海のそばにある小さな町のイメージです。ご近所同士、助け合いながら生活を送るような感じの町なのかなと思いました。ご近所の事情もだいたいは、皆が把握しているような感じの人情に熱い地域なのではないかと思いました。(40代/女性)
・大学時代にこっちに出てきて下宿していた友人が帰るときに遊びに行ったことがある。一緒に新幹線に乗って彼女の実家に泊まらしてもらったが空気がとってもおいしくて川もきれいだった。畑もあったので作った野菜を食べたが格別だった(20代/女性)

町の名前がアイヌ語に由来することから、伝統というイメージを持つ人がいるようです。また海の傍であり、ご近所同士の付き合いが深そうだと考える人もいました。経験した内容や、知っていることによっては、人によってさまざまな印象を受けることが分かりました。

浜中町のイメージ調査の結果、自然というイメージを持つ人が最も多く、次に多いのは観光のイメージを持つ人で、その他に伝統や人情や閑静に便利というイメージを持つ人もいることが分かりました。

※本コンテンツについて
使用したアンケートはサグーワークスにて2018年1月15日 よりインターネット調査で全国男女50名を対象に実施いたしました。
2018年1月15日時点の情報を掲載するものであり、記事内容が現在の状況と異なる場合もありますのでご了承ください。
記載されている会社名、施設名は、各社の登録商標または商標です。
記載されているコメントはモニターからのご意見であり、株式会社さとふるの公式な見解を示すものではありません。
無断転載は禁止です。

日本の各地域・都道府県名から、ふるさと納税で応援をしたい自治体が探せます。名称をクリックすると、各地域の詳細をご覧いただけます。

日本は四季折々の美しさと実りに恵まれた国です。周囲を太平洋、日本海、東シナ海、フィリピン海、オホーツク海といった海洋に囲まれ、暖流の黒潮、対馬海流、寒流の親潮などが豊かな海の幸をもたらしています。国土の約70%が日本一高い富士山や日本アルプスといった山岳地帯であることから、山の幸も豊富です。
米づくりが盛んなことで知られています。平野部だけでなく、山地を切り開いた棚田などで、地域の特色を反映したさまざまな品種の米が栽培されています。
豊かな自然だけではなく、政治経済も発達しており、歴史ある名所史跡、ユネスコの世界遺産なども多くあることなどから、世界中から多くの人々が訪れてきています。
ふるさと納税は、そんな日本の「ふるさと」の元気をフルにする、地域を支援するための仕組みです。

ページ上部へ